パレストロ型 水雷艇

"Palestro" Class Torpedo Boats
Torpediniere Classe "Palestro"


イタリア王国海軍


Solferino
スペックデータ
排水量:(公)1,180t ボイラー:Thornycroft罐・重油専焼×4基 燃料搭載量:重油170t
全長:(全)80.4m
全幅:8.0m 主機:Zoelly式直結タービン×2基、2軸推進
吃水:3.1m
出力:22,000hp
武装:
45口径10.2cm単装砲4基、40口径7.6cm単装砲2基、
45cm魚雷連装発射管2基、機雷10〜38個搭載
最大速力:32.0kt
航続距離:15ktで1,970浬
乗員定数:106名

同型艦名
パレストロ[Palestro]コンフィエンツァ[Confienza]
サン・マルティーノ[San Martino]ソルフェリーノ[Solferino]

パレストロ型水雷艇について
 「ジェネラーリ」型に続い て建造された艦隊駆逐艦で、ボイラーこそ4基と従前の駆逐艦と変化無いものの、煙突は2本にまとめ られているためシルエットは異なる。また主機にツェリー式のタービンを採用し、2万馬力以上の出力 を発揮することで32ノットの最高速度を出せるようになった。
 第二次大戦直前の1938年に水雷艇へ類別変更されており、イタリア参戦後はアドリア海などで哨 戒任務や護衛任務などに従事していたが、全艦が戦没(うち2隻は独軍接収後に戦没)してしまった。

パレストロ型水雷艇の歴史
パレストロ[Palestro]
1917年 4月12日オルランド兄弟社(Fratelli Orlando)にて起工
1920年 3月23日進水
1921年 1月26日竣工
1938年水雷艇へ類別変更
1940年イタリア参戦のため戦争状態となる
      9月22日オトラント海峡北にて英潜「オシリス」の雷撃を受け沈没
コンフィエンツァ[Confienza]
1917年 5月10日オルランド兄弟社にて起工
1920年12月 8日進水
1923年 4月25日竣工
1938年水雷艇へ類別変更
1940年イタリア参戦のため戦争状態となる
     11月20日オトラント海峡にて輸送艦「カピターノ・A・チェッチ」[Capitano A. Cecchi]と衝突沈没
サン・マルティーノ[San Martino]
1917年 4月30日オルランド兄弟社にて起工
1920年 9月 8日進水
1922年10月10日竣工
1938年水雷艇へ類別変更
1940年イタリア参戦のため戦争状態となる
1943年 9月 9日ピレエフスにて独軍が接収
同年10月28日艦名を「TA17」と改名し独海軍艦籍に編入
1944年 7月18日アモルゴス島(ギリシア)ポルトラゴ湾に停泊中、英潜水特殊部隊により爆破
され大破する
      7月末応急処置後に自力航行でサラミス(ギリシア)のドックへ向かう
      9月18日連合軍機の爆撃を受け大破
同年10月12日にも空襲を受け復旧不可能となり放棄
ソルフェリーノ[Solferino]
1917年 4月21日オルランド兄弟社にて起工
1920年 4月28日進水
1921年10月31日竣工
1938年水雷艇へ類別変更
1940年イタリア参戦のため戦争状態となる
1943年 9月 9日クレタ島にて独軍が接収
44年7月25日艦名を「TA18」と改名し独海軍艦籍に編入
1944年10月19日エーゲ海にて英駆「テーマガント」「トゥスカン」と交戦沈没


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2006,02,04