バンラチャン型 掃海艇

"Banrachan" Class Minesweeper
เรือกวาดทุ่นระเบิด ชั้น "บางระจัน"


タイ(シャム)王国海軍 タイ王国海軍


บางระจัน
「バンラチャン」(1950年頃)
スペックデータ
排水量:(常)408t ボイラー:−−−−− 燃料搭載量:重油 34t
全長:(垂)50.0m
全幅:7.7m 主機:Burmeister & Wain式ディーゼル機関×2基、2軸推進
吃水 2.2m
出力:540hp
武装:
40口径76mm単装砲2基、機雷142個搭載、掃海具一式
(1950年代に70口径20mm単装機関砲2基を増設)
最大速力:13.0kt
航続距離:12ktで2,700浬
乗員定数:55名

同型艦名(2隻)
バンラチャン
[บางระจัน (Banrachan)]
ノンサライ
[หนองสาหร่าย (Nongsarai)]

バンラチャン型掃海艇について

 シャム(タイ)海軍が掃海艇としてイタリアに発注建造した艇。「プーケット」型水雷艇と同じCRDA社で1935年から建造され、1937年にはシャムへ引き渡された。
 扱いやすい船体サイズと良好な凌波性を持ち、掃海だけに使用するには惜しいとして、その後機雷搭載設備を持たせて敷設艇を兼ねるようになっている。

 第二次大戦では沿岸部での警備任務に従事したのみで、特に大きな作戦などに参加しておらず、1980年頃まで現役として使用されている


バンラチャン型掃海艇の歴史
バンラチャン [บางระจัน (Banrachan)]
1935年伊CRDA[Cantieri Riuniti de l'Anreitico]モンファルコーネ造船所
1936年進水
1937年竣工(1936年中竣工説あり)
1980年 7月除籍
ノンサライ [หนองสาหร่าย (Nongsarai)]
1935年伊CRDAモンファルコーネ造船所
1936年 7月22日進水
1937年竣工
1980年 7月除籍


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2017,09,24