”O”型駆逐艦

"O" Class Destroyers

英国海軍 他 イギリス海軍 パキスタン海軍 トルコ海軍


HMS Oribi

HMS Orwell
スペックデータ(【 】内は10.2cm砲搭載艦のもの)
排水量:(基)1,610t
       【1,540t】
ボイラー:Admiralty罐・重油専焼×2基 燃料搭載量:重油484t
全長:(全)105.16m
全幅:10.67m 主機:Parsons式ギヤードタービン×2基、2軸推進
吃水:4.57m
出力:40,000hp
武装:
45口径12cm単装砲4基、2pdr4連装ポンポン砲1基、20mm単装機関砲4〜
6基、21inch魚雷4連装発射管2基、爆雷42個搭載(投射機4、投下軌条2)
【Obdurate、Obedient、Opportune、Orwellは主砲を45口径10.2cm単装高角
砲4基、ポンポン砲は4連装2基、爆雷30個(投射機2、軌条1)、機雷60個】
最大速力:36.75kt
航続距離:20ktで2,800浬
乗員定数:175名

同型艦名(8隻:艦名水色太字が嚮導艦
オブデュレート[Obdurate]オゥビーディエント[Obedient]オファ[Offa]
オンスロート[Onslaught]オンズロー[Onslow]オパチューン[Opportune]
オリビ[Oribi]オーウェル[Orwell] 

”O”型駆逐艦について
 第二次大戦が勃発する直前に旧式化した艦隊駆逐艦の更新用として戦時緊急計画で建造された駆逐艦。開戦が近いと考えられる欧州情勢から戦時急造モデルとされ、船体設計は”J”型を踏襲し、兵装も”型と同程度のものに妥協されている。
 半数の艦(4隻)は防空駆逐艦として主砲を10.2センチ高角砲に変更されているが、これらの艦は建造途中で機雷60個を搭載する高速敷設艦兼用に修正され竣工している。また「オンズロー」と「オンスロート」は主砲を10.2センチ単装高角砲5基(かわりに魚雷発射管は1基減)に換装して防空駆逐艦となっている。
 第二次大戦では全艦とも本国艦隊で使用され船団護衛などに従事しており、大破損傷した艦はあるが戦没した艦は無かった。

”O”型駆逐艦の歴史
オブデュレート[Obdurate] (G39)
1940年 4月25日ウィリアム・デニー&ブラザーズ社にて起工
 防空駆逐艦への改修は中止され、高速敷設艦兼用として完成することになる
1942年 2月19日進水
      9月30日竣工
     12月31日船団護衛中に独艦隊と遭遇、交戦(バレンツ海海戦)
独装甲艦「リュッツオウ」の砲撃を受け大破
1944年 1月25日独潜水艦「U−360」の雷撃を受け大破
1946年〜水雷練習艦として使用される
1948年 2月退役。予備役船となる
1964年11月30日除籍。翌年スクラップとして解体処分される
オゥビーディエント[Obedient] (G48)
1940年 5月22日ウィリアム・デニー&ブラザーズ社にて起工
 防空駆逐艦への改修は中止され、高速敷設艦兼用として完成することになる
1942年 4月30日進水
     10月 3日竣工
     12月31日船団護衛中に独艦隊と遭遇、交戦(バレンツ海海戦)
独重巡「アドミラル・ヒッパー」の砲撃を受け損傷
1944年 4月〜独戦艦「ティルピッツ」攻撃に艦隊直衛として参加
      6月〜ノルマンディ上陸作戦に参加
1962年10月19日除籍。スクラップとして解体処分される
オファ[Offa] (G29)
1940年 7月 1日フェアフィールド造船にて起工
1941年 3月31日進水
     10月 8日竣工
1943年 7月〜シチリア上陸、サレルノ上陸などを支援
1944年 6月〜ノルマンディ上陸作戦に参加
1946年〜水雷練習艦(標的艦)に使用される
1949年11月 3日除籍。パキスタンに貸与され、艦名を「タリク」[Tariq]と改名
1959年 7月10日英国へ返還され、同年10月スクラップとして解体処分される
オンスロート[Onslaught] (G04)
1941年 1月14日フェアフィールド造船にて「パスファインダー」の名で起工
 艦名を「オンスロート」に改名
     10月 9日進水
1942年 6月19日竣工
1943年12月26日北岬沖海戦に参加
1944年 3月 4日バレンツ海にて独潜「U−472」を撃沈(他艦・航空機と共同)
1951年 3月 6日除籍。パキスタンに売却され、艦名を「ツグィリ」[Tughril]と改名
1970年代後半除籍。武装撤去後、海軍大学の練習船となる
オンズロー[Onslow](嚮導艦)(G17)
1940年 1月15日ジョン・ブラウン社にて「ペケナム」の名で起工
 艦名を「オンズロー」に改名
1941年 3月11日進水
      9月20日竣工
1942年 9月14日スピッツベルゲン島南西沖にて独潜「U−589」を撃沈(航空機と共同)
1943年12月26日北岬沖海戦に参加
1949年 9月30日除籍。パキスタンに売却され、艦名を「チップ・サルタン」[Tippu Sultan]と改名
1979年頃除籍
オパチューン[Opportune] (G80)
1940年 3月28日ソーニクロフト社にて起工
 防空駆逐艦への改修は中止され、高速敷設艦兼用として完成することになる
1942年 1月21日進水
      8月14日竣工
1943年 5月12日北大西洋にて独潜水艦「U−456」を撃沈(航空機と共同)
     12月26日北岬沖海戦に参加
1944年 6月〜ノルマンディ上陸作戦に参加
1950年退役。予備役艦となる
1955年11月25日除籍。スクラップとして解体処分される
オリビ[Oribi] (G66)
1940年 1月15日フェアフィールド造船にて起工
1941年 1月14日進水
      7月15日竣工
1943年 5月 6日ニューファンドランド沖にて独潜水艦「U−125」と交戦
体当たりにてこれを撃沈する(他艦と共同)
1944年 6月〜ノルマンディ上陸作戦に参加
1946年 1月 1日除籍。同年6月トルコに売却、艦名を「ゲイレット」[Gayret]と改名
1965年頃除籍
オーウェル[Orwell] (G98)
1940年 5月16日ソーニクロフト社にて起工
 防空駆逐艦への改修は中止され、高速敷設艦兼用として完成することになる
1942年 4月 2日進水
     10月17日竣工
1943年12月26日北岬沖海戦に参加
1952年防空駆逐艦(タイプ16)への改修工事を実施
1965年 6月28日除籍。スクラップとして解体処分される


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2013,08,16(First Up2004,02,08)