MTB26型(ソーニクロフト55フィート型) 高速魚雷艇

"MTB26" Class Motor Torpedo Boat (Thornycroft 55 feet-type)

英国海軍(元は中華民国、フィンランド、フィリピン等への輸出用) イギリス海軍  (中国国民革命軍 フィンランド海軍 フィリピン海軍


Thornycroft 55ft CMB
第一次大戦時のソーニクロフト55フィート型CMB(当クラスの形状は同CMBに類似している)
(1910年代後半:Photo from Imperial War Museum "Q19908"

スペックデータ(数値は代表的なもの)
排水量:(常)17t ボイラー:−−−−− 燃料搭載量:ガソリン 搭載量不明
全長:(全)16.8m
全幅:3.35m 主機:Thornycroft ガソリンエンジン×2基、2軸推進
吃水:1.07m
出力:750hp
武装:
7.7mm連装機銃2基、45cm魚雷2基(艇後尾への投下軌条)、
対潜爆雷2個搭載可能(投下ラック使用)
最大速力:38.0kt
航続距離:不明
乗員定数:5名

同型艦名(14隻:連番の艇は中略して記述しています)
MTB26〜27 [MTB26 - MTB27]MTB67〜68 [MTB67 - MTB68]
MTB213〜217 [MTB213 - MTB217]MTB327〜331 [MTB327 - MTB331]

MTB26型(ソーニクロフト55フィート型)高速魚雷艇について

 元はソーニクロフト社が諸外国へ輸出するために建造していた小型魚雷艇。船体設計は第一次大戦時のCMB(coastal motor boat)艇とあまり変化はなく、搭載魚雷の発射も艇前方へ射出する発射管ではなく、艇後方へ滑り出すタイプの投下レールとなっていた。艇体が軽量だったため高速発揮が可能だったが、小型ゆえに搭載兵装や乗員数は最低限のものであった。
 まず第二次大戦前に中国(中国国民党軍)から発注された2隻が、日中戦争の情勢により引き渡し不可能となったため、英海軍が1938年に引き取ったのが最初で、その後もフィンランドやフィリピン(フィリピン・コモンウェルス)から発注された艇も第二次大戦勃発により英海軍が接収・編入を行っている。

 英海軍へ編入後は英本国周辺や香港、地中海など各地で任務に従事しているが、14隻建造されたが半数以上が大戦中に喪われている。


注意!「省略型で記述しているため他のページとは年表の形が異なります。年月日は総て西暦表示です。」
造船所略号
 THO = ソーニクロフト社 [John I. Thornycroft]  
国名略称(略称に続く「 」内は貸与等後の艦名)
中国国民革命軍 = 中国(国民党軍) フィンランド海軍 = フィンランド フィリピン海軍 = フィリピン イギリス海軍 = イギリス
MTB26型(ソーニクロフト55フィート型)高速魚雷艇の歴史
艦名造船所起工進水竣工戦歴など
MTB26 [MTB26]THO'??.??.??'??.??.??'38.09.10当初中国国民革命軍からの受注により建造。'39.08.15イギリス海軍接収、竣工時編入。'41.12.19香港にて日本陸軍装甲艇の砲撃を受け沈没
MTB27 [MTB27]THO'??.??.??'??.??.??'38.09.10当初中国国民革命軍からの受注により建造。'39.08.15イギリス海軍接収、竣工時編入。'41.12.26香港にて日本軍の接収をおそれ自沈
MTB67 [MTB67]THO'??.??.??'??.??.??'40.04.19当初フィンランド海軍からの受注により建造。'40.02.26イギリス海軍接収、竣工時編入。'41.05.23クレタ島スダ湾にて独軍機の攻撃を受け沈没
MTB68 [MTB68]THO'??.??.??'??.??.??'40.04.19当初フィンランド海軍からの受注により建造。'40.02.26イギリス海軍接収、竣工時編入。'41.12.14リビア沿岸にて英魚雷艇「MTB215」と衝突、沈没
MTB213 [MTB213]THO'??.??.??'??.??.??'40.10.24当初フィリピン海軍からの受注により建造。'40.06.07イギリス海軍接収、竣工時編入。'41.05.23クレタ島スダ湾にて独軍機の攻撃を受け沈没
MTB214 [MTB214]THO'??.??.??'??.??.??'40.10.??当初フィリピン海軍からの受注により建造。'40.06.07イギリス海軍接収、竣工時編入。'41.05.23クレタ島スダ湾にて独軍機の攻撃を受け沈没
MTB215 [MTB215]THO'??.??.??'??.??.??'40.12.06当初フィリピン海軍からの受注により建造。'40.06.07イギリス海軍接収、竣工時編入。'41.12.14リビア沿岸にて英魚雷艇「MTB68」と衝突、損傷。'42.03月地中海にて消息不明となる(原因不詳)。'42.03.29亡失と認定
MTB216 [MTB216]THO'??.??.??'??.??.??'41.01.03当初フィリピン海軍からの受注により建造。'40.06.07イギリス海軍接収、竣工時編入。'41.05.23クレタ島スダ湾にて独軍機の攻撃を受け沈没
MTB217 [MTB217]THO'??.??.??'??.??.??'41.01.07当初フィリピン海軍からの受注により建造。'40.06.07イギリス海軍接収、竣工時編入。'41.05.23クレタ島スダ湾にて独軍機の攻撃を受け沈没
MTB327 [MTB327]THO'??.??.??'??.??.??'41.11.03当初フィリピン海軍からの受注により建造。'40.06.12イギリス海軍接収、竣工時編入。'45.05月退役、売却
MTB328 [MTB328]THO'??.??.??'??.??.??'41.11.22当初フィリピン海軍からの受注により建造。'40.06.12イギリス海軍接収、竣工時編入。'45.05月退役、売却
MTB329 [MTB329]THO'??.??.??'??.??.??'41.11.03当初フィリピン海軍からの受注により建造。'40.06.12イギリス海軍接収、竣工時編入。'45.05月退役、売却
MTB330 [MTB330]THO'??.??.??'??.??.??'41.11.03当初フィリピン海軍からの受注により建造。'40.06.12イギリス海軍接収、竣工時編入。'44.09月退役、'45.05月売却
MTB331 [MTB331]THO'??.??.??'??.??.??'41.11.03当初フィリピン海軍からの受注により建造。'40.06.12イギリス海軍接収、竣工時編入。'44.09月退役、'45.05月売却


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2017,12,29