トライバル型 駆逐艦

"Tribal" Class Destroyers

英国海軍 他 イギリス海軍 オーストラリア海軍 カナダ海軍


HMS Afridi

HMCS Haida
スペックデータ
排水量:(基)1,870t ボイラー:Admiralty罐・重油専焼×3基 燃料搭載量:重油524t
全長:(全)114.9m
全幅:11.13m 主機:Parsons式ギヤードタービン×2基、2軸推進
吃水:3.96m
出力:44,000hp
武装:
45口径12cm連装砲4基、2pdr4連装ポンポン砲1基、12.7mm
4連装機銃2基、21inch魚雷4連装発射管1基、爆雷20個搭載
(投射機2、投下軌条1)
最大速力:36.0kt
航続距離:15ktで4,950浬
乗員定数:190名
(嚮導艦は219名)
スペックデータ(オーストラリアおよびカナダ向け艦のデータ)
排水量:(基)1,927t ボイラー:Admiralty罐・重油専焼×3基 燃料搭載量:重油505t
全長:(全)114.9m
全幅:11.13m 主機:Parson式ギヤードタービン×2基、2軸推進
吃水:3.96m
出力:44,000hp
武装:
45口径12cm連装砲3基、4inch連装高角砲1基、2pdr4連装
ポンポン砲1基、(一部艦には20mm機関砲2門搭載)、21inch
魚雷4連装発射管1基、(戦後完成したカナダ艦は主砲を4inch連
装両用砲4基とした)
最大速力:36.0kt
航続距離:15ktで4,700浬
乗員定数:240名程度

同型艦名(16隻+3隻+8隻:艦名水色太字が嚮導艦として使用された)
アフリディ[Afridi]アシャンティ[Ashanti]ベドウィン[Bedouin]
コサック(初代)[Cossack(1)]エスキモー[Eskimo]グルカ[Gurkha]
マオリ[Maori]マショナ[Mashona]マタベレ[Matabele]
モホーク[Mohawk]ヌビアン[Nubian]パンジャビ[Punjabi]
シーク[Sikh]ソマリ[Somali]ターター[Tartar]
ズールー[Zulu]  
−−−−− 以下3隻はオーストラリア海軍向け −−−−−
アルンタ[Arunta]ワラムンガ[Warramunga]バターン[Bataan]
−−−−− 以下8隻はカナダ海軍向け −−−−−
アサバスカン(初代)[Athabaskan(1)]ハイダ[Haida]ヒューロン[Huron]
イロコイス[Iroquois]アサバスカン(2代)[Athabaskan(2)]カユガ[Cayuga]
ミクマク[Micmac]ヌトカ[Nootka] 

トライバル型駆逐艦について
 これまで雷装に重点を置いた駆逐艦を建造していた英国海軍であったが、5インチ(12.7センチ)砲を搭載する日独駆逐艦を相手として考えた場合、火力不足であることは明かであった。そこで1934年から火力を強化した駆逐艦の設計を開始し、翌35年度および36年度計画で計16隻の建造を行ったのが当型である。
 主砲を連装としたため砲門数はこれまでの倍となったが、排水量をロンドン条約の制限内に抑えるため魚雷発射管は4連装1基と半減している。また対空兵装は旧式な2ポンドポンポン砲と12.7ミリ4連装機銃を搭載したが、これらは対空火器として非力だったため大戦後期になって生存艦は3番砲塔を4インチ高角砲に換装している。また英連邦のオーストラリアとカナダも当クラスの準同型艦を建造調達しており、オーストラリアが3隻、カナダが8隻(うち4隻は英国製)を建造保有している。
 第二次大戦ではオーストラリア艦やカナダ艦にほとんど喪失艦は無かったが、英海軍所属艦は姉妹艦のうち4分の3が戦没しており、その任務の過酷さが窺える。
 なお当クラスの名称である「トライバル」は『部族の』という意味で、これは艦名に英植民地などに存在する民族・部族名を付けたためこの名がある。1905年計画の旧式駆逐艦にも同じく部族名(当クラスと同艦名あり)を名付けており、こちらも「トライバル型」と呼ばれるため、区別する際は計画年などをつけて呼称(「Tribal class(1936)」 or 「Tribal class(1905)」等)することが多い。

