マヌカ型 掃海トローラ

"Manuka" Class Minesweep Trawler

ニュージーランド海軍 ニュージーランド海軍


HMNZS Aroha
HMNZS「アロハ」(第二次大戦時?)
スペックデータ
排水量:(基)447t ボイラー:円罐・石炭専焼×2基 燃料搭載量:石炭(搭載量不明)
全長:(垂)38.1m
全幅:7.16m 主機:直立型往復動蒸気機関(3段膨張式)×1基、1軸推進
吃水:4.27m
出力:720hp
武装:
40口径76mm単装砲1基(一部の艇は40口径4inch単装砲1基)、
70口径20mm単装機関砲1基(一部の艇は7.7mm単装機銃4基)、
爆雷4個搭載(投射機1)、掃海具一式
最大速力:10.0kt
航続距離:不明
乗員定数:42名

同型艦名(14隻+キャンセル4隻)
アロハ [Aroha]アワテレ [Awatere]ハウタプ [Hautapu]
ヒナウ [Hinau]マイマイ [Maimai]マヌカ [Manuka]
パハウ [Pahau]リム [Rimu]タワイ [Tawhai]
ワイアウ [Waiau]ワイホー [Waiho]ワイイチ [Waiiti]
ワイカカ [Waikaka]ワカクラ [Wakakura]ワイカナエ [Waikanae]
ワイカト [Waikato]ワイマ [Waima]ワイプ [Waipu]

マヌカ型掃海トローラについて

 対日戦が勃発し南洋での対潜哨戒や機雷掃海、護衛任務などに必要な艦艇が不足していたニュージーランドでは、1942年に国内で海軍トローラを建造するよう政府から指令が出されることになった。
 戦時急造ということもあって、極力簡素な艦艇を建造するため、第一次大戦時にイギリス海軍が使用した「キャッスル」型トローラの設計をベースに、ボイラーも石炭焚きのスコッチボイラー(円罐)を使用することにしている。ただし必要な数のボイラーが入手できなかったため、ボイラーはイギリスから供与されることになった。

 竣工した艇は任務に従事しているが、いくつかの艇は建造がキャンセルとなっている。大戦中に戦没した姉妹艇は無く、戦後もすぐに売却された艇もあれば、1950年代まで使用された艇もあった。
 なお、「ワカクラ」のみは第一次大戦時にカナダ海軍が使用した「キャッスル」型トローラの1隻で、1926年にニュージーランドの民間漁船として売却され、1941年にニュージーランド海軍が購入・艦籍編入したものであるが設計が同じため当クラスに含めた。


注意!「省略型で記述しているため他のページとは年表の形が異なります。年月日は総て西暦表示です。」
造船所略号(※所在地の表示が無いものはニュージーランド所在)
 MSB = メイソン兄弟社 [Mason Bros.]  PTS = パーテン・スリップ社 [Parten Slip]
 PAS = ポート・アーサー造船(カナダ) [Port Arthur Shipbuilding Company]  SEG = シーガー社 [Seagar]
 SFC = シニア・ファウンドリー社 [Senior Foundry Co.]  STC = スティーヴンソン&クック社 [Stevenson & Cook]
国名略称(略称に続く「 」内は貸与等後の艦名)
カナダ海軍 = カナダ ニュージーランド海軍 = ニュージーランド    
マヌカ型掃海トローラの歴史
艦番艦名造船所起工進水竣工戦歴など
T24→
T396
アロハ [Aroha]STC'42.01.??'42.09.08'43.05.12'46年退役、売却
T25→
T397
アワテレ [Awatere]PTS'??.??.??'42.09.26'43.06.26'46年退役、売却
T26→
T340
ハウタプ [Hautapu]STC'42.07.??'42.11.18'43.07.28'47年退役、'50年売却
T17→
T399
ヒナウ [Hinau]SFC'41.02.??'41.08.28'42.07.23'52年退役、'55年売却
T27→
T338
マイマイ [Maimai]STC'42.08.??'43.02.25'43.09.15'46年退役、売却
T19→
T401
マヌカ [Manuka]SFC'41.02.??'41.09.23'42.03.30'46年退役、売却
T28→
T351
パハウ [Pahau]STC'42.11.??'43.04.03'44.02.12'46年退役、'49年売却
T18→
T402
リム [Rimu]SEG'41.02.??'41.09.09'42.07.15'52年退役、'55年売却
T348タワイ [Tawhai]SEG'??.??.??'43.07.22'44.04.24'46年退役、売却
 ワイアウ [Waiau]MSB'42.??.??−−−−−−'43.09.28建造中止。船台上で解体
T34→
T403
ワイホー [Waiho]STC'43.??.??'44.02.19'44.06.03'46年退役、売却
 ワイイチ [Waiiti] STC にて建造予定だったが '43.09.28キャンセル
 ワイカカ [Waikaka] STC にて建造予定だったが '43.09.28キャンセル
T00ワカクラ [Wakakura]PAS'17.05.31'17.09.??'17.10.17当初カナダ海軍「TR.1」。'26年売却。ニュージーランドの民間漁船となる。'41年購入ニュージーランド海軍「ワカクラ」。'47年退役、売却
 ワイカナエ [Waikanae] STC にて建造予定だったが '43.09.28キャンセル
T343ワイカト [Waikato]MSB'??.??.??'43.10.16−−−終戦時未竣工のため艦籍編入されず。
'46.12月民間商船として竣工
T33→
T349
ワイマ [Waima]STC'??.??.??'43.12.11'44.03.28'46年退役、売却
T32→
T357
ワイプ [Waipu]STC'??.??.??'43.07.31'43.11.17'46年退役、売却


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2017,12,09