”ラック”型 フリゲート

"Loch" Class Frigates

英国海軍 他


HMS Loch Dunvegan
HMSAS Natal
(上段)HMS「ラック・ダンヴェガン」/(下段)HMSAS「ナタール」(どちらもPhoto from Wikipedia Commons)
スペックデータ(【 】内はギヤードタービン艦の数値)
排水量:(基)1,435t ボイラー:Admirality罐・重油専焼×2基 燃料搭載量:不明
全長:(全)93.8m
全幅:11.7m 主機:三段膨張式往復動蒸気機械×2基、2軸推進
   【Parsons式ギヤードタービン×2基、2軸推進】
吃水:2.7m
出力:5,500hp
   【6,500hp】
武装:
4inch単装高角砲1基、2pdr(40mm)4連装ポンポン砲1基、
20mm連装機関砲2基、同単装機関砲2基、スキッド対潜
臼砲3連装2基、爆雷搭載数不明(投射機2、投下軌条1)
最大速力:19.0kt
      【20.5kt】
航続距離:不明
乗員定数:114名

同型艦名(22隻+カナダ3隻南アフリカ3隻キャンセル54隻:タービン艦は背景茶色
グッド・ホープ
[Good Hope]
ラック・アチャナルト
[Loch Achanalt]
ラック・アクレイ
[Loch Achray]
ラック・アフリク
[Loch Affric]
ラック・アルヴィ
[Loch Alvie]
ラック・アーキー
[Loch Arkaig]
ラック・アシント
[Loch Assynt]
ラック・オー
[Loch Awe]
ラック・バドコール
[Loch Badcall]
ラック・キャロイ
[Loch Caroy]
ラック・クラニー
[Loch Clunie]
ラック・クレイギー
[Loch Craggie]
ラック・クレラン
[Loch Creran]
ラック・ディナ
[Loch Doine]
ラック・ダンヴェガン
[Loch Dunvegan]
ラック・アーン
[Loch Earn]
ラック・エック
[Loch Eck]
ラック・イーノック
[Loch Enock]
ラック・エリクト
[Loch Ericht]
ラック・エリソート
[Loch Erisort]
ラック・アイ
[Loch Eye]
ラック・イーノート
[Loch Eynort]
ラック・ファーダ
[Loch Fada]
ラック・ファイン
[Loch Fyne]
ラック・ガーブ
[Loch Garve]
ラック・グレンデュー
[Loch Glendhu]
ラック・ゴイル
[Loch Goil]
ラック・ゴーム
[Loch Gorm]
ラック・グリアム
[Loch Griam]
ラック・ハーレー
[Loch Harray]
ラック・ホーン
[Loch Hourn]
ラック・インチャード
[Loch Inchard]
ラック・インシュ
[Loch Insh]
ラック・カトリーン
[Loch Katrine]
ラック・ケン
[Loch Ken]
ラック・キリン
[Loch Killin]
ラック・キリスポート
[Loch Killisport]
ラック・カービスター
[Loch Kirbister]
ラック・カーケイ
[Loch Kirkaig]
ラック・キショーン
[Loch Kishorn]
ラック・ノッキー
[Loch Knockie]
ラック・ラノ
[Loch Lano]
ラック・リンファーン
[Loch Linfern]
ラック・リネー
[Loch Linnhe]
ラック・ロモンド
[Loch Lomond]
ラック・ラーガン
[Loch Lurgan]
ラック・リヨン
[Loch Lyon]
ラック・マベリー
[Loch Maberry]
ラック・ミニック
[Loch Minnick]
ラック・モア
[Loch More]
ラック・モーリッチ
[Loch Morlich]
ラック・ネル
[Loch Nell]
ラック・オデアン
[Loch Odairn]
ラック・オシアン
[Loch Ossian]
ラック・コイック
[Loch Quoich]
ラック・ロナルド
[Loch Ronald]
ラック・ルースベン
[Loch Ruthven]
ラック・ライアン
[Loch Ryan]
ラック・スキャベイグ
[Loch Scavaig]
ラック・シェイラグ
[Loch Sheallag]
ラック・シール
[Loch Shiel]
ラック・シン
[Loch Shin]
ラック・スケイグ
[Loch Skaig]
ラック・スケロー
[Loch Skerrow]
ラック・ステムスター
[Loch Stemster]
ラック・ステンネス
