”リバー”型 フリゲート

"River" Class Frigate

オーストラリア海軍 他 オーストラリア海軍 ニュージーランド海軍


HMAS Barwon
(上段)HMAS「バーウォン」(撮影時期不詳)

スペックデータ(【 】内は第二グループの数値)
排水量:(基)1,440t
     【(基)1,570t】
ボイラー:Admiralty罐・重油専焼×2基 燃料搭載量:重油646t【610t】
全長:(全)91.8m
全幅:11.2m 主機:三段膨張式往復動蒸気機械×2基、2軸推進
吃水:3.6m
出力:5,500hp
武装:
45口径4inch単装砲2基(Burdekinのみ40口径)、70口径20mm連装機関砲2基、
同単装機関砲2〜4基(対空機関砲は56口径40mm単装機関砲1〜3基や60口径
40mm単装機関砲3基などの艦もある)、ヘッジホッグ24連装対潜爆雷投射機1基もしくは、
スキッド3連装対潜迫撃砲2基、爆雷50〜150個搭載(投射機8基、投下軌条2)
最大速力:20.0kt
航続距離:12ktで5,180浬
     (燃料510t搭載時)
乗員定数:140名【177名】

同型艦名(92隻)
第一グループ(初期建造型:8隻)
バークー [Barcoo]バーウォン [Barwon]バーデキン [Burdekin]
ディアマンティーナ [Diamantina]ガスコイン [Gascoyne]ハークスベリー [Hawkesbury]
ラックラン [Lachlan]マッコーリー [Macquarie] 
第二グループ(後期建造型:14隻。うちキャンセル10隻)
バルメイン [Balmain]ボーガン [Bogan]カンパスプ [Campaspe]
コンダマイン [Condamine]カルゴア [Culgoa]マーチソン [Murchison]
マランビジー [Murrumbidgee]ナオミ [Naomi]ネピアン [Nepean]
ショールヘイブン [Shoalhaven]ウォーバートン [Warburton]ウィリアムズタウン [Williamstown]
ウィンメラ [Wimmera]ウロンディリー [Wollondilly] 

”リバー”型フリゲート(オーストラリア海軍)について

 対日戦勃発前の1941年、オーストラリア周辺の東南アジアやジャワ海周辺で日本軍の活動が活発になってくると、オーストラリア海軍は自国周辺の哨戒任務や、通商路確保のための護衛任務、戦争勃発時には軍事輸送や対地砲撃など多用途に使える小型戦闘艦が必要だとして、イギリス海軍の「リバー」型フリゲートの設計をベースにオーストラリア国内の造船所で8隻の建造を計画した。
 基本的な設計はイギリス海軍のものと同一だが、排水量は若干増大している。搭載兵装もほぼ同一であるが、建造年が新しいだけに長砲身の新型砲や新兵器であるスキッド対潜迫撃砲が搭載された艦もある。

 対日戦が勃発し、初期計画の8隻に続いて14隻の追加建造が予定されたが、建造に着手する1943年頃には日本軍の勢力が衰えてきていたため、1944年以降に起工する計画だった艦はキャンセルされている。
 竣工した艦12隻は大戦を生き残り、1960年代から70年代まで現役として使用されている。


