ガリレオ・ガリレイ型 大型潜水艦

"Galileo Galilei" Class Large Submarines
Sommergibili Oceanici(SO) Classe "Galileo Galilei"


イタリア王国海軍 他 イタリア海軍 スペイン海軍 イギリス海軍


Galilei
General Sanjurjo
(上段)「ガリレオ・ガリレイ」/(下段)スペイン海軍「ヘネラル・サンフルホ」(旧「アルキメーデ」)
スペックデータ
排水量(水上):985t排水量(水中):1,295t全長:(全)70.5m
出力(水上):3,000hp出力(水中):1,100hp全幅:6.87m
最大速力(水上):17.0kt最大速力(水中):7.7kt吃水:4.12m
航続距離(水上):8ktで10,300浬航続距離(水中):3ktで105浬乗員数:55名
燃料搭載量:重油100t安全潜行深度:90m
主機関:Tosi式(Fiat製)ディーゼル機関×2基、Marelli製電動モーター×2基、2軸推進
武装:
《魚雷16発搭載》53.3cm魚雷発射管8門(艦首4、艦尾4)、
47口径10cm単装砲2基、13.2mm単装機銃2基

同型艦名(4隻)
ガリレオ・ガリレイ[Galileo Galilei]アルキメーデ(初代)[Archimede(1)]
エヴァンジェリスタ・トリチェリ(初代)
[Evangelista Torricelli(1)]
ガリレオ・フェラリス[Galileo Ferraris]

ガリレオ・ガリレイ型大型潜水艦について

 北アフリカの植民地拡大をめぐるライバルとしてフランスを仮想敵国とし、1930年代後半までにフランスに並ぶだけの海軍力を持つべく軍拡を行っていたイタリア海軍が、1930年代初頭に計画建造を行った大型潜水艦のうちの1つ。
 1920年代末に建造された中型潜「セッテンブリーニ」型を拡大したような設計のため一部複殻の船体を持ち、サイズこそ従前の大型潜「バリッラ」型などに比べれば小さいが甲板に長砲身10センチ砲を2門搭載して砲火力を強化している。また機関の発達により航続距離も延伸されており、比較的成功した航洋型潜水艦と言えるであろう。

 4隻建造された姉妹艦のうち2隻はスペイン内戦の際にフランコ軍へ譲渡されており、イタリアに残った2隻は大戦中に喪われてしまっている。(スペインは第二次大戦で中立だったため、スペイン海軍に移籍した艦は1950年代末まで現役だった)

 なお当クラスのネームシップは「アルキメーデ」であるためクラス名は通常「アルキメーデ」型と呼称されることが多いが、当サイトではイタリアに残った2隻のうち先に竣工した「ガリレイ」をクラス名として記述した。


ガリレオ・ガリレイ型大型潜水艦の歴史
ガリレオ・ガリレイ[Galileo Galilei]
1931年10月15日フランコ・トシ/タラント(Franco Tosi,Taranto)造船所にて起工
1934年 3月19日進水
      10月16日竣工
1937年スペイン内戦に際し警備任務に従事
1940年 6月〜第二次大戦に参加。紅海方面にて行動
       6月16日敵艦艇の爆雷攻撃を受け空調装置が故障し潜航不能となる
艦内換気のため水上航行を行うも、19日に英軍機に発見される
       6月19日アデン湾にて英対潜トローラー「ムーンストーン」[Moonstone]の攻撃を受け降伏、拿捕される
1942年英海軍籍に編入。艦名を「X2」と改名(後に「P711」と再度改名)。訓練任務に従事
1946年 1月 1日英海軍除籍、後にスクラップ
アルキメーデ(初代)[Archimede(1)]
1931年10月 1日フランコ・トシ/タラント造船所にて起工
1933年12月10日進水
1934年 8月 1日竣工
1937年 4月スペイン・フランコ軍に譲渡。艦名を「ヘネラル・モーラ」[General Mola]と改名
1939年内戦終結。第二次大戦へは中立国として参加せず
(年代不明だが艦後方の10センチ砲を撤去したとの説がある)
1959年 5月24日スペイン海軍除籍。同年12月スクラップ
エヴァンジェリスタ・トリチェリ(初代)[Evangelista Torricelli(1)]
1931年10月15日フランコ・トシ/タラント造船所にて起工
1934年 8月11日進水
      12月10日竣工
1937年 4月スペイン・フランコ軍に譲渡。艦名を「ヘネラル・サンフルホ」[General Sanjurjo]と改名
1939年内戦終結。第二次大戦へは中立国として参加せず
1943年 2月 7日カルタヘナ沖にて墜落した独軍機の乗員救助を行っている際、当艦をイタリア潜水艦と誤認した英潜「トーベイ」の砲撃を受け損傷を負う
1959年 9月28日スペイン海軍除籍。後にスクラップ
ガリレオ・フェラリス[Galileo Ferraris]
1931年10月15日フランコ・トシ/タラント造船所にて起工
1934年 8月11日進水
1935年 1月31日竣工
1940年 6月〜第二次大戦に参加。紅海方面にて行動
1941年 3月英軍の侵攻を受けエリトリアを脱出
       5月〜ドイツ占領下のボルドーへ到着。オーバーホールを実施
      10月14日〜大西洋(アゾレス諸島北東)へ向け出撃
      10月25日北大西洋(ジブラルタル西方)にて英護衛駆「ラマートン」の攻撃を受け沈没


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2017,07,21(FirstUp 2005,03,12)