[Loch Stenness]
ラック・ストリブン
[Loch Striven]
ラック・サナート
[Loch Sunart]
ラック・スゥイン
[Loch Swin]
ラック・タナ
[Loch Tana]
ラック・ターバート
[Loch Tarbert]
ラック・ティルト
[Loch Tilt]
ラック・トリドン
[Loch Torridon]
ラック・トラレイグ
[Loch Tralaig]
ラック・タンメル
[Loch Tummell]
ラック・ユリギル
[Loch Urigill]
ラック・バナヴィ
[Loch Vanavie]
ラック・ベナッシャー
[Loch Vennacher]
ラック・ベヤティー
[Loch Veyatie]
ラック・ワッテン
[Loch Watten]
ナタール
[Natal]
トランスバール
[Transvaal]
  

”ラック”型フリゲートについて

 第二次大戦において船団護衛や対潜哨戒に必要なフリゲートを大量に必要としたイギリス海軍は”リバー”型をより量産向きに改良した艦の建造を計画した。これが当”ラック”型である。
 船体を溶接構造にしてブロック建造方式を採用することで量産性が高められており、1942年度から建造が開始されている。スペック的には”リバー”型とあまり差は無いが、若干船体が拡大し排水量も増加しているため最高速度は1ノット低下している(2隻だけ建造されたギヤードタービン搭載艦は”リバー”型のギヤードタービン艦と同程度の速度を発揮した)。兵装はヘッジホッグに替わって新開発のスキッドが搭載されている。この新兵器はヘッジホッグよりも大型の対潜爆雷を最大250メートル先まで投射できるもので、1発あたりの威力や再装填時間がヘッジホッグよりも有利となっている。
 1944年から順次就役しているが、大戦終結までに竣工できたのは計画された76隻のうち32隻で、それ以外はキャンセルされている。
 なお、クラス名の”ラック[Loch]”は『湖、入り江』という意味で、全艦(計画時)に湖や入り江の名前が付けられていることから、その名で呼ばれるようになった。


注意!「この型は同型艦が多いため他のページとは年表の形が異なります。年月日は総て西暦表示です。」
造船所略号(※所在地の表示が無いものは英国内所在)
 ASC = エールサ造船 [Ailsa Shipbuilding Company]  BCC = バークレイ・カール社 [Barclay Curle]
 BSD = ブライス造船 [Blyth Shipbuilding]  BIS = バーントアイランド造船 [Burntisland Shipbuilding]
 CSE = カレドン造船 [Caledon Shipbuilding & Engineering Company]  CHS = チャールズ・ヒル&サンズ社 [Chaeles Hill & sons]
 HAR = ホール・ラッセル社 [Hall, Russell]  HWL = ハーランド・ウォルフ社 [Harland and Wolff]
 HRC = ヘンリー・ロブ社 [Henry Robb, Limited]  JBS = ジョン・ブラウン社 [John Brown]
 SMD = スミス・ドック社 [Smiths Dock]  SHC = スワン・ハンター社 [Swan Hunter & Wigham Richardson]
 WPS = ウィリアム・ピッカーズギル&サンズ社 [William Pickersgill & Sons]  
国名略称(略称に続く「 」内は貸与等後の艦名)
カナダ海軍 = カナダ ギリシア海軍 = ギリシア イラン海軍 = イラン マレーシア海軍 = マレーシア
ニュージーランド海軍 = ニュージーランド 南ア海軍 = 南アフリカ イギリス海軍 = イギリス  
”ラック”型フリゲートの歴史
艦番艦名造船所起工進水竣工戦歴など
K432グッド・ホープ
[Good Hope]
BSD'43.11.08'44.07.05'44.12.01イギリス海軍「ラック・ボワデール」[Loch Boisdale]として起工。'44.11.09譲渡南ア海軍「グッド・ホープ」。'44.12.01就役。哨戒任務などに従事。'78年スクラップ
K424ラック・アチャナルト
[Loch Achanalt]
HRC'43.09.13'44.03.23'44.07.31カナダ海軍貸与。北大西洋などで護衛任務に従事。'45.06.20英国へ返還。'48.09譲渡ニュージーランド海軍「プカキ」[Pukaki]と改名。'65年除籍、翌年スクラップ
K426ラック・アクレイ
[Loch Achray]
