マルチェロ型 大型潜水艦

"Marcello" Class Large Submarines
Sommergibili Oceanici(SO) Classe "Marcello"


イタリア王国海軍 イタリア海軍 ドイツ海軍 日本海軍


Marcello
「マルチェロ」(撮影時期不詳)
スペックデータ
排水量(水上):1,060t排水量(水中):1,313t全長:(全)73.0m
出力(水上):3,000hp出力(水中):1,100hp全幅:7.19m
最大速力(水上):17.4kt最大速力(水中):8.0kt吃水:5.1m
航続距離(水上):9.4ktで7,500浬航続距離(水中):3ktで120浬乗員数:57名
燃料搭載量:重油108t安全潜行深度:100m
主機関:CRDA式ディーゼル機関×2基+CRDA製電動モーター×2基、2軸推進
     (OTO建造の2隻はFiat製ディーゼルを搭載)
武装:
《魚雷12〜16発搭載》53.3cm魚雷発射管8門(艦首4、艦尾4)
47口径10cm単装砲2基(一部艦は後部にダミー砲を搭載したため搭載数1基)、
13.2mm連装機銃2基

同型艦名(11隻)
マルチェロ[Marcello]
(ロレンツォ・マルチェロとも)
アンジェロ・エモ
[Angelo Emo]
バルバリゴ[Barbarigo]
(アゴスティーノ・バルバリゴとも)
エンリコ・ダンドロ
[Enrico Dandolo]
フランチェスコ・モロシーニ
[Francesco Morosini]
ラッツァロ・モチェニーゴ
[Lazzaro Mocenigo]
ナーニ[Nani]
(ジャコモ・ナーニとも)
プロヴァナ[Provana]
(アンドレア・プロヴァナとも)
セバスティアーノ・ヴェニエロ
[Sebastiano Veniero]
コマンダンテ・カッペリーニ
[Comandante Cappellini]
コマンダンテ・ファー・ディ・ブルーノ
[Comandante Faà di Bruno]

マルチェロ型大型潜水艦について

 イタリア海軍の拡張最盛期だった1935年に計画建造された大型航洋潜水艦。「グラウコ」型の発展型として建造されたため、単殻船体にサドルタンクの付いた形状をしている。なお1936年に計画された同型艦である「コマンダンテ〜」の名を持つ2隻も建造所が異なるだけでスペック的には同じ艦なので、当サイトでは同型として扱った。

 良好な性能を示した「グラウコ」型と同様に安定性や操縦性は高く、地中海から大西洋まで幅広い戦域で作戦に投入されているが、そのために未帰還率も高く同型11隻のうち終戦まで生き残ったのは2隻のみで、そのうち1隻はイタリア休戦後にドイツ、その後日本へ接収されている。


