ハントII型 護衛駆逐艦

"Hunt"(Type II) Destroyer Escorts

英国海軍 他 イギリス海軍 西ドイツ海軍 デンマーク海軍 ギリシア海軍 インド海軍 ノルウェー海軍 自由ポーランド海軍


HMS Bicester
HMS Cowdray
HMS Ledbury
(上段)駆逐艦「バイスター」(撮影時期不詳:Photo from Imperial War Museum "FL2025"
(中段)駆逐艦「カウドレイ」(撮影時期不詳:Photo from Imperial War Museum "FL6084"
(下段)駆逐艦「レッドベリー」(撮影時期不詳:Photo from Imperial War Museum "FL4589"

スペックデータ
排水量:(基)1,050t ボイラー:Admiralty罐・重油専焼×2基 燃料搭載量:重油265〜328t
全長:(全)85.34m
全幅:9.6m 主機:Parsons式ギヤードタービン×2基、2軸推進
吃水:2.36m
出力:19,000hp
武装:
45口径10.2cm連装高角砲3基、2pdr4連装ポンポン砲1基(一部
艦は同単装1基も搭載)、20mm単装機関砲2基、爆雷110〜120個搭載
(投射機2、投下軌条3)
最大速力:27.0kt
航続距離:14ktで3,130浬
乗員定数:164名

同型艦名(33隻+3隻は竣工前に外国へ貸与)
エイヴォン・ヴェイル[Avon Vale]バッズワース[Badsworth]ボーフォート[Beaufort]
ビデール[Bedale]バイスター[Bicester]ブラックモア[Blackmore]
ブランクニー[Blankney]ブレンカスラ[Blencathra]ブランハム[Bramham]
ブロックレスビー[Brocklesby]カルピ[Calpe]チディングフォールド[Chiddingfold]
カウドレイ[Cowdray]クルーム[Croome]デュルバートン[Dulverton]
エリッジ[Eridge]エクスモア(2代)[Exmoor(2)]ファーンデール[Farndale]
グロウブ[Grove]ヘイソープ[Heythorp]ハースレイ[Hursley]
ハーワース[Hurworth]ラマートン[Lamerton]ローダデール[Lauderdale]
レッドベリー[Ledbury]リデスデール[Liddesdale]ミドルトン[Middleton]
オークレイ(初代)[Oakley(1)]オークレイ(2代)[Oakley(2)]パッカリッジ[Puckeridge]
シルヴァートン[Silverton]サウスウォルド[Southwold]テトコット[Tetcott]
ホウィートランド[Wheatland]ウィルトン[Wilton]ゼットランド[Zetland]

ハントII型護衛駆逐艦について

 新造の護衛用小型艦として「ハント」型の建造を開始したイギリス海軍であったが、これらの艦が1隻も進水しないうちに第二次大戦が勃発したため、戦時緊急計画として追加の建造を行うことにした。
 同計画で建造されたのは、既に起工済みだった「ハント」型ではトップヘビー傾向を解消するため2基に減じられていた主砲塔を当初計画どおりの3基に戻し、船体安定性を高めるために艦幅を大きくする改設計を行った艦で、「ハントII」型と呼ばれるようになった(これにより従前の艦を「ハント」型と呼ぶようになった)。ちなみに型では後部甲板室上に置かれていた2ポンドポンポン砲は煙突後方の中央甲板室上に移動している。また当タイプでは爆雷装備が拡大されており、投下軌条の増設や搭載機雷数の大幅な増加が行われた。

 型と同様の任務に従事することが多かったが、本国艦隊所属だった型が北海や北大西洋など英国本土周辺で活動したのに対して当タイプは地中海などにも進出し、よく任務を果たしたほか、一部の艦が外国へ貸与されている。ちなみにギリシア海軍へ貸与された艦の一部は、海軍作戦上の見解の相違からギリシア艦隊へ就役しないまま短期間で返還されている。
 なお、資料によっては「ブレンカスラ」「ブロックレスビー」「リデスデール」の3隻を型に含めているものも見受けられる。


