”Co”型 駆逐艦

"Co" Class Destroyers

英国海軍 イギリス海軍


HMS Comus
スペックデータ
排水量:(基)1,710t ボイラー:Admiralty罐・重油専焼×2基 燃料搭載量:重油615t
全長:(全)110.53m
全幅:10.86m 主機:Parsons式ギヤードタービン×2基、2軸推進
吃水:5.18m
出力:40,000hp
武装:
45口径11.4cm単装砲4基、56口径40mm連装機関砲2機、70口径
20mm単装機関砲2基、21inch魚雷4連装発射管1基、爆雷48個(投射
機2、投下軌条2) ※一部艦は大戦中に対空兵装強化として2pdr単装ポン
ポン砲1〜2基を追加搭載している
最大速力:36.75kt
航続距離:20ktで4,680浬
乗員定数:186名
  (嚮導艦は222名)

同型艦名(8隻:艦名水色太字が嚮導艦
カケイド[Cockade]コミット[Comet]コーモス[Comus]
コンコード[Concord]コンソート[Consort]コンスタンス[Constance]
コンテスト[Contest]コサック(2代)[Cossack(2)] 

”Co”型駆逐艦について
 ”Ch”型に続く第13次戦時緊急計画で建造された急造駆逐艦。ほぼ”Ch”型と変化のない設計で、全艦とも竣工は戦後となっている。
 当クラスの艦は外国へ譲渡・売却されたものは無く、またフリゲートなどにも改修されず(一部艦艇は対潜装備の更新を実施しているが)1950年代末から60年代初頭にかけて順次退役している。

”Co”型駆逐艦の歴史
カケイド[Cockade] (R34)
1943年 3月11日ヤーロー社にて起工
1944年 3月 7日進水
1945年 9月29日竣工
1950年代初頭国連軍に所属し朝鮮戦争に参加
1964年 1月 1日除籍。同年7月スクラップとして売却される
コミット[Comet] (R26)
1943年 6月14日ヤーロー社にて起工
1944年 6月22日進水
1945年 6月 6日竣工
1953年退役。予備役艦となる
1962年10月23日除籍。スクラップとして解体処分される
コーモス[Comus] (R43)
1943年 8月21日ソーニクロフト社にて起工
1945年 3月14日進水
1946年 7月 8日竣工
1950年代初頭国連軍に所属し朝鮮戦争に参加
1958年11月12日除籍。スクラップとして解体処分される
コンコード[Concord] (R63→D03)
1943年11月18日ソーニクロフト社にて起工。当初艦名「コルソ」[Corso]
1945年 5月14日進水。艦名を「コンコード」に改名
1946年12月20日竣工
1950年頃艦番をD03に変更
1962年10月22日除籍。スクラップとして解体処分される
コンソート[Consort] (R76)
1943年 5月26日アレクザンダー・ステフェン社にて起工
1944年10月19日進水
1946年 3月19日竣工
1961年 3月15日除籍。スクラップとして解体処分される
コンスタンス[Constance](嚮導艦)(R71)
1943年 3月18日ヴィッカース・アームストロング社タイン造船所にて起工
1944年 8月22日進水
1945年12月31日竣工
1950年代初頭国連軍に所属し朝鮮戦争に参加
1955年退役
1956年 3月 8日除籍。スクラップとして解体処分される
コンテスト[Contest] (R12)
1943年11月 1日J・S・ホワイト社にて起工
1944年12月16日進水
1945年11月 9日竣工
1960年 2月 2日除籍。スクラップとして解体処分される
コサック(2代)[Cossack(2)](嚮導艦)(R57)
1943年 3月18日ヴィッカース・アームストロング社タイン造船所にて起工
1944年 5月10日進水
1945年 9月 4日竣工
1950年代初頭国連軍に所属し朝鮮戦争に参加
1961年 3月 1日除籍。スクラップとして解体処分される


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2013,08,31(First Up2004,02,19)