後期”バトル”型 駆逐艦

(Later)"Battle" Class Destroyers

英国海軍 他 イギリス海軍 オーストラリア海軍


HMS Agincout

HMS Aisne
スペックデータ(【 】内は濠州建造艦の数値)
排水量:(基)2,550t
    【(基)2,375t】
ボイラー:Admiralty罐・重油専焼×2基 燃料搭載量:重油767t
全長:(全)115.52m
全幅:12.32m 主機:Parsons式ギヤードタービン×2基、2軸推進
吃水:5.31m
出力:50,000hp
武装:
45口径11.4cm連装両用砲2基、11.4cm単装砲1基、56口径40mm
連装機関砲3基、同単装機関砲2〜5基、21inch魚雷5連装発射管2基、爆雷
60個(投射機4、投下軌条2)【濠州艦は11.4cm単装高角砲を搭載せず、
魚雷発射管は4連装2基、爆雷の替わりにスキッド対潜迫撃砲1基搭載】
最大速力:35.75kt
航続距離:20ktで3,820浬
乗員定数:281名
(嚮導艦は306名)
      【290名】

同型艦名(8隻+オーストラリア向け2隻+キャンセル26隻:艦名水色太字が嚮導艦
エジンコート[Agincourt]アイシン[Aisne]アラメイン[Alamein]
バロッサ[Barrosa]コラナ[Corunna]ダンケルク[Dunkirk]
マルプラケット[Malplaquet]マタパン[Matapan] 
アンザック[Anzac]トブルク[Tobruk] 
アルベラ[Albuera]ベル・アイル[Belle Isle]ジュットランド[Jutland]
モンス[Mons]ナムール[Namur]ナヴァリノ[Navarino]
オムドゥマン[Omdurman]アウデナーデ[Oudenarde]ポワティエ[Poictiers]
リヴァー・プラット[River Platte]サン・ドミンゴ[San Domingo]ソンム[Somme]
セント・ルシア[St.Lucia]タラヴェラ[Taravera]トリンコマリー[Trincomalee]
ヴィミエラ[Vimiera]ワーテルロー[Waterloo]イープル[Ypres]
他未命名艦8隻(下記年表にデータ掲載なし)

後期”バトル”型駆逐艦について
 1942年度に計画された16隻の”バトル”型(IおよびII型)に続いて、1943年度で計画された艦隊防空駆逐艦。
 1942年度計画艦と区別するために通常は後期”バトル”型[Later Battle]と呼ばれるが、資料によっては1943年型[1943 Battle]や”バトル”型第2グループ(資料によっては第3グループとしている物もある)などと記載している場合もある。
 大戦中ということで34隻もの建造が計画されたが、建造着手するころには戦争の大勢が見えてきていたため、大半の艦は建造中止や計画キャンセルとなり、竣工したのは8隻のみでこれらの艦も終戦後に就役となったので大戦に参加することは無かった。
 基本的に1942年度計画艦と同じ設計であるが、艦後部に搭載していた単装高角砲を11.4センチ単装砲に、魚雷発射管も5連装のものに変更するなど対水上攻撃力を強化されている。一部艦艇は1950年代にレーダーを強化し、対空ミサイルを搭載するレーダー哨戒艦[Aircraft Direction Ship]に改修されるなどして、1970年代まで使用された。
 なおオーストラリア海軍も同クラスの設計を流用して2隻を自国内建造しているが、この艦には単装砲は搭載されておらず、魚雷発射管も4連装のものであった。