注意!「この型は同型艦が多いため他のページとは年表の形が異なります。年月日は総て西暦表示です。」
造船所略号
 ASS = アレクサンダー・ステフェン社 [Alexander Stephen and Sons]  CLC = キャンメル・レイアード社 [Cammell Laird]
 JBC = ジョン・ブラウン社 [John Brown & Company]  JSW = ホワイト社 [J. Samuel White]
 JIT = ソーニクロフト社 [John I. Thornycroft & Company]  HLC = ホーソン・レスリー社 [Hawthorn Leslie and Company]
 SHC = スワン・ハンター社 [Swan Hunter & Wigham Richardson]  SSE = スコッツ社 Scotts Shipbuilding and Engineering Company]
 VAT = ヴィッカース・アームストロング社タイン造船所
      [Vickers-Armstrong , Newcastle-upon-Tyne]
 YAS = ヤーロー社 [Yarrow Shipbuilders]
国名略号
西ドイツ海軍 = 西ドイツ デンマーク海軍 = デンマーク ギリシア海軍 = ギリシア インド海軍 = インド
ノルウェー海軍 = ノルウェー 自由ポーランド海軍 = 自由ポーランド イギリス海軍 = イギリス  
ハントII型護衛駆逐艦の歴史
艦番艦名造船所起工進水竣工戦歴など
L06エイヴォン・ヴェイル[Avon Vale]JBC'40.02.12'40.10.23'41.02.17地中海、北大西洋などで護衛・哨戒任務に従事。'43.01.29地中海にて枢軸軍機の雷撃を受け大破。'44.03月貸与ギリシア海軍「アイガイオーン」[Αἰγαῖον(Aigaion)]と改名。'44.05月返還イギリス海軍「エイヴォン・ヴェイル」。'44.11.01アドリア海にて独艦艇と交戦、独魚雷艇「TA20」(旧伊駆「オーダチェ」)、独駆潜艇「Uj202」「Uj208」を撃沈。'45.12退役、予備役艦となる。'58年除籍、解体
L03バッズワース[Badsworth]CLC'40.05.15'41.03.17'41.08.18地中海、北大西洋などで護衛・哨戒任務に従事。'44.11.16貸与ノルウェー海軍「アーレンダール」[Arendal]。'46年ノルウェー政府が購入。'56年フリゲートに類別変更。'61年ノルウェー海軍退役。'65年除籍
L14ボーフォート[Beaufort]CLC'40.07.17'41.06.09'41.11.03地中海、北大西洋などで護衛・哨戒任務に従事。'45年退役、予備役艦となる。'52年除籍、売却ノルウェー海軍「ハウゲスン」[Haugesund]。'65年ノルウェー海軍除籍、解体処分
L26ビデール[Bedale]HLC'40.05.25'41.07.23'42.05.09'42.04.30貸与自由ポーランド海軍「シュラザック」[Ślązak]。'46.08.28返還イギリス海軍「ボーフォート」、予備役編入。'53.04.27貸与インド海軍「ゴダヴァリ」[गोदावरी (Godavari)]。'59年インド政府が購入(英海軍除籍)。'76年モルジブ近海で座礁大破。'79年インド海軍除籍、解体処分
L34バイスター[Bicester]HLC'40.05.29'41.09.05'42.05.09
地中海、北大西洋などで護衛・哨戒任務に従事。'43.02.23地中海にて独潜「U-443」を撃沈(共同)。'43.05,09チュニジア沖にて味方機の誤爆により損傷。'50.01月退役、予備役艦となる。'55年除籍、翌年解体
L43ブラックモア[Blackmore]ASS'41.02.10'41.12.02'42.04.14地中海、南大西洋などで護衛・哨戒任務に従事。'46年退役、予備役艦となる。'52年除籍。'52.07.18売却デンマーク海軍「エスベルン・スナレ」[Esbern Snare]。'66年デンマーク海軍除籍、解体処分
L30ブランクニー[Blankney]JBC'40.05.17'40.12.19'41.04.11地中海、北大西洋などで護衛・哨戒任務に従事。'41.12.17マディラ諸島沖にて独潜「U-131」を撃沈(共同)。'41.12.18北大西洋にて独潜「U-434」を撃沈(共同)。'44.03.10地中海西方にて独潜「U-450」を撃沈(共同)。'44.05.04地中海にて独潜
「U-371」を撃沈(共同)。'46年退役、予備役艦となる。'58年除籍、翌年解体
L24ブレンカスラ[Blencathra]CLC'39.11.18'40.08.06'40.12.14地中海、北大西洋などで護衛・哨戒任務に従事。'44.03.10地中海西方にて独潜「U-450」を撃沈(共同)。'44.03.30シチリア島付近にて独潜「U-223」を撃沈(共同)。'44.08.03捕獲した独人間魚雷「ネーガー」の引き上げ作業中に爆発損傷。'57年除籍、解体
