カリオカ型 敷設艦(コルベット)

"Carioca" Class Minelayer(Corvette)
Lança-Minas da classe "Carioca"


ブラジル海軍 ブラジル海軍


Cabedelo
「カベデロ」(撮影時期不詳:Photo from Wikipedia / (c)Marinha do Brasil)
スペックデータ
排水量:(基)552t ボイラー:(形式不詳)罐・重油専焼×2基 燃料搭載量:重油86t
全長:(垂)57.5m
全幅:7.62m 主機:直立型往復動蒸気機関(3段膨張式)×2基、2軸推進
吃水:2.44m
出力:2,200hp
武装:
45口径10.2cm単装砲1基(Cabedeloのみ40口径76mm単装砲1基)、
機雷44個搭載(排他で掃海具の搭載も可能)(大戦中に各艦は機雷装備を
撤去し主砲1門、20mm単装機関砲2基、爆雷投射機等を増設)
(戦後に各艦は大戦中に増設した兵装を撤去し機雷装備を復活させた)
最大速力:15.0kt
航続距離:10ktで2,500浬
乗員定数:70名

同型艦名(6隻)
カリオカ [Carioca]カナネイア [Cananéia]カモシン [Camocim]
カベデロ [Cabedelo]カラベラス [Caravelas]カマクアン [Camaquã]

カリオカ型敷設艦について

 ブラジル海軍が1937年から建造した多用途艦。当サイトでは敷設艦として掲載したが、ブラジル海軍では第二次大戦中に当クラスをコルベットに類別している。船体の設計は第一次大戦時の帝政ドイツ海軍掃海艇(1916年型など)を参考にしており、機雷敷設や掃海の他にも護衛や哨戒任務にも使用できるようになっている。

 第二次大戦ではブラジル海軍は機雷戦を行うことがほとんど無かったため、当クラスも対潜哨戒や船団護衛に投入されており、一時期には米艦隊の指揮下で任務に従事することもあった。そのため大戦中に機雷戦用の装備(機雷敷設の軌条や掃海装備)を撤去し、主砲や対空機関砲、対潜爆雷などの装備が追加されている。
 大戦中に「カマクアン」が荒天のため喪われているが、生き残った他の姉妹艦は「カモシン」を除いて全艇が敷設艦兼掃海艇へ戻されており、1960年頃まで現役だった。


カリオカ型敷設艦の歴史
カリオカ [Carioca]
1937年11月 6日リオ・デ・ジャネイロ海軍工廠[Arsenal de Marinha, Rio de Janeiro]にて起工
1938年10月22日進水
1939年 9月16日竣工
1942年 8月(枢軸国に対し宣戦布告。第二次大戦に参加)
大戦中は機雷戦装備を撤去しコルベットに類別。護衛任務などに従事
1945年終戦後、機雷戦装備を戻し敷設艦(掃海艇兼務)へ類別変更
1960年頃退役
カナネイア [Cananéia]
1937年11月リオ・デ・ジャネイロ海軍工廠にて起工
1938年10月22日進水
1939年 9月16日竣工
1942年 8月(枢軸国に対し宣戦布告。第二次大戦に参加)
大戦中は機雷戦装備を撤去しコルベットに類別。護衛任務などに従事
1945年終戦後、機雷戦装備を戻し敷設艦(掃海艇兼務)へ類別変更
1960年頃退役
カモシン [Camocim]
1937年12月11日リオ・デ・ジャネイロ海軍工廠にて起工
1939年10月28日進水
1940年 6月 7日竣工
1942年 8月(枢軸国に対し宣戦布告。第二次大戦に参加)
大戦中は機雷戦装備を撤去しコルベットに類別。護衛任務などに従事
1945年終戦後も機雷戦装備を戻さず、コルベットのまま任務に従事
1960年頃退役
カベデロ [Cabedelo]
1938年 3月12日リオ・デ・ジャネイロ海軍工廠にて起工
1939年 9月16日進水
1940年 6月 7日竣工
1942年 8月(枢軸国に対し宣戦布告。第二次大戦に参加)
大戦中は機雷戦装備を撤去しコルベットに類別。護衛任務などに従事
1945年終戦後、機雷戦装備を戻し敷設艦(掃海艇兼務)へ類別変更
1960年頃退役
カラベラス [Caravelas]
1938年 3月12日リオ・デ・ジャネイロ海軍工廠にて起工
1939年 9月16日進水
1940年 6月 7日竣工
1942年 8月(枢軸国に対し宣戦布告。第二次大戦に参加)
大戦中は機雷戦装備を撤去しコルベットに類別。護衛任務などに従事
1945年終戦後、機雷戦装備を戻し敷設艦(掃海艇兼務)へ類別変更
1960年頃退役
カマクアン [Camaquã]
1938年10月22日リオ・デ・ジャネイロ海軍工廠にて起工
1939年 9月16日進水
1940年 6月 7日竣工
1942年 8月(枢軸国に対し宣戦布告。第二次大戦に参加)
大戦中は機雷戦装備を撤去しコルベットに類別。護衛任務などに従事
1944年 7月21日レシフェ[Recife]北東沖にて荒天のため転覆沈没


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2017,05,20