”U”型 駆逐艦

"U" Class Destroyers

英国海軍 イギリス海軍


HMS Ulster
スペックデータ
排水量:(基)1,780t ボイラー:Admiralty罐・重油専焼×2基 燃料搭載量:重油615t
全長:(全)110.53m
全幅:10.86m 主機:Parsons式ギヤードタービン×2基、2軸推進
吃水:4.88m
出力:40,000hp
武装:
45口径12cm単装砲4基、2pdr4連装ポンポン砲1基(後に40mm
ボフォース機関砲へ換装)、70口径20mm連装機関砲4基、21inch
魚雷4連装発射管2基、爆雷70個(投射機4、投下軌条1)
最大速力:36.75kt
航続距離:20ktで4,680浬
乗員定数:180名

同型艦名(8隻:艦名水色太字が嚮導艦
グレンヴィル(2代)[Grenville(2)]アルスター[Ulster]ユリシーズ[Ulysses]
アンドーンテッド[Undaunted]アンディーン(2代)[Undine(2)]ウラニア[Urania]
アーチン(2代)[Urchin(2)]アーサ[Ursa] 

”U”型駆逐艦について
 1941年6月に発令された第7次戦時緊急計画により建造された急造駆逐艦。”S”型の小改良型であるが、”T”型と同様に北極圏行動のための防寒装備は省略されている。
 ”T”型では対空兵装として40ミリボフォース機関砲が搭載されていたが、当クラスでは調達が間に合わなかったのか旧式な2ポンドポンポン砲が搭載されている(後にボフォース機関砲へ換装された)。また大部分の艦はマストが三脚楼からラティス・マスト(四角錐状の油田櫓のような形状のマスト)に変更されている。
 第二次大戦では一部の艦が地中海や太平洋方面で使用された他は、本国艦隊にて船団護衛や哨戒に使用されているため戦没艦は出していない。なお戦後フリゲートへ改修されたのは”T”型と同様の経歴であるが、簡易的なタイプ16改修に終わった”T”型と異なり、当クラスは全艦が徹底的なタイプ15改修を施されている。
 余談ではあるがアリステア・マクレーン(Alistair McLean)の小説『女王陛下のユリシーズ号(原題 HMS Ulysses)』シリーズの主人公である「ユリシーズ」は当クラスの「ユリシーズ」ではなく架空の軽巡洋艦である。

”U”型駆逐艦の歴史
グレンヴィル(2代)[Grenville(2)](嚮導艦)(R97→F197)
1941年11月 1日スワン・ハンター社にて起工
1942年10月12日進水
1943年 5月27日竣工
      10月23日イギリス海峡にて独水雷艇隊と交戦(カリュブディス海戦)
      11月〜アンツィオ上陸などを支援
1944年 3月25日アンツィオ沖にて伊魚雷艇「MAS504」を撃沈
       6月ノルマンディー上陸などを支援
1945年 1月〜太平洋艦隊へ転属。スマトラ、沖縄攻略を支援
1951年10月英仏海峡にて伊商船「アルチェオ」[Alceo]と衝突、損傷を負う
1953年〜54年フリゲート(タイプ15)改修工事を実施。艦番をF197に変更
1970年頃海軍の研究機関[ASWE:Admiralty Surface Weapons Establishment]の
試験艦として任務に従事
1974年退役
1983年 2月28日除籍。スクラップとして解体処分される
アルスター[Ulster] (R83→D83→F83)
1941年11月12日スワン・ハンター社にて起工
1942年11月 9日進水
1943年 6月30日竣工
1945年太平洋戦線へ転戦。沖縄攻略戦を支援。艦番をD83に変更
       4月 1日沖縄沖にて日特攻機の攻撃を受け損傷を負う
1953年〜55年フリゲート(タイプ15)改修工事を実施。艦番をF83に変更
1960年代後半〜ソナー要員訓練など使用される
1976年退役。係留練習船として使用される
1980年10月29日除籍。スクラップとして売却される
ユリシーズ[Ulysses] (R69→F17)
1942年 3月14日キャンメル・レイアード社にて起工
1943年 4月22日進水
      12月23日竣工
1944年〜地中海で行動。シシリー島攻略などを支援
1953年〜55年フリゲート(タイプ15)改修工事を実施。艦番をF17に変更
1956年第二次中東戦争にて作戦行動に従事(マスケティア作戦)
1963年退役
1970年 1月 1日除籍。スクラップとして売却される
アンドーンテッド[Undaunted] (R53→D25→F53)
1942年 9月 8日キャンメル・レイアード社にて起工
1943年 7月19日進水
1944年 3月 3日竣工
       6月ノルマンディ上陸作戦に参加
1945年太平洋戦線へ転戦。沖縄攻略戦を支援。艦番をD25に変更
1954年フリゲート(タイプ15)改修工事を実施。艦番をF53に変更
1974年退役
1978年11月 1日除籍。対艦ミサイルの実艦標的として使用され沈没
アンディーン(2代)[Undine(2)] (R42→F141)
1942年 3月18日ソーニクロフト社にて起工
1943年 6月 1日進水
      12月23日竣工
1944年 6月ノルマンディ上陸作戦に参加
1945年太平洋戦線へ転戦。沖縄攻略戦、日本本土攻撃を支援
1950年代フリゲート(タイプ15)改修工事を実施。艦番をF141に変更
1965年11月15日除籍。スクラップとして売却される
ウラニア[Urania] (R05→F08)
1942年 6月18日ヴィッカース・アームストロング社バーロー造船所にて起工
1943年 5月19日進水
1944年 1月18日竣工
1949年予備役となり宿泊船として使用される
1950年代フリゲート(タイプ15)改修工事を実施。艦番をF08に変更
1956年第二次中東戦争にて作戦行動に従事(マスケティア作戦)
1971年 3月 1日除籍。スクラップとして売却される
アーチン(2代)[Urchin(2)] (R99→D28→F196)
1942年 3月28日ヴィッカース・アームストロング社バーロー造船所にて起工
1943年 3月 8日進水
       9月24日竣工
1945年太平洋戦線へ転戦。沖縄攻略戦、日本本土攻撃を支援。艦番をD28に変更
1950年代フリゲート(タイプ15)改修工事を実施。艦番をF196に変更
1967年 8月 6日除籍。スクラップとして売却される
アーサ[Ursa] (R22→F200)
1942年 5月 2日ソーニクロフト社にて起工
1943年 7月22日進水
1944年 3月 1日竣工
       6月ノルマンディ上陸作戦に参加
1945年太平洋戦線へ転戦。沖縄攻略戦を支援
1953年〜54年フリゲート(タイプ15)改修工事を実施。艦番をF200に変更
1966年退役
1967年 9月23日除籍。スクラップとして売却される


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2013,08,22(First Up2004,02,14)