”Z”型 駆逐艦

"Z" Class Destroyers

英国海軍 他 イギリス海軍 エジプト海軍 イスラエル国防軍/海軍


HMS Zephyr
スペックデータ
排水量:(基)1,710t ボイラー:Admiralty罐・重油専焼×2基 燃料搭載量:重油615t
全長:(全)110.53m
全幅:10.86m 主機:Parsons式ギヤードタービン×2基、2軸推進
吃水:5.18m
出力:40,000hp
武装:
45口径11.4cm単装砲4基、56口径40mm連装ボフォース機関砲1基、
70口径20mm連装機関砲4基、21inch魚雷4連装発射管2基、爆雷70
個(投射機4、投下軌条2)
最大速力:36.75kt
航続距離:20ktで4,680浬
乗員定数:186名

同型艦名(8隻:艦名水色太字が嚮導艦
ミングス[Myngs]ザンベジ[Zambesi]ゼラス[Zealous]
ゼブラ[Zebra]ゼニス[Zenith]ゼファー[Zephyr]
ゼスト[Zest]ゾディアック[Zodiac] 

”Z”型駆逐艦について
 1942年初頭の第10次戦時緊急計画で建造された急造駆逐艦。従来の急造駆逐艦シリーズとあまり変化はないが、”W”型で搭載が見送られた11.4センチ(4.5インチ)砲を主砲として搭載している。射撃指揮装置も対水上・対空両用のものが搭載されたが、砲架は従前のものと変化なかったため仰角は55度のままであり、対空砲として使用するにはやや能力不足であった。
 作戦参加期間が短かったため第二次大戦では戦没艦を出さずに済んだが、戦後イスラエルへ売却された「ゼラス」は1967年にエジプト軍の対艦ミサイルにより沈められており、またエジプトに売却された「ミングス」も1970年にイスラエル軍の攻撃で沈没している。対立する両陣営に中古駆逐艦を輸出したのは、第一次大戦時から続いてきたイギリス流二枚舌外交の結果であった。  なお売却されず英国に残った艦のうちフリゲートへ改修されたのは「ゼスト」1隻のみで、他は1950年代末に除籍廃艦となった。

”Z”型駆逐艦の歴史
ミングス[Myngs](嚮導艦)(R06)
1942年 5月27日ヴィッカース・アームストロング社タイン造船所にて起工
1943年 1月 3日進水
1944年 6月23日竣工
      8月〜北海にて独戦艦「ティルピッツ」攻撃を支援
     11月〜北海、北極海にて船団護衛任務などに従事
1949年 4月30日演習中に演習用魚雷と接触し損傷を負う
1955年 1月 1日除籍。エジプトへ売却され、艦名を「エル・カヘル」[El Qaher]と改名
1963年近代化改修を実施
1970年 5月16日イスラエル軍機の攻撃を受け沈没
ザンベジ[Zambesi] (R66)
1942年12月12日キャンメル・レイアード社にて起工
1943年11月21日進水
1944年 7月18日竣工
      8月〜北海にて独戦艦「ティルピッツ」攻撃を支援
     11月〜北海、北極海にて船団護衛任務などに従事
1946年退役。予備役艦となる
1959年 2月12日除籍。スクラップとして売却される
ゼラス[Zealous] (R39)
1942年 5月 5日キャンメル・レイアード社にて起工
1944年 2月28日進水
     10月 9日竣工
     11月〜北海、北極海にて船団護衛任務などに従事
1947年 8月退役。予備役艦となる
1955年 7月15日除籍。イスラエルへ売却、艦名を「エイラート」[Eilat]と改名
1956年近代化改修(タイプ15)を実施
1967年10月21日エジプト海軍のミサイル艇による攻撃を受け沈没
ゼブラ[Zebra] (R81)
1942年 5月14日ウィリアム・デニー&ブラザーズ社にて「ウェイクフル」の名で起工
1944年 3月 8日進水。艦名を「ゼブラ」と改名
     10月 3日竣工
1945年 1月〜北海にて船団護衛任務などに従事
1947年退役。予備役艦となる
1958年除籍。翌年2月スクラップとして売却される
ゼニス[Zenith] (R95)
1942年 5月19日ウィリアム・デニー&ブラザーズ社にて「ウェセックス」の名で起工
1944年 6月 5日進水。艦名を「ゼニス」と改名
     12月22日竣工
1945年 7月東洋艦隊に配属、回航中に終戦を迎えたため配属中止
1947年退役。予備役艦となる
1955年 5月除籍。エジプトへ売却、艦名を「エル・ファテー」[El Fateh]と改名
1963年近代改修工事を実施
1979年?除籍
ゼファー[Zephyr] (R19)
1942年 7月13日ヴィッカース・アームストロング社タイン造船所にて起工
1943年 7月15日進水
1944年 9月 6日竣工
     10月〜北海にて船団護衛任務などに従事
     12月31日独潜水艦「U−1020」の雷撃を受け損傷(機雷による損傷説もある)
1954年退役。予備役艦となる
1958年 5月除籍。同年7月スクラップとして売却される
ゼスト[Zest] (R02→F102)
1942年 7月 1日ソーニクロフト社にて起工
1943年10月14日進水
1944年 7月20日竣工
     12月〜北海にて船団護衛任務などに従事
1947年退役。予備役艦となる
1948年〜任務に復帰。雷撃訓練等に使用される
1956年〜58年フリゲート(タイプ15)改修工事を実施。艦番をF102に変更
1968年除籍。70年スクラップとして売却される
ゾディアック[Zodiac] (R54)
1942年11月 7日ソーニクロフト社にて起工
1944年 3月11日進水
     10月31日竣工
1945年 1月〜北海、北極海にて船団護衛任務などに従事
1947年退役。予備役艦となる
1955年 7月15日除籍。イスラエルへ売却、艦名を「ヤッファ」[Yaffa]と改名
1956年オーバーホール実施のうえ、イスラエルへ引き渡しされる
1972年除籍


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2013,08,24(First Up2004,02,15)