注意!「この型は同型艦が多いため他のページとは年表の形が異なります。年月日は総て西暦表示です。」
造船所略号
 CID = クカトゥー造船 [Cockatoo Island Dockyard]  EDC = エヴァンス・ディーキン社 [Evans Deakin & Company]
 MRT = モーツ・ドック社 [Mort's Dock]  NSW = ニューサウスウェールズ州立造船所 [State Dockyard, New South Wales]
 WAK = ウォーカー社 [Walkers Limited]  WND = ウィリアムズタウン海軍工廠 [Williamstown Naval Dockyard]
国名略称(略称に続く「 」内は貸与等後の艦名)
オーストラリア海軍 = オーストラリア ニュージーランド海軍 = ニュージーランド
”リバー”型フリゲート(オーストラリア海軍)の歴史
第一グループ(初期建造型:8隻)
艦番艦名造船所起工進水竣工戦歴など
K375バークー [Barcoo]CID'42.10.21'43.08.26'44.01.17'44.03月〜珊瑚海などで船団護衛や対地砲撃に従事。'45.04月〜米軍指揮下でボルネオ攻略を支援。'46.08月〜珊瑚海や南オーストラリアの調査業務に従事。'48.04.11ウェスト・ビーチ(濠州南部アデレード近郊)にて荒天のため座礁。'49.05月退役、予備役艦。'51.03月再就役、練習艦として対潜訓練に従事。'52.07月〜濠州沿岸部の調査任務に従事。'56.09.25退役。'59.12.07再就役、調査任務に従事。'64.02.21除籍、解体処分
K406バーウォン [Barwon]CID'43.05.31'44.08.03'45.12.10第二次大戦への参加なし。
'46.02月〜南シナ海や珊瑚海の哨戒任務に従事。'47.03.31退役、予備役艦。'62.01月除籍、解体処分
K376バーデキン [Burdekin]WAK'42.01.??'43.06.30'44.06.27'44.10月〜珊瑚海などで船団護衛に従事。
'45.05月〜タラカン島(蘭印)への上陸作戦を支援。'46.04.18退役、予備役艦。'60.11.09除籍、翌年解体
K377ディアマンティーナ [Diamantina]WAK'43.04.12'44.04.06'45.04.27'45.06月〜ニューギニア方面の攻略を支援。'45.09月〜ソロモン諸島の日本軍降伏調印に参加。'46.02月〜珊瑚海にて哨戒任務に従事。'46.08.09退役、予備役艦。'59.06.22再就役、測量任務に従事。'60.02.07インド洋最深部(後に「Diamantina Deep」と命名)を発見。'63.03月英エリザベス女王行啓ヨットの護衛任務に従事。'80.02.29除籍。後にサウスブリスベンにて博物館船として公開
K354ガスコイン [Gascoyne]MRT'42.07.03'43.02.20'43.11.18'44年〜珊瑚海などで船団護衛や対地砲撃に従事。'45.09.02降伏調印参加のため東京湾へ入港。'46.04.12退役、予備役艦。'59.06.08再就役、測量任務に従事。'66.02.01除籍。後に解体処分
K363ハークスベリー [Hawkesbury]MRT'42.08.24'43.07.24'44.07.05'44年後半〜珊瑚海にて船団護衛に従事。'45.01月〜ニューギニア方面にて上陸作戦を支援。'45.10月ティモールにて日本軍降伏調印に参加。'47.05.31退役、予備役艦。'52.05.14再就役、英軍の原爆実験に参加。'55.02.14退役。'61.09月除籍、解体処分
K364ラックラン [Lachlan]MRT'43.03.22'44.03.25'45.02.14大戦末期は哨戒任務などに従事。'49.10.05退役、予備役艦。'75.02月譲渡。ニュージーランド海軍「ラックラン」。南極への補給任務に従事。'80年代後半はしけとしてチリへ売却。
K532マッコーリー [Macquarie]MRT'43.12.??'45.03.03'45.12.07第二次大戦への参加なし。
'46.01月〜ニューギニア方面の哨戒に従事。'46.12.19退役、予備役艦。'52.08.15再就役、英軍の原爆実験に参加。'54.03.17退役。'62.07.05除籍、解体処分
第二グループ(後期建造型:14隻。うちキャンセル10隻)
艦番艦名造船所起工進水竣工戦歴など
J467バルメイン [Balmain]MRTにて建造予定だったが'44.06.12キャンセル
K09ボーガン [Bogan]NSW'44.01.17'44.04.04建造中止
K424カンパスプ [Campaspe]MRTにて建造予定だったが'44.04.04キャンセル
K698コンダマイン [Condamine]NSW'43.10.30'44.11.04'46.02.22第二次大戦への参加なし。
濠州及びニューギニア周辺の哨戒に従事。'52.08月〜朝鮮戦争に参加。対地砲撃や哨戒に従事。'55.12.02退役、予備役艦。
'61.09.21除籍、解体処分
K408カルゴア [Culgoa]WND'43.07.15'45.09.22'46.12.24第二次大戦への参加なし。
'53年朝鮮戦争に参加。'54.04.15退役、予備役艦。'72.02.15除籍、解体処分
K442マーチソン [Murchison]EDC'43.06.03'44.10.31'45.12.17第二次大戦への参加なし。
'46年初頭〜英連邦占領軍として日本占領に従事。'51.09月〜朝鮮戦争に参加。'51.09.28漢江海戦[Naval Battle of the Han River]に参加。'52.10.03英軍の原爆実験に参加。
'56.01.31退役、予備役艦。'61.09.21除籍、解体処分
K534マランビジー [Murrumbidgee]WND(?)にて建造予定だったが'44.04.04キャンセル
K55ナオミ [Naomi]CIDにて建造予定だったが'44.06.12キャンセル
J468ネピアン [Nepean]CIDにて建造予定だったが'44.06.12キャンセル
K535ショールヘイブン [Shoalhaven]WAK'43.12.18'44.12.14'46.05.02第二次大戦への参加なし。
'50年代朝鮮戦争に参加。'55.12.19退役、予備役艦。'62.01月除籍、解体処分
K533ウォーバートン [Warburton]EDCにて建造予定だったが'44.06.12キャンセル
K66ウィリアムズタウン [Williamstown]WNDにて建造予定だったが'44.04.04キャンセル
K86ウィンメラ [Wimmera]CIDにて建造予定だったが'44.04.04キャンセル
K98ウロンディリー [Wollondilly]CIDにて建造予定だったが'44.06.12キャンセル


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2017,10,22