マルチェロ型大型潜水艦の歴史
マルチェロ[Marcello](ロレンツォ・マルチェロ[Lorenzo Marcello])
1937年 1月 4日CRDAモンファルコーネ(Cantieri Riuniti de l'Anreitico Monfalcone)にて起工
       9月20日進水
1938年 3月 5日竣工
1940年 6月〜第二次大戦に参加(通算戦果1隻(1,550t)撃沈)。ジブラルタル周辺の哨戒に従事
      10月〜大西洋方面へ進出
1941年 2月 6日仏ボルドーBETASOMを出撃後、消息不明となる
(同月21日北大西洋にて英駆「モントゴメリー」の攻撃を受け沈没説あり)
アンジェロ・エモ[Angelo Emo]
1937年 2月16日CRDAモンファルコーネにて起工
1938年 6月29日進水
      10月14日竣工
1940年 6月〜第二次大戦に参加(通算戦果2隻(10,958t)撃沈)。北大西洋方面で行動
1941年10月〜ポーラ(現クロアチアのプーラ)にて潜水艦学校の練習任務に従事
1942年初頭〜地中海方面にて哨戒任務に従事
      11月10日アルジェ沖にて英対潜トローラー「ロード・ナッフィールド」[Lord Nuffield]の攻撃を受け損傷。後に自沈
バルバリゴ[Barbarigo](アゴスティーノ・バルバリゴ[Agostino Barbarigo])
1937年 2月 6日CRDAモンファルコーネにて起工
1938年 6月12日進水
       9月19日竣工
1940年 6月〜第二次大戦に参加(通算戦果7隻(39,298t)撃沈、2隻損傷)。北大西洋方面で行動
1943年 4月〜輸送潜水艦への改装工事を実施
       5月〜極東方面からの戦略物資輸送に従事
       6月24日に予定されていた自艦位置通報の定時連絡が行われず消息不明となる。
(同月17日または19日にビスケー湾にて連合軍機の攻撃を受け沈没説あり)
エンリコ・ダンドロ[Enrico Dandolo]
1937年 6月14日CRDAモンファルコーネにて起工
      11月20日進水
1938年 3月25日竣工
1940年 6月〜第二次大戦に参加(通算戦果3隻(13,154t)撃沈、3隻損傷)。北大西洋方面で行動
1941年 7月〜地中海方面へ転戦
1942年 8月12日マルタ島への輸送任務(ペデスタル作戦)阻止のため、英艦隊を追尾するも発見され爆雷攻撃を受け損傷を負う
1943年 7月16日メッシナ海峡南方にて英軽巡「クレオパトラ」を雷撃、損傷を与える
       9月 8日イタリア休戦に伴い連合軍指揮下に入る
1944年 2月〜バミューダへ回航され、カリブ海などで訓練任務に従事
1947年 3月23日除籍。後にスクラップ
フランチェスコ・モロシーニ[Francesco Morosini]
1937年 3月 2日CRDAモンファルコーネにて起工
1938年 7月28日進水
      11月11日竣工
1940年 6月〜第二次大戦に参加(通算戦果6隻(40,927t)撃沈)。北大西洋方面で行動
1942年 8月11日ビスケー湾にて英軍機の攻撃を受け沈没
ラッツァロ・モチェニーゴ[Lazzaro Mocenigo]
1937年 1月19日CRDAモンファルコーネにて起工
      11月20日進水
1938年 8月16日竣工
1940年 6月〜第二次大戦に参加(通算戦果2隻(2,771t)撃沈、1隻損傷)。北大西洋方面で行動
1941年 8月〜地中海方面へ転戦。北アフリカへの輸送などに従事
1942年12月14日サルジニア島南方にて英軽巡「アルゴノート」を雷撃、損傷を負わせる
1943年 4月10日ラ・マッダレーナにて米軍機の爆撃を受け損傷を負う
カステラマーレ・ディ・スタビアにて修理後、小改修のためサルジニア島へ回航
       5月13日カルアリ(サルジニア島)にて修理中に米軍機の爆撃を受け沈没
ナーニ[Nani](ジャコモ・ナーニ[Giacomo Nani])
1937年 1月15日CRDAモンファルコーネにて起工
1938年 1月16日進水
       9月 5日竣工
1940年 6月〜第二次大戦に参加(通算戦果2隻(1,939t)撃沈)。地中海方面で行動
      10月〜北大西洋方面へ転戦
      10月 5日スパーテル岬(モロッコ)沖にて英武装トローラ「キングストン・サファイア」[Kingston Sapphire]を撃沈
1941年 1月 7日アイスランド南方沖にて英コルベット「アネモネ」の攻撃を受け沈没
プロヴァナ[Provana](アンドレア・プロヴァナ[Andrea Provana])
1937年 2月 3日CRDAモンファルコーネにて起工
1938年 3月16日進水
       7月25日竣工
1940年 6月〜第二次大戦に参加(戦果なし)。ジブラルタル周辺の哨戒に従事
       6月17日オラン沖にて仏掃海通報艦「ラ・クリューズ」[La Curieuse]の攻撃を受け沈没
セバスティアーノ・ヴェニエロ[Sebastiano Veniero]
1937年 1月23日CRDAモンファルコーネにて起工
1938年 2月14日進水
       6月 5日竣工
1940年 6月〜第二次大戦に参加(通算戦果2隻(4,993t)撃沈、1隻損傷)。北大西洋方面で行動
1941年12月〜地中海方面へ転戦。輸送や哨戒任務に従事
1942年 6月 7日バレアーレス諸島南方にて英軍機の攻撃を受け沈没
コマンダンテ・カッペリーニ[Comandante Cappellini]
1938年 4月25日OTOムッジアーノ(Odero-Terni-Orlando Muggiano)造船所にて起工
1939年 5月14日進水
       9月23日竣工
1940年 6月〜第二次大戦に参加(通算戦果5隻(31,648t)撃沈)。北大西洋方面で行動
1942年 9月12日アセンション島沖にて独潜「U-156」に撃沈された英貨客船ラコニア号(当時英軍に徴発されイタリア兵捕虜の輸送中だった)の溺者救助に参加(ラコニア号事件)
1943年 4月〜輸送潜水艦への改修工事を実施
       5月〜極東方面への戦略物資輸送任務に従事
       9月10日イタリア休戦に伴いシンガポールにてドイツ軍に接収される
ドイツ海軍籍編入後は艦名を「UIT-24」と改名
1945年 5月10日ドイツ降伏に伴い神戸にて日本軍に接収される
日本海軍籍編入後は艦名を「イ−503」と改名
       8月15日日本敗戦のため米軍に接収。翌年4月16日紀伊水道にて自沈処分
コマンダンテ・ファー・ディ・ブルーノ[Comandante Faà di Bruno]
1938年 4月28日OTOムッジアーノ造船所にて起工
1939年 6月18日進水
      10月23日竣工
1940年 6月〜第二次大戦に参加(戦果なし)。地中海方面で行動
       9月〜北大西洋方面へ進出
      11月北大西洋にて消息を絶つ(11月7日英駆「ハーヴェスター」およびカナダ駆「クルセイダー」の攻撃を受け沈没説がある)


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2017,07,23(First Up2005,04,03)