プロテウス型 潜水艦

"Protefs(Proteus)" Class Submarines
Υποβρύχια κλάσης "Πρωτεύς"


ギリシア海軍 ギリシア海軍 イギリス海軍


Υ/Β Γλαύκος
「グラウコス」(1929年)
スペックデータ
排水量(水上):790t排水量(水中):960t全長:68.6m
出力(水上):1,420hp出力(水中):1,200hp全幅:5.73m
最大速力(水上):14.0kt最大速力(水中):9.5kt吃水:4.18m
航続距離(水上):10ktで4,000浬航続距離(水中):5ktで100浬乗員数:41名
燃料搭載量:重油 105t安全潜行深度:85m
主機関:Sulzer式ディーゼル機関×2基+(メーカー不詳)電動モーター×2基、2軸推進
武装:
《53cm魚雷10発搭載》53cm魚雷発射管8門(艦首6、艦尾2)、
40口径10cm単装砲1基、3pdr(47mm)単装高角砲1基(資料に
よっては2pdr(40mm)単装機関砲1基としているものもある)

同型艦名(4隻)
プロテウス[ Πρωτεύς (Protefs)]ニレウス[ Νηρεύς (Nirefs)]
トリトン[ Τρίτων (Triton)]グラウコス[ Γλαύκος (Glafkos)]

プロテウス型 潜水艦

 ギリシア海軍が「カトソニス」型(以下「前型」と記す)に続いて建造した潜水艦。前型と同様に設計からフランスへ発注されたもので、やはり同じく仏海軍の600トン型潜水艦をベースにしたため、広義には前型の準同型であった。当クラスはロワール造船所が設計を行っており、基となったのは同社が建造した「シレーヌ」型(ロワール・シモノ型)となっているが、船体は仏600トン型や前型よりも大型化している。
 前型では一部の魚雷発射管は上構内に装備されているが、当クラスでは全発射管が耐圧殻(内殻)内に装備されており、そのため潜行深度(到達深度)が増大している。砲は前型と同じ10センチ砲のほか、3ポンド(47ミリ口径)高角砲(資料によっては2ポンド(40ミリ口径)単装機関砲(俗に言うポンポン砲)としているものも見受けられる)も搭載された。

 前型が建造開始された1925年にフランスへ発注され、1927年頃から建造が行われている。1930年には全艦が竣工しギリシア海軍に就役したため、第二次大戦開戦前にはギリシア海軍の潜水艦戦力は全部で6隻となった。
 第二次大戦では全艦が地中海で活動している。姉妹艦4隻のうち3隻が戦没しており唯一「ニレウス」のみが終戦まで生き残っているが、これも1947年に退役したため、戦後のギリシア海軍ではイギリスから貸与された潜水艦が中心勢力となった。

プロテウス型 潜水艦の歴史
プロテウス[Πρωτεύς (Protefs)] (Y3)
1927年ロワール造船所[Ateliers et Chantiers de La Loire]にて起工
      10月24日進水
1929年 8月31日竣工
1939年 9月〜第二次大戦勃発。アドリア海などで哨戒に従事
1940年10月28日〜(イタリアが侵攻開始)。アドリア海で戦闘行動を行う
      12月29日ブリンディジ[Brindisi](イタリア)東方沖にて伊軍輸送船「サルディニア」[Sardegna]を
雷撃・撃沈
直後に伊水雷艇「アンターレス」の雷撃を受け損傷、浮上交戦後に沈没
ニレウス[Νηρεύς (Nirefs)] (Y4 → 英海軍艦番号N56)
1927年ロワール造船所にて起工
      12月進水
1930年 3月 1日竣工
1939年 9月〜第二次大戦勃発。アドリア海などで哨戒に従事
1940年10月28日〜(イタリアが侵攻開始)。アドリア海で戦闘行動を行う
1941年 4月〜(侵攻にドイツ軍が加わり、同月27日アテネが占領される)
5月初旬アレキサンドリアへ脱出
       5月?〜英海軍指揮下にて地中海で哨戒に従事
1942年 7月19日カルパトス島近海にて伊病院船「シチリア」[Sicilia]を商船と誤認し雷撃するも
命中せず
1944年10月ギリシア解放により、本国へ凱旋する
1947年 5月 3日除籍。52年頃スクラップとして解体処分
トリトン[Τρίτων (Triton)] (Y5)
1927年ロワール造船所にて起工
1928年 4月 4日進水
1930年 3月 1日竣工
1939年 9月〜第二次大戦勃発。アドリア海などで哨戒に従事
1940年10月28日〜(イタリアが侵攻開始)。アドリア海で戦闘行動を行う
1941年 4月〜(侵攻にドイツ軍が加わり、同月27日アテネが占領される)
4月23日アレキサンドリアへ脱出
       5月〜英海軍指揮下にて地中海で哨戒に従事
1942年11月16日エーゲ海(ギリシア・Kafireas岬沖)にて独駆潜艇「Uj2102」の攻撃を受け沈没
グラウコス[Γλαύκος (Glafkos)] (Y6)
1927年フランセ造船所[Chantiers Navals Français]にて起工
1928年進水
1930年12月 1日竣工
1939年 9月〜第二次大戦勃発。アドリア海などで哨戒に従事
1940年10月28日〜(イタリアが侵攻開始)。アドリア海で戦闘行動を行う
1941年 4月〜(侵攻にドイツ軍が加わり、同月27日アテネが占領される)
4月23日アレキサンドリアへ脱出
       5月〜英海軍指揮下にて地中海で哨戒に従事
      11月中旬機関故障のためマルタ島へ退避。英軍施設にて修理を実施
1942年 2月27日ドック入渠中、独軍機の爆撃を受け損傷
       4月 4日ドック入渠中、枢軸軍機の爆撃を受け大破着底。船体は放棄される


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2016,07,09