後期”バトル”型駆逐艦の歴史
エジンコート[Agincourt](嚮導艦)(I06→D86)
1943年12月12日ホーソン・レスリー社にて起工
1945年 1月29日進水
1947年 6月25日竣工
 本国艦隊や地中海艦隊などに所属
1959年レーダー哨戒艦に改修開始。類別変更され、艦番をD86に変更
1962年改修が完了し艦隊に復帰
1966年退役。予備役艦となる
1972年除籍。74年スクラップとして解体処分される
アイシン[Aisne] (I22→D22)
1943年 8月26日ヴィッカース・アームストロング社タイン造船所にて起工
1945年 5月12日進水
1947年 3月20日竣工
 本国艦隊や地中海艦隊などに所属
1959年レーダー哨戒艦に改修開始。類別変更され、艦番をD22に変更
1962年改修が完了し艦隊に復帰
1967年退役。予備役艦となる
1968年除籍。70年スクラップとして解体処分される
アラメイン[Alamein](嚮導艦)(I17)
1944年 3月 1日ホーソン・レスリー社にて起工
1945年 5月28日進水
1948年 5月21日竣工
 本国艦隊や地中海艦隊などに所属
1958年11月 5日船内で火災を起こし大破
1959年退役。予備役艦となる
1964年12月 1日除籍。スクラップとして解体処分される
バロッサ[Barrosa] (I68→D68)
1943年12月28日ジョン・ブラウン社にて起工
1945年 1月17日進水
1947年 2月14日竣工
 本国艦隊などに所属
1959年 3月15日ビスケー湾にて英駆「コラナ」と衝突、損傷を負う
1959年後半修理をかねてレーダー哨戒艦に改修開始。類別変更され、艦番をD68に変更
1962年改修が完了し艦隊に復帰
1968年退役。予備役艦となる
1978年12月 1日除籍。スクラップとして解体処分される
コラナ[Corunna](嚮導艦)(I97→D97)
1944年 4月12日スワン・ハンター社にて起工
1945年 5月29日進水
1947年 6月 6日竣工
 本国艦隊や地中海艦隊などに所属
1959年 3月15日ビスケー湾にて英駆「バロッサ」と衝突、損傷を負う
1959年後半修理をかねてレーダー哨戒艦に改修開始。類別変更され、艦番をD97に変更
1962年改修が完了し艦隊に復帰
1967年退役。予備役艦となる
1972年除籍。75年スクラップとして解体処分される
ダンケルク[Dunkirk] (I09→D09)
1944年 7月19日アレクザンダー・ステフェン社にて起工
1945年 8月27日進水
1946年11月27日竣工
 本国艦隊や地中海艦隊などに所属。50年代に艦番をD09に変更
1958年マルタ島沖にて英駆「ジュットランド」と衝突、損傷を負う
1963年退役。予備役艦となる
1965年11月22日除籍。スクラップとして解体処分される
マルプラケット[Malplaquet] (ジュットランド[Jutland])(嚮導艦)(I62→D62)
1944年11月27日アレクザンダー・ステフェン社にて「マルプラケット」の名で起工
1946年 2月20日進水
1947年 4月30日竣工。艦名を「ジュットランド」に改名
 本国艦隊や地中海艦隊などに所属。50年代に艦番をD62に変更
1958年マルタ島沖にて英駆「ダンケルク」と衝突、損傷を負う
1963年退役。予備役艦となる
1965年 5月14日除籍。スクラップとして解体処分される
マタパン[Matapan] (I43)
1944年 3月11日ジョン・ブラウン社にて起工
1945年 4月30日進水
1947年 9月 5日竣工するが艦隊編入されず、そのまま予備役艦となる
1970年〜武装を撤去し、ソナー試験艦への改造を実施
1973年〜ポートランドにて水中兵器の試験艦として使用される
1978年退役
1979年 8月11日除籍。スクラップとして解体処分される
アンザック[Anzac] (D59)(オーストラリア艦)
1946年 9月23日ウィリアムズタウン工廠にて起工
1948年 8月20日進水
1951年 3月14日竣工
      8月〜朝鮮戦争に参加。朝鮮半島沿岸などの哨戒任務に従事
1954年〜対潜作戦の訓練に従事
1956年 9月マレー半島にて独立運動の排除に参加
1960年 9月砲術訓練中に僚艦「トブルク」を誤射する
1963年 4月 1日練習艦に類別変更
1974年10月 4日除籍。翌年スクラップとして売却される