SMD'43.12.13'44.07.07'45.02.01北大西洋などで護衛任務に従事。'48.09.07譲渡ニュージーランド海軍「カニエレ」[Kaniere]。'61年練習船へ類別変更。'66年スクラップ
K601ラック・アフリク
[Loch Affric]
ASCで起工予定だったが'45年キャンセル
K428ラック・アルヴィ
[Loch Alvie]
BCC'43.08.31'44.01.14'44.08.10カナダ海軍貸与。北海などで護衛任務に従事。'45.06.11カナダ退役、'45.11英国へ返還、保管船となる。'65年スクラップ
K603ラック・アーキー
[Loch Arkaig]
CSE'44.11.01'45.06.07'45.11.17第二次大戦終結までに就役せず。'60年スクラップ
K438ラック・アシント
[Loch Assynt]
SHC'44.02.11'44.12.14−−−'45年フリゲートとしての計画中止。'45.08.02補給船「ダービー・ヘヴン」[Derby Haven]として竣工。'49年譲渡イラン海軍「バブル」[ ببر (Babr)]。'72年頃スクラップ
 ラック・オー
[Loch Awe]
HWLで起工予定だったが'45年キャンセル
 ラック・バドコール
[Loch Badcall]
WPSで起工予定だったが'45年キャンセル
 ラック・キャロイ
[Loch Caroy]
WPSで起工予定だったが'45年キャンセル
K607ラック・クラニー
[Loch Clunie]
ASCで起工予定だったが'45年キャンセル
K609ラック・クレイギー
[Loch Craggie]
HWL'43.12.28'44.05.23'44.06.15北大西洋などで護衛任務に従事。'63年スクラップ
 ラック・クレラン
[Loch Creran]
SMDで起工予定だったが'45年キャンセル
 ラック・ディナ
[Loch Doine]
SMDで起工予定だったが'45年キャンセル
K425ラック・ダンヴェガン
[Loch Dunvegan]
CHS'43.09.29'44.03.25'44.06.30北大西洋などで護衛任務に従事。'44.08.24バレンツ海にて独潜「U-354」を撃沈(共同)。
'45.02.17北海にて独潜「U-989」を撃沈(共同)。
'60年スクラップ
 ラック・アーン
[Loch Earn]
CHSで起工予定だったが'45年キャンセル
K422ラック・エック
[Loch Eck]
SMD'43.10.25'44.04.25'44.11.07北大西洋などで護衛任務に従事。'45.02.03北海にて独潜「U-1279」を撃沈(共同)。'45.02.17北海にて独潜「U-989」を撃沈(共同)。'45.02.17北海にて独潜「U-1278」を撃沈(共同)。'48.11.01譲渡ニュージーランド海軍「ハウェア」[Hawea]。'65年スクラップ
 ラック・イーノック
[Loch Enock]
HWLで起工予定だったが'45年キャンセル
K612ラック・エリクト
[Loch Ericht]
ASCで起工予定だったが'45年キャンセル
K613ラック・エリソート
[Loch Erisort]
BCCで起工予定だったが'45年キャンセル
 ラック・アイ
[Loch Eye]
HWLで起工予定だったが'45年キャンセル
 ラック・イーノート
[Loch Eynort]
HWLで起工予定だったが'45年キャンセル
K390ラック・ファーダ
[Loch Fada]
JBS'43.06.08'43.12.14'44.02.04北大西洋などで護衛任務に従事。'45.02.27イギリス海峡にて独潜「U-327」を撃沈(共同)。
'45.02.27イギリス海峡にて独潜「U-1018」を撃沈。'70年スクラップ
K429ラック・ファイン
[Loch Fyne]
BIS'43.12.08'44.05.24'44.11.09北大西洋などで護衛任務に従事。'70年スクラップ
K617ラック・ガーブ
[Loch Garve]
HARで起工予定だったが'45年キャンセル
K619ラック・グレンデュー
[Loch Glendhu]
BIS'44.05.29'44.10.18'45.02.23北大西洋などで護衛任務に従事。'45.04.12アイリッシュ海にて独潜「U-1024」を攻撃、浮上降伏させる(共同)。'57年スクラップ
 ラック・ゴイル
[Loch Goil]
HWLで起工予定だったが'45年キャンセル
K620ラック・ゴーム
[Loch Gorm]
