アミラリオ・カーニ型 大型潜水艦

"Ammiraglio Cagni" Class Large Submarines
Sommergibili Oceanici(SO) Classe "Ammiraglio Cagni"


イタリア王国海軍 イタリア海軍


Cagni
「アミラリオ・カーニ」
スペックデータ
排水量(水上):1,703t排水量(水中):2,185t全長:(全)87.9m
出力(水上):4,300hp出力(水中):1,800hp全幅:7.76m
最大速力(水上):17.0kt最大速力(水中):8.5kt吃水:5.72m
航続距離(水上):9ktで19,000浬航続距離(水中):3ktで107浬乗員数:71〜85名
燃料搭載量:重油180t安全潜行深度:100m
主機関:CRDA式ディーゼル機関×2基+CRDA製電動モーター×2基、2軸推進
武装:
《魚雷36発搭載》45cm魚雷発射管14門(艦首8、艦尾6)、
47口径10cm単装砲2基、13.2mm連装機銃2基

同型艦名(4隻)
アミラリオ・カーニ[Ammiraglio Cagni]アミラリオ・カラッチオーロ[Ammiraglio Caracciolo]
アミラリオ・ミロ[Ammiraglio Millo]アミラリオ・サイント・ボン[Ammiraglio Saint Bon]

アミラリオ・カーニ型大型潜水艦について

 第二次大戦参戦前にイタリアが計画建造した最後の航洋潜水艦。サドルタンク付単殻構造のかなり大型な船体を持ち、航続距離も長いため長期間の行動に向いた艦となっている。通商破壊を主任務として計画されたため、対商船向けに搭載魚雷を通常の直径53センチのものから45センチのものへ小型化し(対魚雷防御装甲や水防設備の無い商船は軍艦に比べ比較的小型の魚雷でもダメージを与えることができるため)、かわりに搭載魚雷数を増やすことで無補給での作戦期間を長くとれるようになっている。また発射管数や甲板砲も増やしており、単独行動の商船から輸送船団まで幅広い規模の攻撃目標(商船)に対し攻撃を行えるようになっている。さらに大型船体のわりに運動性は良好だったとも伝えられている。

 1941年に相次いで4隻の姉妹艦が竣工し、「カーニ」は大西洋、他3隻は地中海で行動したが、元々の主任務であった商船攻撃にはほとんど従事することはなく、輸送任務などに使用され3隻が戦没している。


アミラリオ・カーニ型大型潜水艦の歴史
アミラリオ・カーニ[Ammiraglio Cagni]
1939年 9月16日CRDAモンファルコーネ(Cantieri Riuniti de l'Anreitico Monfalcone)にて起工
1940年 7月20日進水
1941年 8月21日竣工
1941年後半第二次大戦に参加(通算戦果2隻(5,840t)撃沈、1隻損傷)
北アフリカへの輸送任務に従事
1942年 2月〜大西洋方面へ転戦
1943年 2月〜輸送潜水艦に改修。極東方面への連絡任務に従事
       7月25日シエラレオネ西方沖にて英特設巡洋艦「アストゥリアス」[Asturias]を雷撃、損傷を与える
       9月インド洋を航行中にイタリア降伏。同月20日ダーバンに入港し連合軍へ投降
1944年 1月タラントに回航され、連合軍指揮下で対潜訓練に従事
1948年 2月 1日除籍。後にスクラップ
アミラリオ・カラッチオーロ[Ammiraglio Caracciolo]
1939年10月16日CRDAモンファルコーネにて起工
1940年10月16日進水
1941年 9月15日竣工
     12月 8日〜第二次大戦に参加(戦果なし)。北アフリカへの輸送任務に従事
      12月11日トブルク北東沖にて英護衛駆「ファーンデール」の攻撃を受け沈没
アミラリオ・ミロ[Ammiraglio Millo]
1939年10月16日CRDAモンファルコーネにて起工
1940年 8月31日進水
1941年 7月15日竣工
      11月〜第二次大戦に参加(戦果なし)。北アフリカへの輸送任務に従事
1942年 3月 6日〜マルタ島東方にて輸送作戦の支援任務に従事
       3月14日イオニア海にて英潜「アルティメイタム」の雷撃を受け沈没
アミラリオ・サイント・ボン[Ammiraglio Saint Bon]
1939年 9月16日CRDAモンファルコーネにて起工
1940年 6月 6日進水
1941年 3月12日竣工
1941年10月〜第二次大戦に参加(戦果なし)。北アフリカへの輸送任務に従事
1942年 1月 4日〜トリポリへの補給物資輸送のためタラントを出撃
       1月 5日シシリー島北方沖にて英潜「アプホルダー」と交戦、雷撃を受け沈没


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2017,08,06(FirstUp 2005,04,09)