”J”型 駆逐艦

"J" Class Destroyers

英国海軍 イギリス海軍


HMS Javelin
スペックデータ(【 】内はJervisの数値)
排水量:(基)1,690t
     【(基)1,695t】
ボイラー:Admiralty罐・重油専焼×2基 燃料搭載量:重油484t
全長:(全)108.64m
全幅:10.86m 主機:Parsons式ギヤードタービン×2基、2軸推進
吃水:2.74m(平均値)
出力:40,000hp
武装:
45口径12cm連装砲3基、2pdr4連装ポンポン砲1基、62口径
12.7mm4連装機銃2基、21inch魚雷5連装発射管2基、爆雷
20個搭載(投射機2、投下軌条1)
最大速力:36.0kt
航続距離:15ktで4,780浬
乗員定数:183名【218名】

同型艦名(8隻+キャンセル1隻:艦名水色太字が嚮導艦
ジャーヴィス[Jervis]ジャッカル[Jackal]ジャガー[Jaguar]
ジャヌス[Janus]ジャヴェリン[Javelin]ジャージー[Jersey]
ジュノー[Juno]ジュピター[Jupiter]ジュビラント[Jubilant]

”J”型駆逐艦について
 1936年度計画で建造された駆逐艦。このクラスは翌37年度計画の”K”型、39年度計画の”N”型もほぼ同型であるため、全部を一まとめにして「ジャヴェリン」型と呼称される場合もある。計画当初はこれまでのクラスのように嚮導艦を含み9隻の建造が計画されていたが、建造開始前に1隻がキャンセルされ、これ以降建造される駆逐艦は8隻が1グループとなっている。
 35年度から建造を開始した「トライバル」型が大型となった点を反省し排水量を抑えるよう計画されたが、雷装の強化が求められたため苦肉の策として5連装発射管の採用や罐容量の大型化による罐数削減が行われている。罐数が減少したため煙突も1本となり上部構造配置に余裕ができたので船体を短くできた点も排水量軽減に役立っている(ただし小型化により内部構造が複雑化しており建造費用は高価になってしまった)。
 第二次大戦直前に竣工した当クラスは最新鋭駆逐艦として開戦直後から戦線に投入されたが、大戦初期の戦訓により対空火力が不足していることが判明したため、複数の艦が大戦中に魚雷発射管を減じ7.6センチ単装高角砲を搭載する改良工事を受けている。
 当クラスも8隻中6隻が戦没しており、第二次大戦における英駆逐艦の死闘が窺える。

”J”型駆逐艦の歴史
ジャーヴィス[Jervis](嚮導艦)(F00→G00)
1937年 8月26日ホーソン・レスリー社にて起工
1938年 9月 9日進水
1939年 8月 5日竣工
1940年半ば艦番号をG00に変更
1941年 3月27日マタパン岬沖海戦に参加
      4月16日ケルケナ諸島沖で伊駆逐艦と交戦
1942年12月 2日ケルケナ諸島近海にて伊水雷艇「ルーポ」を撃沈(他艦と共同)
1943年 6月 2日カラブリア沖にて伊水雷艇「カストーレ」を撃沈(他艦と共同)
1949年 1月 3日除籍。スクラップとして解体処分される
ジャッカル[Jackal] (F22)
1937年 9月24日ジョン・ブラウン社にて起工
1938年10月25日進水
1939年 4月13日竣工
1941年12月 1日アレキサンドリア沖にて伊軍機の雷撃を受け損傷を負う(修理完了は翌年4月)
1942年 5月12日アレキサンドリアへの輸送船団護衛中、エジプト沖にて独軍機の爆撃を受け航行
不能となり、英駆「ジャーヴィス」の雷撃により自沈処分
ジャガー[Jaguar] (F34)
1937年11月 1日ウィリアム・デニー&ブラザーズ社にて起工
1938年11月22日進水
1939年 9月12日竣工
1941年 3月27日マタパン岬沖海戦に参加
1942年 3月26日トブルクへの船団護衛中、シディ・バラニ沖にて独潜「U−652」の雷撃を受け沈没
ジャヌス[Janus] (F53)
1937年 9月29日スワン・ハンター社にて起工
1938年11月10日進水
1939年 8月 5日竣工
1940年 7月 9日カラブリア岬沖海戦に参加
1941年 3月27日マタパン岬沖海戦に参加
      4月16日ケルケナ諸島沖で伊駆逐艦と交戦
1942年12月 2日ケルケナ諸島近海にて伊水雷艇「ルーポ」を撃沈(他艦と共同)
1944年 1月23日アンツィオ上陸作戦を支援中、アンツィオ沖にて独軍機の攻撃を受け沈没
ジャヴェリン[Javelin] (F61)
1937年10月11日ジョン・ブラウン社にて「カシミール」[Kashmir]の名で起工
1938年12月21日進水
 艦名を「ジャヴェリン」に改名
1939年 6月10日竣工
1940年11月プリマス沖にて独駆逐艦隊と交戦。砲雷撃を受け大破(修理に約1年かかった)
1942年12月 2日ケルケナ諸島近海にて伊水雷艇「ルーポ」を撃沈(他艦と共同)
1945年10月17日ロードス島停泊中に水兵の反乱がおきる
1949年 6月17日除籍。同年11月スクラップとして解体処分される
ジャージー[Jersey] (F72)
1937年 9月28日J・S・ホワイト社にて起工
1938年 9月26日進水
1939年 4月28日竣工
      9月23日北海にて哨戒任務中に英駆「ジャヴェリン」と衝突、損傷を負う
     12月 7日クロマー沖にて独駆逐艦隊と交戦、大破(修理に約10ヶ月かかった)
1941年 5月 2日マルタ島にて触雷、沈没
ジュノー[Juno] (F46)
1937年10月 5日フェアフィールド造船にて「ジャマイカ」[Jamaica]の名で起工
1938年12月 8日進水
 艦名を「ジュノー」に改名
1939年 8月24日竣工
1941年 5月21日クレタ島沖にて伊軍機の爆撃を受け沈没
ジュピター[Jupiter] (F85)
1937年 9月20日ヤーロー社にて起工
1938年10月27日進水
1939年 6月16日竣工
1942年 1月17日スンダ海峡南方にて日潜「イ−60」と交戦、これを撃沈する
      2月27日スラバヤ沖海戦に参加
同日夜、日本軍上陸船団襲撃のため航行中に味方(蘭)が敷設した機雷に触雷、沈没
ジュビラント[Jubilant]
1937年12月建造計画キャンセルとなる


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2013,08,11(First Up2004,02,07)