”O”型 巡洋戦艦

"O" Class BattleCruisers
Schlachtkreuzer der "O" Klasse


ドイツ海軍 ドイツ海軍


O Class(想像図)
スペックデータ(設計値:一部推定)
排水量:(満)42,100t ボイラー:Wagner罐・重油専焼×4基 燃料搭載量:不明
全長:(全)256.6m
全幅:30.0m 主機:MAN式ディーゼル機関(巡航用)×8基
   およびDeschimag式ギヤードタービン(高速用)、3軸推進
吃水:8.7m
出力:121,000hp
+タービン66,000hp
武装:
52口径38cm連装砲3基、55口径15cm連装砲4基、同単装砲4基、
65口径10.5cm連装砲7基、83口径37mm連装高角砲8基
最大速力:28.0kt
(タービン使用時33.5kt)
航続距離:不明
乗員定数:1,700名以上

同型艦名(3隻:全艦計画中止)
”O”[O]”P”[P]”Q”[Q]

”O”型巡洋戦艦について
 ”H”型戦艦同様にZ計画で 計画された巡洋戦艦。 「シャルンホルスト」型の 改良型として計画されているが、搭載砲は10センチも口径の大きいものを搭載予定しており、 「ビスマルク」型と同程度の 砲撃力を持っている(ただし砲塔は1基少ない)。
 通商破壊作戦が主任務とあって、高速発揮と長大な航続力という相反する命題のため巡航用ディーゼル機関と 高速時専用のタービン機関が併設されている。また相手として輸送艦や仮装巡洋艦を想定していたため砲戦につ いてはあまり考慮されておらず、装甲は薄く設計されていた。
 Z計画で”H”型戦艦に続く仮称(”O”〜”Q”)を与えられていたが、1隻も起工されないまま計画は破 棄されてしまった。

”O”型巡洋戦艦の歴史
"O"
ドイッチュ・ヴェルケ社にて起工予定だったが1939年に計画廃棄となる
"P"
ヴィルヘムスハーベン海軍工廠にて起工予定だったが1939年に計画廃棄となる
"Q"
ゲルマニア造船所にて起工予定だったが1939年に計画廃棄となる


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2003,08,24