HWL'43.12.28'44.06.08'44.12.18北大西洋などで護衛任務に従事。'61.09売却ギリシア海軍「オリオン」[Ωρίων (Orion)]。'66年解体
K621ラック・グリアム
[Loch Griam]
SHCで起工予定だったが'45年キャンセル
K623ラック・ハーレー
[Loch Harray]
SMDで起工予定だったが'45年キャンセル
 ラック・ホーン
[Loch Hourn]
HWLで起工予定だったが'45年キャンセル
 ラック・インチャード
[Loch Inchard]
HWLで起工予定だったが'45年キャンセル
K433ラック・インシュ
[Loch Insh]
HRC'43.11.17'44.05.10'44.10.20北大西洋などで護衛任務に従事。'45.04.29バレンツ海にて独潜「U-286」を撃沈(共同)。同日ムルマンスク沖にて独潜「U-307」を撃沈。'64.10.02売却マレーシア海軍「ハン・トゥア」[ هڠ تواه‎ (Hang Tuah)]
'71年練習艦へ類別変更。'77年解体
K625ラック・カトリーン
[Loch Katrine]
HRC'43.12.31'44.08.21'44.12.29北大西洋などで護衛任務に従事。'49.07.07譲渡ニュージーランド海軍「ロトイティ」[Rotoiti]。'65.08除籍、翌年スクラップ
K626ラック・ケン
[Loch Ken]
SMDで起工予定だったが'45年キャンセル
K391ラック・キリン
[Loch Killin]
BIS'43.06.22'43.11.29'44.04.12北大西洋などで護衛任務に従事。'44.07.31シリー諸島沖にて独潜「U-333」を撃沈(共同)。
'44.08.06ビスケー湾にて独潜「U-736」を撃沈。
'45.04.15イギリス海峡にて独潜「U-1063」を撃沈。'60年スクラップ
K628ラック・キリスポート
[Loch Killisport]
HWL'43.12.28'44.07.06'45.09.09第二次大戦終結までに就役せず。'70年スクラップ
K629ラック・カービスター
[Loch Kirbister]
SHCで起工予定だったが'45年キャンセル
 ラック・カーケイ
[Loch Kirkaig]
HWLで起工予定だったが'45年キャンセル
 ラック・キショーン
[Loch Kishorn]
HRCで起工予定だったが'45年キャンセル
 ラック・ノッキー
[Loch Knockie]
WPSで起工予定だったが'45年キャンセル
 ラック・ラノ
[Loch Lano]
HWLで起工予定だったが'45年キャンセル
K631ラック・リンファーン
[Loch Linfern]
SMDで起工予定だったが'45年キャンセル
K632ラック・リネー
[Loch Linnhe]
WPSで起工予定だったが'45年キャンセル
K437ラック・ロモンド
[Loch Lomond]
CSE'43.12.07'44.06.19'44.11.16北大西洋などで護衛任務に従事。'68年スクラップ
 ラック・ラーガン
[Loch Lurgan]
HWLで起工予定だったが'45年キャンセル
K635ラック・リヨン
[Loch Lyon]
SHCで起工予定だったが'45年キャンセル
 ラック・マベリー
[Loch Maberry]
HRCで起工予定だったが'45年キャンセル
K637ラック・ミニック
[Loch Minnick]
SMDで起工予定だったが'45年キャンセル
K639ラック・モア
[Loch More]
CSE'44.03.16'44.10.03'45.02.24北大西洋などで護衛任務に従事。'45.04.12アイリッシュ海にて独潜「U-1024」を攻撃、浮上降伏させる(共同)。'63年スクラップ
K517ラック・モーリッチ
[Loch Morlich]
SHC'43.07.15'44.01.25'44.07.17カナダ海軍貸与。北大西洋などで護衛任務に従事。'45.06.20英国へ返還。'49.04譲渡ニュージーランド海軍「トゥティラ」[Tutira]。'61年除籍。'66年スクラップ
K641ラック・ネル
[Loch Nell]
HRCで起工予定だったが'45年キャンセル
K642ラック・オデアン
[Loch Odairn]
HRCで起工予定だったが'45年キャンセル
K643ラック・オシアン
[Loch Ossian]
SMDで起工予定だったが'45年キャンセル
K434ラック・コイック
[Loch Quoich]
BSD'43.12.03'44.09.02'45.01.11北大西洋などで護衛任務に従事。'57年スクラップ
 ラック・ロナルド
[Loch Ronald]