注意!「この型は同型艦が多いため他のページとは年表の形が異なります。年月日は総て西暦表示です。」
造船所略号
 VAT = ヴィッカース・アームストロング社タイン造船所 [Vickers-Armstrong , Newcastle-upon-Tyne]
 WDB = ウィリアム・デニー&ブラザーズ社 [William Denny and Brothers]
 FSE = フェアフィールド社 [Fairfield Shipbuilding and Engineering Company]
 JIT = ソーニクロフト社 [John I. Thornycroft & Company]
 ASS = アレクザンダー・ステフェン社 [Alexander Stephen and Sons]
 SSE = スコッツ社 [Scotts Shipbuilding and Engineering Company]
 SHC = スワン・ハンター社 [Swan Hunter & Wigham Richardson]
 CID = クカトゥー工廠 [Cockatoo Dockyard](オーストラリア)
 HFS = ハリファクス造船 [Halifax Shipyard Limited](カナダ)
戦歴欄の略号
 DE = 護衛駆逐艦へ類別変更、ASW-DD = 対潜駆逐艦へ類別変更
トライバル型駆逐艦の歴史
艦番艦名造船所起工進水竣工戦歴など
L07→
F07
アフリディ
[Afridi]
VAT'36.06.09'37.06.08'38.05.03'39.01艦番をF07に変更
'40.05.03独軍機の攻撃を受け航行不能
となった仏駆「ビゾン」を砲撃・自沈処分
する。同日ノルウェー沖にて独軍機の
爆撃を受け沈没
L51→
F51→
G51
アシャンティ
[Ashanti]
WDB'36.11.23'37.11.05'38.12.21'39.01艦番をF51に変更
'40年艦番をG51に変更
'43.12.26北岬沖海戦に参加
'47年予備役となり訓練標的として使用
'48.04.12除籍、後にスクラップ
L67→
F67
ベドウィン
[Bedouin]
WDB'37.01.01'37.12.21'39.03.15'39年艦番をF67に変更
'42.06.15パンテレリア沖海戦にて伊軽巡
「ディ・サヴォイア」の砲撃を受け大破後、
伊軍機の雷撃を受け沈没
L03→
F03→
G03
コサック(初代)
[Cossack(1)]
VAT'36.07.09'37.06.08'38.06.07'39年艦番をF03に変更
'40年艦番をG03に変更
'40 02,16ノルウェー沖にて独補給船「ア
ルトマルク」に乗り込み、捕虜となって
いた英船員を解放(アルトマルク号事件)
'41.10.27ジブラルタル海峡にて独潜水艦
「U−563」の雷撃を受け沈没
L75→
F75→
G75
エスキモー
[Eskimo]
VAT'36.08.05'37.09.03'38.12.30'39年艦番をF75に変更
'40.04.13第二次ナルヴィク海戦に参加。
追撃中に触雷し艦首部を大破
'40年艦番をG75に変更
'44.06.24イギリス海峡にて独潜「U−97
1」
を撃沈(他艦と共同)
'49.06.27除籍
L20→
F20
グルカ
[Gurkha]
FSE'36.07.06'37.07.07'38.10.21'39年艦番をF20に変更
'40.02.23北海にて独潜「U−53」を撃沈
'40.04.09ノルウェー沖にて独軍機の
爆撃を受け沈没
L24→
F24→
G24
マオリ
[Maori]
FSE'36.07.06'37.09.02'39.01.02'39年艦番をF24に変更
'40年艦番をG24に変更
'42.02.12マルタ島にて独軍機の爆撃
を受け沈没
'45.07浮揚後、沖合にて海没処分
L59→
F59→
G59
マショナ
[Mashona]
VAT'36.08.05'37.09.03'39.03.28'39年艦番をF59に変更
'40年艦番をG59に変更
'41.05.28アイルランド西方にて独軍機の
爆撃を受け沈没
F26→
G26
マタベレ
[Matabele]
SSE'36.10.01'37.10.06'39.01.25'40年艦番をG26に変更
'42.01.17ムルマンスク沖にて独潜水艦
「U−454」の雷撃を受け沈没
L31→
F31→
G31
モホーク
[Mohawk]
JIT'36.07.16'37.10.15'38.09.07'39.01艦番をF31に変更
'40年艦番をG31に変更
'41.04.16ケルケナ諸島沖にて伊駆逐艦
「タリゴ」の雷撃を受け沈没
L36→
F36→
G36
ヌビアン
[Nubian]
JIT'36.08.10'37.12.21'38.12.06'39.01艦番をF36に変更
'40年艦番をG36に変更
'41.03.27マタパン岬沖海戦に参加
'41.03.29航行不能となっていた伊重巡
「ポーラ」を雷撃。'41.05.26クレタ島近海
にて独軍機の攻撃を受け損傷を負う
'43.05.04伊水雷艇「ペルセオ」を撃沈
