Z1型 水雷艇

"Z1" Class Torpedo Boat
Torpedoboot "Z1" Klasse


オランダ海軍 オランダ海軍


Hr.Ms. Z3
「Z3」(1920年:Photo from Wikipedia Commons)
スペックデータ
排水量:(基)277t ボイラー:水管罐・石炭重油混焼×3基 燃料搭載量:石炭72t、重油9t
全長:(全)62.6m
全幅:6.2m 主機:AEG-Vulkan式蒸気タービン×2基、2軸推進
吃水:1.9m
出力:5,500hp
武装:
37口径75mm単装砲2基、12.7mm単装機銃2基、
45cm魚雷連装発射管1基、同単装発射管2基
最大速力:27.0kt
航続距離:20ktで425浬
乗員定数:46名

同型艦名(4隻)
Z1 [Z1]Z2 [Z2]Z3 [Z3]Z4 [Z4]

Z1型水雷艇について

 第一次世界大戦の勃発によりドイツへ発注していた水雷艇4隻を購入できなくなったオランダ海軍では、「Z5」型に続いてこれら4隻の代替艦を国内で建造することにした。
 当初予定していた艦名(「Z1」から「Z4」)を引き継いだ当クラスは、基本的には「Z5」型の小改良版だが、機関にドイツ製タービンを採用するなどドイツへ発注した旧「Z1」型に準じた部分もあった。ただし兵装や性能は「Z5」型に準じている。

 当クラスは1隻を除いて1930年代に退役してしまっているため、第二次大戦時に現役であったのは「Z3」のみである。しかし「Z3」もオランダが降伏した際にドイツ軍の捕獲をおそれ自沈している。


Z1型水雷艇の歴史
Z1 [Z1]
1915年11月ネーデルランド造船所[Nederlandsche Dok en Scheepsbouw Maatschappij]にて起工
1917年進水
1919年12月竣工
1933年退役
Z2 [Z2]
1915年11月ネーデルランド造船所にて起工
1917年進水
1921年 1月竣工
1933年退役
Z3 [Z3]
1915年12月30日ネーデルランド造船所にて起工
1917年 3月23日進水
1920年 8月21日竣工
1939年 9月〜(第二次大戦勃発)
1940年 5月10日(ドイツ軍がオランダ侵攻を開始)
       5月14日オランダ降伏に際し、独軍の捕獲をおそれエンクホイゼン沖にて自沈
Z4 [Z4]
1915年12月ネーデルランド造船所にて起工
1917年進水
1920年 4月竣工
1933年退役


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2017,05,06