”E”型 駆逐艦

"E" Class Destroyers

英国海軍 他 イギリス海軍 カナダ海軍 ギリシア海軍


HMS Exmouth

HMS Electra
スペックデータ(【 】内はExmouthの数値)
排水量:(基)1,350t
     【(基)1,475t】
ボイラー:Admiralty罐・重油専焼×3基 燃料搭載量:重油470t
      【重油480t】
全長:(全)100.28m
   【(全)104.55m】
全幅:10.12m【10.25m】 主機:Parsons式ギヤードタービン×2基、2軸推進
吃水:2.57m【2.63m】
    (どちらも平均値)
出力:36,000hp
   【38,000hp】
武装:
45口径12cm単装砲4基【同5基】、62口径12.7mm4連装機銃2基、
21inch魚雷4連装発射管2基、爆雷20個搭載(投射機2、投下軌条1)、
(大戦中に複数の艦が主砲を減じ7.6cm単装高角砲1基や20mmエリコン
機関砲などを搭載している)
最大速力:36.0kt
     【36.75kt】
航続距離:15ktで5,400浬
乗員定数:145名【175名】

同型艦名(9隻:艦名水色太字が嚮導艦
エクスマス[Exmouth]エコー[Echo]エクリプス[Eclipse]
エレクトラ[Electra]エンカウンター[Encounter]エスカペイド[Escapade]
エスコート[Escort]エスク[Esk]エクスプレス[Express]

”E”型駆逐艦について
 1931年度計画で建造された駆逐艦。前年度計画の ”D”型と差異は少ないが、対空兵装 は全艦とも12.7ミリ機銃が搭載されている。当クラスから同時建造される嚮導艦は船体を若干延長して 主砲塔を1基増やし、他の艦隊駆逐艦と比べて、指揮能力だけでなく火力も強化されるようになった。
 姉妹艦のうち2隻(「エスク」と「エクスプレス」)には竣工時から機雷敷設用の軌条が装備されており、 60個の機雷を搭載して高速敷設艦としても任務をこなせるようになっていた。
 第二次大戦途中でカナダ海軍に譲渡された「エクスプレス」とギリシア海軍に譲渡された「エコー」、 それに「エスカペイド」の3隻が終戦まで生き残ったが、残りの艦は戦没している。

”E”型駆逐艦の歴史
エクスマス[Exmouth](嚮導艦)(H02)
1933年 5月16日ポーツマス工廠にて起工
1934年 2月 7日進水
     10月31日竣工。本国艦隊や地中海艦隊に所属
1939年 9月〜第二次大戦に参加。護衛任務や哨戒任務などに従事
1940年 1月21日モレー湾にて独潜水艦「U−22」の雷撃を受け沈没
エコー[Echo] (H23)
1933年 3月20日ウィリアム・デニー&ブラザーズ社にて起工
1934年 2月16日進水
1935年10月25日竣工
1939年 9月〜第二次大戦に参加。護衛任務などに従事
1943年 7月13日シチリア島沿岸にて伊潜「ネレイデ」を撃沈(他艦と共同)
      9月17日スタンパリア沖にて独駆潜艇「Uj−2104」と交戦。「Uj−2104」は座礁
1944年 4月 5日ギリシア海軍へ譲渡。艦名を「ナヴァリノン」[Navarinon]と改名
1956年 3月 8日英国へ返還され、同年4月スクラップとして解体処分される
エクリプス[Eclipse] (H08)
1933年 3月22日ウィリアム・デニー&ブラザーズ社にて起工
1934年 4月12日進水
1935年11月29日竣工
1939年 9月〜第二次大戦に参加。護衛任務などに従事
1943年 7月23日シシリー島南方にて伊潜「アシアンギ」を撃沈(他艦と共同)
      9月23日ロードス島沖にて独水雷艇「TA.10」と交戦、大破させる
     10月24日カリムノス島東方にて触雷、沈没
エレクトラ[Electra] (H27)
1933年 3月15日ホーソン・レスリー社にて起工
1934年 2月15日進水
      9月15日竣工。本国艦隊や地中海艦隊に所属
1939年 9月〜第二次大戦に参加。護衛任務などに従事
1940年 4月〜ノルウェー方面で作戦に従事
1941年 5月22日〜独戦艦「ビスマルク」追撃に参加
     11月〜東洋艦隊へ転属
     12月10日マレー沖海戦に参加
1942年 2月27日スラバヤ沖海戦に参加。日本艦隊の砲雷撃を受け沈没
エンカウンター[Encounter] (H10)
1933年 3月15日ホーソン・レスリー社にて起工
1934年 3月29日進水
     11月 2日竣工
1939年 9月〜第二次大戦に参加。護衛任務などに従事
1941年11月〜東洋艦隊へ転属
1942年 2月27日〜スラバヤ沖海戦に参加。翌日スラバヤへ帰還する
      3月 1日重巡「エクゼター」と共にセイロンへ向けて出港するが日本艦隊に捕捉追撃され沈没
エスカペイド[Escapade] (H17)
1933年 3月30日スコッツ社にて起工
1934年 1月30日進水
      8月30日竣工
1939年 9月〜第二次大戦に参加。船団護衛任務などに従事
1946年 1月 1日除籍。翌年2月スクラップとして解体処分される
エスコート[Escort] (H65)
1933年 3月30日スコッツ社にて起工
1934年 3月29日進水
     11月 6日竣工。地中海艦隊などに所属
1939年 9月〜第二次大戦に参加。護衛任務などに従事
1940年 7月 3日メルセルケビール海戦に参加
      7月11日ジブラルタル東方にて伊潜水艦「マルコーニ」の雷撃を受け沈没
エスク[Esk] (H15)
1933年 3月23日スワン・ハンター社にて起工
1934年 3月19日進水
      9月26日竣工。地中海艦隊や本国艦隊に所属
1939年 9月〜第二次大戦に参加。護衛任務や機雷敷設などに従事
1940年 4月 9日ナルヴィク沖海戦に参加
      9月 1日オランダ沖にて触雷、沈没
エクスプレス[Express] (H61)
1933年 3月23日スワン・ハンター社にて起工
1934年 5月29日進水
     10月31日竣工
1939年 9月〜第二次大戦に参加。護衛任務などに従事
1940年 5月ダンケルク撤退を支援
1941年11月〜東洋艦隊へ転属
     12月10日マレー沖海戦に参加
1942年末本国艦隊へ転属
1943年 6月 3日カナダ海軍へ譲渡。艦名を「ガティノー」[Gatineau]と改名
1946年 1月10日除籍。56年スクラップとして解体処分されるが船体の一部は港湾ハルクとして現存


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2013,08,03(First Up2004,01,29)