トブルク[Tobruk] (D37)(オーストラリア艦)
1946年 8月 5日クカトゥー工廠にて起工
1947年12月20日進水
1950年 5月 8日竣工
      8月〜朝鮮戦争に参加。朝鮮半島沿岸などの哨戒任務に従事
1954年〜対潜作戦の訓練に従事
1956年 9月マレー半島にて独立運動の排除に参加
1960年 9月砲術訓練中に僚艦「アンザック」の誤射弾を受け損傷する
     10月29日退役。予備役船となる
1971年 5月14日除籍。翌年スクラップとして売却される
アルベラ[Albuera] (I51)
1943年 9月16日ヴィッカース・アームストロング社タイン造船所にて起工
1945年 8月28日進水
     12月建造中止。50年スクラップとして解体処分される
ベル・アイル[Belle Isle] (I88)
1943年11月10日フェアフィールド造船にて起工
1945年12月建造中止となるが船体工事が進捗しており、船台を空けるため工事続行する
1946年 2月 7日進水。同年スクラップとして解体処分される
ジュットランド[Jutland](I16)
1944年 8月11日ホーソン・レスリー社にて起工
1945年11月 2日進水
     12月建造中止。57年スクラップとして解体処分される
モンス[Mons] (I33)
1945年 6月 9日ホーソン・レスリー社にて起工
     12月建造中止。船台上で解体処分される
ナムール[Namur] (I58)
1944年 4月29日キャンメル・レイアード社にて起工
1945年 6月12日進水
     12月建造中止。船体は各種実験に使用された
ナヴァリノ[Navarino] (I82)
1944年 5月25日キャンメル・レイアード社にて起工
1945年 9月21日進水
     12月建造中止。46年スクラップとして解体処分される
オムドゥマン[Omdurman] (I98)
1944年 3月 8日フェアフィールド造船にて起工
1945年12月建造中止。船台上で解体処分される
アウデナーデ[Oudenarde] (I02)
1944年10月12日スワン・ハンター社にて起工
1945年 9月11日進水
     12月建造中止。57年スクラップとして解体処分される
ポワティエ[Poictiers] (I10)
1945年 2月 9日ホーソン・レスリー社にて起工
     12月建造中止となるが船体工事が進捗しており、船台を空けるため工事続行する
1946年 1月 4日進水。船体は各種実験に使用された
リヴァー・プラット[River Platte] (I83)
1945年 4月11日スワン・ハンター社にて起工
     12月建造中止。船台上で解体処分される
サン・ドミンゴ[San Domingo] (I37)
1944年12月 9日キャンメル・レイアード社にて起工
1945年12月建造中止。船台上で解体処分される
ソンム[Somme] (I31)
1945年 2月24日キャンメル・レイアード社にて起工
     12月建造中止。船台上で解体処分される
セント・ルシア[St.Lucia] (I42)
1945年12月19日アレクザンダー・ステフェン社にて起工
     12月建造中止。船台上で解体処分される
タラヴェラ[Taravera] (I59)
1944年 8月29日ジョン・ブラウン社にて起工
1945年 8月27日進水
     12月建造中止。船台上で解体処分される
トリンコマリー[Trincomalee] (?)
1945年 2月 5日ジョン・ブラウン社にて起工
     12月建造中止となるが船体工事が進捗しており、船台を空けるため工事続行する
1946年 1月 8日進水。同年スクラップとして解体処分される
ヴィミエラ[Vimiera] (G22)
1945年12月キャンメル・レイアード社にて起工予定だったがキャンセルされる
ワーテルロー[Waterloo] (I07)
1945年 6月14日フェアフィールド造船にて起工
     12月建造中止。船台上で解体処分される
イープル[Ypres] (G83)
1945年12月フェアフィールド造船にて起工予定だったがキャンセルされる


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2013,09,07(First Up2004,02,27)