”バトル”型 駆逐艦 II型

"Battle" Class Destroyers Type2

英国海軍 他 イギリス海軍 イラン海軍 パキスタン海軍


HMS Solebay

HMS Gravelines
スペックデータ
排水量:(基)2,325t ボイラー:Admiralty罐・重油専焼×2基 燃料搭載量:重油766t
全長:(全)115.52m
全幅:12.50m 主機:Parsons式ギヤードタービン×2基、2軸推進
吃水:5.31m
出力:50,000hp
武装:
45口径11.4cm連装両用砲2基、10.2cm単装高角砲1基、
40mmボフォース連装機関砲4基、同単装機関砲6基、20mm連装
機関砲2基、同単装機関砲2基、21inch魚雷4連装発射管2基、
爆雷60個(投射機4、投下軌条2)
最大速力:35.75kt
航続距離:20ktで3,820浬
乗員定数:247名
 (嚮導艦は286名)

同型艦名(8隻:艦名水色太字が嚮導艦
アーマダ[Armada]カディズ[Cadiz]グラヴェリンズ[Gravelines]
セインテス[Saintes]セント・ジェイムス[St.James]スロイス[Sluys]
ソールベイ[Solebay]ヴィゴ[Vigo] 

”バトル”型駆逐艦(II型)について
 「バトル」型(型)と同じ1942年度計画で建造された艦隊防空駆逐艦。基本的に同じ設計であるが、若干艦幅が拡大されているため排水量が10トンほど大きくなっている。搭載兵装や性能は型と変化無く、竣工も終戦間際や戦後となっているため戦場で活躍する事がなかったのも型同様である。なお、当II型は嚮導艦として司令部設備を有するモデルが4隻建造されている。
 戦後2隻がパキスタンおよびイランへ売却されているが、残り6隻は1960年代から70年代にかけて順次退役となっている。
 ※資料によっては・II型の区別をしていないものもある(区別していない方が多い)が、当サイトでは『世界の艦船 増刊第39集 イギリス駆逐艦史』の記述により区分けを行っている。

”バトル”型駆逐艦(II型)の歴史
アーマダ[Armada](嚮導艦)(R14→D14)
1942年12月29日ホーソン・レスリー社にて起工
1943年12月 9日進水
1945年 7月 2日竣工
終戦後艦番をD14に変更
1948年退役。予備役艦となる
1949年現役に復帰。地中海艦隊などに所属
1956年第二次中東戦争に参加
1960年退役。予備役艦となる
1965年12月18日除籍。スクラップとして解体処分される
カディズ[Cadiz] (R09→D79)
1943年 5月10日フェアフィールド造船にて起工
1944年 9月16日進水
1946年 4月12日竣工。艦番をD79に変更
1957年 2月 1日除籍。パキスタンへ売却、艦名を「ハイバル」[Khaibar]と改名
1971年12月 5日第三次印パ戦争に参加。インドミサイル艇の攻撃を受け沈没
グラヴェリンズ[Gravelines] (R24→D24)
1943年 8月10日キャンメル・レイアード社にて起工
1944年11月30日進水
1946年 6月14日竣工。艦番をD24に変更
1953年退役。予備役艦となる
1955年現役に復帰。地中海艦隊などに所属
1956年第二次中東戦争に参加
1957年近代化改修を実施(完了前にキャンセル)
1961年 4月 4日除籍。スクラップとして解体処分される
セインテス[Saintes](嚮導艦)(R84→D84)
1943年 6月 8日ホーソン・レスリー社にて起工
1944年 7月19日進水
1946年 9月27日竣工。艦番をD84に変更
1946年〜48年新型砲塔の試験艦として使用される
1956年近代化改修を実施。58年艦隊に復帰
1962年 5月退役。非武装の機関練習船となる
1972年 9月 1日除籍。スクラップとして解体処分される
スロイス[Sluys] (R60→D60)
1943年11月24日キャンメル・レイアード社にて起工
1945年 2月28日進水
1946年 9月30日竣工。艦番をD60に変更
1953年退役。予備役艦となる
1964年近代化改修工事を実施
1967年 1月26日除籍。イランへ売却、艦名を「アルテミス」[Artemiz]と改名
1970年代対空ミサイルを(東側仕様に)換装するなどの改修をソビエトにて実施
1990年代艦隊行動は行っていないが、現役艦であることが報告される
セント・ジェイムス[St.James](嚮導艦)(R65→D65)
1943年 5月20日フェアフィールド造船にて起工
1945年 6月 7日進水
1946年 7月12日竣工
      8月25日射撃訓練中に標的曳航船を誤射。沈没する曳航船を救助中にスクリューを損傷
終戦後艦番をD65に変更
1953年退役。予備役艦となる
1957年近代化改修を実施(完了前にキャンセル)
1961年 3月19日除籍。スクラップとして解体処分される
ソールベイ[Solebay](嚮導艦)(R70→D70)
1943年 2月 3日ホーソン・レスリー社にて起工
1944年 2月22日進水
1945年10月11日竣工
終戦後艦番をD70に変更
1953年退役。予備役艦となる
1957年現役復帰。地中海艦隊などに所属
1960年英女王の西アフリカ訪問にて王室ヨットの護衛任務に従事
1962年退役。係留練習船として使用される
1967年 8月11日除籍。スクラップとして解体処分される
ヴィゴ[Vigo] (R31→D31)
1943年 9月11日フェアフィールド造船にて起工
1945年 9月27日進水
1946年12月 9日竣工
終戦後艦番をD31に変更
1953年艦内で火災発生。損傷を負う(翌年にも火災をおこした)
1954年〜58年砲術練習艦として使用される
1959年 9月退役
1964年12月 6日除籍。スクラップとして解体処分される


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2013,09,04(First Up2004,02,24)