L51ブランハム[Bramham]ASS'41.04.07'42.01.29'42.06.16地中海、北大西洋などで護衛・哨戒任務に従事。'43.03月貸与ギリシア海軍「テミストクレス」[Θεμιστοκλῆς (Themistocles)]。'59.11.12返還イギリス海軍。'60年除籍、解体
L42ブロックレスビー[Brocklesby]CLC'39.11.18'40.09.30'41.05.09
  (04.09?)
地中海、北大西洋などで護衛・哨戒任務に従事。'46年退役、予備役艦となる。'51年改修後、実験艦として利用される。'63.06月除籍。'68年解体
L71カルピ[Calpe]SHC'40.06.12'41.04.28'41.12.11地中海、北大西洋などで護衛・哨戒任務に従事。'43.12.13アルジェ沖にて独潜「U-593」を浮上降伏させる(共同)。'46.11月退役、予備役艦となる。'52年除籍。'52.02.28貸与デンマーク海軍「ロルフ・クラーク」[Rolf Krake]。'62年デンマーク政府が購入(英海軍除籍)。'66年デンマーク海軍除籍
L31チディングフォールド
[Chiddingfold]
SSE'40.03.01'41.03.10'41.10.16地中海、北大西洋などで護衛・哨戒任務に従事。'46.03月退役、予備役艦となる。'53.06.18貸与インド海軍「ガンガ」
[गंगा (Ganga)]と改名。'58.04月インド政府が購入(英海軍除籍)。'75年インド海軍除籍、解体処分
L52カウドレイ[Cowdray]SSE'40.04.30'41.07.22'42.07.29地中海などで護衛・哨戒任務に従事。'42.11月アルジェ沖にて独軍機の爆撃を受け大破着底、浮揚修理後に再就役。'44.03月貸与ギリシア海軍「ナヴァフォス・ヘイスティングス」[Ναύαρχος Χέιστινγκς (Navarchos Hastings)]。'44.06月返還イギリス海軍「カウドレイ」。'51年退役、予備役艦となる。'59年除籍、解体
L62クルーム[Croome]ASS'40.06.07'41.01.30'41.06.29地中海、北大西洋などで護衛・哨戒任務に従事。'41.09.08アゾレス諸島近海にて伊潜「マッジオーレ・バラッカ」を撃沈。'42.08.04地中海にて独潜「U-372」を撃沈(共同)。'57年除籍、解体処分
L63デュルバートン[Dulverton]ASS'40.07.16'41.04.01'41.09.28地中海などで護衛・哨戒任務に従事。'42.10.30地中海にて独潜「U-559」を撃沈
(共同)。'43.11.13コス島沖にて独軍機の爆撃を受け沈没
L68エリッジ[Eridge]SHC'39.11.21'40.08.20'41.02.28地中海などで護衛・哨戒任務に従事。'42.05.29トブルク沖にて独潜「U-568」を撃沈(共同)。'42.08.29エル・ダバ沖にて伊小型魚雷艇「MTSM228」の雷撃を受け大破、アレキサンドリアに曳航されるが全損判定となり修理されず放置。'46年解体処分
L08エクスモア(2代)[Exmoor(2)]SHC'40.06.07'41.03.12'41.10.18計画当初の艦名は「バートン」[Burton]。'41.06月艦名を「エクスモア」と改名。地中海、北大西洋などで護衛・哨戒任務に従事。'41.12.17マディラ諸島沖にて独潜「U-131」を撃沈(共同)。'44.03.10地中海西方にて独潜「U-450」を撃沈(共同)。'45.11退役、予備役艦となる。'52.07月売却デンマーク海軍「ヴァルデマー・セィ」[Valdemar Sejr]と改名。'62年デンマーク海軍除籍。'66年解体処分
L70ファーンデール[Farndale]SHC'39.11.21'40.09.30'41.04.27地中海、北大西洋などで護衛・哨戒任務に従事。'41.12.11トブルク沖にて伊潜「アミラリオ・カラッチオーロ」を撃沈。'45.02.09地中海にて独軍機の攻撃を受け損傷。'45.03.16ハンバー沖にて英旧式駆「ウォレス」と衝突損傷。'45.11退役、予備役艦となる。'61年除籍。'62.12.04解体処分
L77グロウブ[Grove]SHC'40.08.28'41.05.29'42.02.05地中海で護衛・哨戒任務に従事。'42.03.27北大西洋にて独潜「U-587」を撃沈(共同)。'42.06.12クレタ島沖にて独潜「U-77」の雷撃を受け沈没
L85ヘイソープ[Heythorp]SHC'39.12.18'40.10.30'41.06.21地中海で護衛・哨戒任務に従事。'42.03.20バルディア沖にて独潜「U-652」の雷撃を受け大破、曳航中沈没
L84ハースレイ[Hursley]SHC'40.12.21'41.07.25'42.04.02地中海で護衛・哨戒任務に従事。'43.01.14トリポリ沖にて伊潜「ナルヴァロ」を撃沈(共同)。'43.02.19地中海にて独潜「U-562」を撃沈(共同)。'43.11.02貸与ギリシア海軍「クリーティ」[Κρήτη (Kriti)]。'59.11.12返還イギリス海軍。'59.12.12除籍。'60年解体
