リヴェンジ型 戦艦

"Revenge" Class BattleShips

英国海軍 イギリス海軍 ソビエト海軍


HMS Resolution

HMS Royal Sovereign
(上段)HMS「レゾリューション」(1930年代)/(下段)HMS「ロイヤル・ソヴァレン」(1930年頃)
スペックデータ(【 】内は改装後のデータ)
排水量:(満)31,500t【33,500t】 ボイラー:Babcock&Wilcox罐・石炭重油混焼×18基
 もしくはYarrow罐石炭重油混焼罐×18基
燃料搭載量:重油3,400t
        石炭140t
全長:(全)190.3m
全幅:27.0m【31.2m】 主機:Parsons式オールギヤードタービン×4基、4軸推進
吃水:9.2m
出力:40,000hp
武装:
42口径15inch連装砲4基、45口径6inch単装砲14基【12基】、
45口径3inch単装高角砲2基(Royal Sovereignのみ)、50口径4inch連装高角砲4基、
45口径2pdrポンポン砲16基(改装で追加)、21inch魚雷発射管4門(後に廃止)
最大速力:23.0kt【21.5kt】
航続距離:12.5ktで7,500浬
乗員定数:908〜997名

同型艦名(5隻)
リヴェンジ[Revenge]レゾリューション[Resolution]ラミリーズ[Ramilles]
ロイヤル・ソヴァレン[Royal Sovereign]ロイヤル・オーク[Royal Oak] 

リヴェンジ型戦艦について
 「クイーン・エリザベス」型戦艦で混焼罐機関の信頼性を高めた英国海軍が、引き続き建造を行った戦艦が当「リヴェンジ」型である。艦型縮小のために小型機関を搭載したので速力は低かったが、主砲は「クイーン・エリザベス」型と同様15インチ(38.1センチ)連装砲4基を搭載しており火力では引けを取らなかった。
 第一次大戦中に計画されたため全部で8隻の建造が予定されていたが、終戦により5隻が完成しただけで、残り3隻中2隻は「レナウン」型巡洋戦艦へ計画変更、1隻は建造中止となっている。第一次大戦最大の海戦であるジュットランド海戦には「リヴェンジ」と「ロイヤル・オーク」のみが参加している(特に「ロイヤル・オーク」は竣工直後だったため工員が乗艦して調整を行いながらの出陣となった)。
 大戦後に安定性を高めるようバルジ追加の工事が行われているが、艦型が小さく余裕がなかったため大きな改装は行われずに第二次大戦を迎えてしまい、速力不足なこともあって限定的な任務(輸送船団護衛など)に使用されるだけであった。
 緒戦で沈没した「ロイヤル・オーク」以外の艦は第二次大戦中に予備役編入の後練習船へ類別変更されているが、「ロイヤル・ソヴァレン」はソビエトへ貸与され「アルハンゲリスク」の名称でソビエト海軍によって使用されている。なお、練習船となった後の艦名はいずれも「インペリウス」とされており、個々の名称ではなく給炭練習船としての所管名であった。

リヴェンジ型戦艦の歴史
リヴェンジ[Revenge]
1913年12月22日ビッカース[Vickers]社にて起工
1915年 5月29日進水
1916年 3月19日竣工
       5月31日ジュットランド海戦に参加
1917年バルジ追加等の改修を実施
1939年 9月〜第二次大戦に参加。英仏海峡などで船団護衛に従事
      10月〜北大西洋にて船団護衛に従事
1940年 5月〜カナダへの金塊輸送作戦(フィッシュ作戦)に参加
       9月〜大西洋での船団護衛に従事
1941年 9月〜インド洋へ転戦。インド洋やアラビア海にて船団護衛に従事
1943年 9月本国へ帰還。予備役艦となる
1944年 4月欧州上陸作戦の予備武装として利用するため搭載兵装を撤去
       5月12日給炭練習船となり、艦名を「インペリウスII」[Imperieuse II]と改名
1948年 9月 9日除籍。スクラップとして売却される
レゾリューション[Resolution]
1913年12月29日パーマーズ[Palmers Shipbuilding and Iron Company]社にて起工
1915年 1月14日進水
1916年12月19日竣工
1918年バルジ追加等の改修を実施
1939年 9月〜第二次大戦に参加。英仏海峡などで船団護衛に従事
      10月〜北大西洋にて船団護衛に従事
1940年 7月〜メルセルケビール港攻略(カタパルト作戦)に参加
同月3日メルセルケビール海戦に参加
       9月オラン攻撃(メナス作戦)に参加。同月25日仏潜「ベヴェジール」の雷撃を受け損傷
      10月〜フリータウンで応急修理後、同年12月ジブラルタルへ移動
1941年 2月〜ジブラルタルを出港しポーツマスへ帰還
       4月〜米フィラデルフィアへ移動し、修理・改修を実施(完了は同年9月)
1942年 1月〜大西洋にて船団護衛に従事
       2月〜インド洋へ転戦。インド洋にて船団護衛などに従事
1943年 9月本国へ帰還。予備役艦となる
       5月12日給炭練習船となり、艦名を「インペリウスII」と改名
1948年 5月除籍。スクラップとして売却される
ラミリーズ[Ramilles]
1913年11月12日ビアドモア[William Beardmore and Company]社にて起工
1916年 9月12日進水
1917年 9月19日竣工
1926年バルジ追加等の改修を実施
1939年 9月〜第二次大戦に参加。英仏海峡などで船団護衛に従事
      10月〜地中海にて船団護衛に従事
      11月〜インド洋へ転属。インド洋にて哨戒や船団護衛に従事
1940年 6月〜地中海へ転戦。地中海にて哨戒や船団護衛に従事
1941年 1月〜本国へ帰還。北大西洋にて船団護衛に従事
       5月24日〜独戦艦「ビスマルク」追撃戦に参加
同月26日「ビスマルク」を捕捉できず追撃中止。船団護衛に復帰
1942年 1月〜東洋艦隊へ転属。喜望峰回りでインド洋へ転戦
インド洋にて哨戒や船団護衛、上陸支援などに従事
       8月〜本国へ帰還し、オーバーホールを実施(完了は翌年5月)
1943年 9月〜東洋艦隊へ配属。インド洋にて船団護衛などに従事
1944年 3月本国へ帰還。同年5月から欧州上陸作戦(ネプチューン作戦)に参加
       7月〜南仏上陸作戦(ドラグーン作戦)に参加
      11月〜本国へ帰還。本国艦隊に転属
1945年 3月予備役へ編入。士官学校の練習艦となる
1948年 3月除籍。スクラップとして売却される
ロイヤル・ソヴァレン[Royal Sovereign]
1914年 1月15日ポーツマス造船所にて起工
1915年 4月29日進水
1916年 5月19日竣工
1919年バルジ追加等の改修を実施
1939年第二次大戦に参加。船団護衛任務などに従事
1944年予備役へ編入
       5月30日ソビエトへ貸与、「アルハンゲリスク」と改名
 (貸与中の経歴については「アルハンゲリスク」の項を参照のこと)
1949年 2月 9日ソビエトから返還される
       4月スクラップとして売却される
ロイヤル・オーク[Royal Oak]
1914年 1月15日デヴォンポート造船所にて起工
1914年11月17日進水
1916年 5月竣工
       5月31日ジュットランド海戦に参加
1922年バルジ追加等の改修を実施
1939年第二次大戦に参加。船団護衛任務などに従事
      10月14日スカパ・フローに停泊中、独潜水艦「U-47」の雷撃により沈没


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2016,01,29(First Up 2003,08,07)