”M”型 軽巡洋艦

"M" Class Light Cruisers
Leichter Kreuzer der "M" Klasse


ドイツ海軍 ドイツ海軍


M(計画線図)
スペックデータ(計画値:”M”〜”P”型のもの)
排水量:(満)10,500t ボイラー:不明 燃料搭載量:不明
全長:(全)178.0m
全幅:17.0m 主機:Wagner式蒸気タービン×2基、2軸推進
    および巡航用にMAN社製12気筒ディーゼルエンジン×12基、1軸推進
吃水:7.25m
出力:100,000hp(タービン)
   16,000hp(ディーゼル)
武装:
50口径15cm連装砲4基、76口径8.8cm連装高角砲2基、
37mm機関砲8門、21inch魚雷4連装発射管2基、機雷160個、
水偵2機搭載
最大速力:35.0kt
航続距離:19ktで8,000浬
(ディーゼル併用)
乗員定数:750名

同型艦名(計画中止6隻)
仮称”M”〜”R”の6隻が予定されていた

”M”型軽巡洋艦について
 1936年に新軽巡洋艦として開発が始まった艦。これまでに建造された軽巡 (「ライプチヒ」「ニュルンベルグ」と 同様にタービン・ディーゼル併用機関を採用しているが、兵装はこれまでの3連装砲塔を改め15センチ 連装砲(この砲は 「ビスマルク」型戦艦の副砲と 同じものである)とし、艦の前後に背負い式で配置したため、シルエットは英国の 「タウン」型軽巡に似た 配置となっている。
 当初計画されていた4隻(仮称”M”〜”P”)に続いて、船体を若干拡大した改良型(仮称”Q” および”R”)2隻も後に建造が計画され、ネームシップ”M”を1939年11月に起工したものの第二 次大戦勃発による建造中止命令のため計画はキャンセルとなり、当クラス建造用に集められた資 材は他の艦艇の修理などに流用されてしまった(一説によると2番艦”N”の方が起工が早く、既に1 938年に建造に着手していたが、39年9月に建造中止となったとも言われているが、確認できなかっ たため、当ページでは説を採用しなかった)。

"M"型軽巡洋艦の歴史
"M"
1939年11月 1日ドイッチュ・ヴェルケ社にて起工
1939年末計画キャンセルにより建造中止となる
"N"
1939年末ウィルヘルムスハーフェン海軍工廠にて起工予定だったがキャンセルされる
"O"
1939年末ゲルマニア造船所にて起工予定だったがキャンセルされる
"P"
1939年末ゲルマニア造船所にて起工予定だったがキャンセルされる
"Q"
1939年末シーシャウ社にて起工予定だったがキャンセルされる
"R"
1939年末ドイッチュ・ヴェルケ社にて起工予定だったがキャンセルされる


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2004,01,11