L28ハーワース[Hurworth]VAT'40.04.10'41.04.10'41.10.05地中海で護衛・哨戒任務に従事。'42.05.29トブルク沖にて独潜「U-568」を撃沈(共同)。'42.10.30地中海にて独潜「U-559」を撃沈(共同)。'43.10.22カリムノス沖にて独軍機雷に触雷沈没
L88ラマートン[Lamerton]SHC'40.04.10'40.12.14'41.08.16地中海で護衛・哨戒任務に従事。'41.10.25ジブラルタル西方にて伊潜「ガリレオ・フェラリス」を撃沈。'43.02.23地中海にて独潜「U-443」を撃沈(共同)。'53.04.27貸与インド海軍「グムティ」
[गोमती (Gomti)]。'58.04月インド政府が購入(英海軍除籍)。'75年インド海軍除籍、解体処分
L95ローダデール[Lauderdale]JIT'39.12.21'41.08.05'41.12.23地中海、北大西洋などで護衛・哨戒任務に従事。'46.05.04貸与ギリシア海軍「アイガイオーン」[Αιγαίων (Aegaeon)]。'59.11.12返還イギリス海軍。'60年解体処分
L90レッドベリー[Ledbury]JIT'40.01.24'41.09.27'42.02.11地中海、北海などで護衛・哨戒任務に従事。'46.03月退役、予備役艦となる。'58年除籍、解体処分
L100リデスデール[Liddesdale]VAT'39.11.20'40.08.19'41.02.28地中海、北大西洋などで護衛・哨戒任務に従事。'44.05.21イオニア海にて独潜「U-453」を撃沈(共同)。'45.12.11退役、予備役艦となる。'48年除籍、解体
L74ミドルトン[Middleton]VAT'40.04.10'41.05.12'42.01.10地中海、北海などで護衛・哨戒任務に従事。'45.12月退役、予備役艦となる。'56年除籍。'57.10.04解体処分
L72オークレイ(初代)[Oakley(1)]VAT'39.11.22'40.10.30'41.06.17'41.05.30貸与自由ポーランド海軍「クヤヴィアク」[Kujawiak]。地中海、北海などで護衛・哨戒任務に従事。'42.06.16マルタ島沖にて触雷沈没
L98オークレイ(2代)[Oakley(2)]YAS'40.08.19'42.01.15'42.05.07計画当初の艦名は「ティッカム」[Tickham]。'42.01月艦名を「オークレイ」と改名。地中海、北大西洋などで護衛・哨戒任務に従事。'45.12退役、予備役艦となる。'58年除籍、売却西ドイツ海軍「グナイゼナウ」[Gneisenau]。'70年西ドイツ海軍除籍、解体('77年除籍、翌年解体説有り)
L108パッカリッジ[Puckeridge]JSW'40.01.01'41.03.06'41.07.30地中海、北大西洋などで護衛・哨戒任務に従事。'43.09.06ジブラルタル東方にて独潜「U-617」の雷撃を受け沈没
L115シルヴァートン[Silverton]JSW'39.12.05'40.12.04'41.05.28'41.05月貸与自由ポーランド海軍「クラコヴィアク」[Krakowiak]。地中海、北大西洋などで護衛・哨戒任務に従事。'46.09月返還イギリス海軍「シルヴァートン」、フリゲートに類別変更、予備役艦となる。'59年解体処分
L10サウスウォルド[Southwold]JSW'40.06.18'41.05.29'41.10.09地中海などで護衛・哨戒任務に従事。'42.03.24マルタ沖にて触雷沈没
L99テトコット[Tetcott]JSW'40.07.29'41.08.12'41.12.11地中海などで護衛・哨戒任務に従事。'42.08.04地中海にて独潜「U-372」を撃沈(共同)。'46.01.17退役、予備役艦となる。'56年除籍、解体処分
L122ホウィートランド[Wheatland]YAS'40.05.30'41.06.07'41.11.03地中海、北大西洋などで護衛・哨戒任務に従事。'43.02.17ボウギー沖にて伊潜「アステリア」を撃沈(共同)。'43.02.23地中海にて独潜「U-443」を撃沈(共同)。'55年除籍、ハルクとして使用。'57.09.20解体
L128ウィルトン[Wilton]YAS'40.06.07'41.10.17'42.02.18地中海、北大西洋などで護衛・哨戒任務に従事。'59年除籍、解体処分
L59ゼットランド[Zetland]YAS'40.10.02'42.03.07'42.07.27地中海、北大西洋などで護衛・哨戒任務に従事。'52年貸与ノルウェー海軍「トロムソ」[Tromsø]。'56.07月ノルウェー政府が購入(英海軍除籍)。'65年ノルウェー海軍除籍、解体処分


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2019,04,28(First Up2005,08,20)