(他艦と共同)、'49.06.11除籍解体
F21→
G21
パンジャビ
[Punjabi]
SSE'36.10.01'37.12.18'39.03.29'40年艦番をG21に変更
'42.05.01アイスランド東方にて戦艦
「キング・ジョージV世」と衝突沈没
L82→
F82→
G82
シーク
[Sikh]
ASS'36.09.24'37.12.17'38.10.12'39.01艦番をF82に変更
'40年艦番をG82に変更
'41.12.13ボン岬沖海戦に参加
'42.08.04地中海にて独潜「U−372」
を撃沈(他艦と共同)
'42.09.14トブルク沖にて独海岸砲台の
砲撃を受け沈没
L33→
F33→
G33
ソマリ
[Somali]
SHC'36.08.26'37.08.24'38.12.12'39.01艦番をF33に変更
'40年艦番をG33に変更
'42.09.24アイスランド沖にて独潜水艦
「U−703」の雷撃を受け沈没
F43→
G43
ターター
[Tartar]
SHC'36.08.26'37.10.21'39.03.10'40年艦番をG43に変更
'45.09.02降伏調印のため東京湾に
入港。'48.01.06除籍
L18→
F18→
G18
ズールー
[Zulu]
ASS'36.08.10'37.09.23'38.09.07'39.01艦番をF18に変更
'40年艦番をG18に変更
'42.08.04地中海にて独潜「U−372」
を撃沈(他艦と共同)
'42.09.14アレキサンドリア沖にて
伊軍機の爆撃を受け沈没
I30→
D130
アルンタ
[Arunta]
CID'39.11.15'40.11.30'42.11.30'42.08.29ポートモレスビー近海にて
日潜「ロ−33」を撃沈
'45.01.05オマニー湾にて日特攻機
の攻撃を受け損傷
'49年DE、'52年艦番をD130に変更
'56.06.14除籍、保管船となる、'68年
スクラップとして台湾企業に売却
'69.02.13台湾に向け曳航中、ブ
ロークン湾にて転覆沈没
I44→
D123
ワラムンガ
[Warramunga]
CID'40.02.10'42.02.06'42.11.23'45.09.02降伏調印のため東京湾に
入港。'52年艦番をD123に変更
'54年ASW-DD、'59.12.07除籍、保
管船となる。'63年スクラップとして
日本企業に売却
D9→
I91→
D191
バターン
[Bataan]
CID'42.02.18'44.01.15'45.05.25計画艦名「クルナイ」[Kurnai]
'44年艦名を「バターン」と変更、艦
番をI91に変更
'52年艦番をD191に変更
'54.10.18除籍、保管船となる
'58年スクラップとして売却
G07アサバスカン(初代)
[Athabaskan(1)]
VAT'40.10.31'41.11.18'43.02.03'44.04.29ブリタニー沖にて独水雷艇
「T24」の雷撃を受け沈没
G63ハイダ
[Haida]
VAT'41.09.29'42.08.25'43.09.18'43.12.26北岬沖海戦に参加
'44.04.29イギリス海峡にて独水雷艇
「T27」と交戦、大破させる
'44.06.24イギリス海峡にて独潜「U−
971」を撃沈(他艦と共同)
'44.08.21セット島(仏)沖にて独水雷
「T29」を撃沈(他艦と共同)
'52年DE、'63.10.11退役
'65年記念艦として公開開始、'84年
国定史跡に認定、現在もオンタリオ
州で公開中
G24ヒューロン
[Huron]
VAT'41.07.15'42.06.25'43.07.28'43.12.26北岬沖海戦に参加
'51年DE、'63.04.30退役、
'65年スクラップ
G89イロコイス
[Iroquois]
VAT'40.09.09'41.09.23'42.12.10'43.12.26北岬沖海戦に参加
'49年DE、'52.02.10朝鮮半島沿岸で
北朝鮮軍沿岸砲台の砲撃を受け
損傷を負う。'62.10.24退役
'66年スクラップ
R79アサバスカン(2代)
[Athabaskan(2)]
HFS'44.05.15'46.05.04'48.02.20'49.02.26待遇改善を求め水兵が
ストライキを起こす
'54年DE、'66.04.21退役
'69年スクラップ
R04カユガ
[Cayuga]
HFS'43.10.07'45.07.28'47.10.20'52年DE、'64.02.27退役
'65年スクラップ
R10ミクマク
[Micmac]
HFS'42.05.20'43.09.18'45.09.14'47.07.16商船「ヤーマス・カウンティ」
と衝突、損傷。'53年DE
'64.03.31退役。'65年スクラップ
R96ヌトカ
[Nootka]
HFS'42.05.20'44.04.26'46.08.07'50年DE、'64.02.06退役
'65年スクラップ


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2013,08,10(First Up2004,02,05)