HWLで起工予定だったが'45年キャンセル
K645ラック・ルースベン
[Loch Ruthven]
CHS'44.01.04'44.06.03'44.10.08北大西洋などで護衛任務に従事。'63年退役、'66年スクラップ
K646ラック・ライアン
[Loch Ryan]
WPSで起工予定だったが'45年キャンセル
K648ラック・スキャベイグ
[Loch Scavaig]
CHS'44.03.31'44.09.09'44.12.22北大西洋などで護衛任務に従事。'45.02.04ノース海峡にて独潜「U-1014」を撃沈(共同)。'65年スクラップ
 ラック・シェイラグ
[Loch Sheallag]
HWLで起工予定だったが'45年キャンセル
 ラック・シール
[Loch Shiel]
HWLで起工予定だったが'45年キャンセル
K421ラック・シン
[Loch Shin]
SHC'43.09.06'44.02.23'44.10.10北大西洋などで護衛任務に従事。'45.02.04ノース海峡にて独潜「U-1014」を撃沈(共同)。'48.09譲渡ニュージーランド海軍「タウポ」[Taupo]。'61年スクラップ
 ラック・スケイグ
[Loch Skaig]
SMDで起工予定だったが'45年キャンセル
 ラック・スケロー
[Loch Skerrow]
CHSで起工予定だったが'45年キャンセル
 ラック・ステムスター
[Loch Stemster]
HWLで起工予定だったが'45年キャンセル
 ラック・ステンネス
[Loch Stenness]
SMDで起工予定だったが'45年キャンセル
 ラック・ストリブン
[Loch Striven]
HWLで起工予定だったが'45年キャンセル
 ラック・サナート
[Loch Sunart]
HWLで起工予定だったが'45年キャンセル
 ラック・スゥイン
[Loch Swin]
HWLで起工予定だったが'45年キャンセル
K652ラック・タナ
[Loch Tana]
BSDで起工予定だったが'45年キャンセル
K431ラック・ターバート
[Loch Tarbert]
ASC'43.11.30'44.10.19'45.02.22北大西洋などで護衛任務に従事。'59年スクラップ
K653ラック・ティルト
[Loch Tilt]
WSPで起工予定だったが'45年キャンセル
K654ラック・トリドン
[Loch Torridon]
SHC'44.05.02'45.01.13−−−'45年フリゲートとしての計画中止。'45.10.19補給船「ウッドブリッジ・ヘヴン」[Woodbridge Haven]として竣工。'65年スクラップ
K655ラック・トラレイグ
[Loch Tralaig]
CSE'44.06.26'45.02.12'45.07.04北大西洋などで護衛任務に従事(?)。'63年スクラップ
 ラック・タンメル
[Loch Tummell]
HWLで起工予定だったが'45年キャンセル
K656ラック・ユリギル
[Loch Urigill]
BSDで起工予定だったが'45年キャンセル
 ラック・バナヴィ
[Loch Vanavie]
HWLで起工予定だったが'45年キャンセル
K657ラック・ベナッシャー
[Loch Vennacher]
BSDで起工予定だったが'45年キャンセル
K658ラック・ベヤティー
[Loch Veyatie]
ASC'44.03.30'45.10.08'46.07.13第二次大戦終結までに就役せず。'65年スクラップ
K659ラック・ワッテン
[Loch Watten]
BSDで起工予定だったが'45年キャンセル
K10ナタール
[Natal]
SHC'43.10.18'44.06.19'45.03.09イギリス海軍「ラック・クリー」[Loch Cree]として起工。
'45.03.01譲渡南ア海軍「ナタール」。'45.03.09南ア海軍就役。哨戒任務などに従事。'45.03.14北海にて独潜「U-714」を撃沈(共同)。'72年実艦標的に使用され沈没
K602トランスバール
[Transvaal]
HWL'44.01.20'44.08.02'45.05.21イギリス海軍「ラック・アード」[Loch Ard]として起工。
'45.05.14譲渡南ア海軍「トランスバール」。'45.05.21南ア海軍就役。第二次大戦での実戦参加なし。
'64.08.14退役、保管船。後にフォールス湾にて人工岩礁として自沈処分


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2016,12,11(FirstUp 2005,11,04)