Z.35型 駆逐艦

"Z.35" Class Destroyers (Type"Z1936B")
Zerstörer der "Z.35" Klasse (Typ"Z1936B")


ドイツ海軍 ドイツ海軍


Z.43
スペックデータ
排水量:(基)2,527t ボイラー:Wagner罐・重油専焼×6基 燃料搭載量:重油825t
全長:(全)127.0m
全幅:12.0m 主機:Wagner式ギヤードタービン×2基、2軸推進
吃水:4.21m
出力:70,000hp
武装:
45口径5inch単装砲5基、83口径37mm単装機関砲4基、65口径
20mm単装機関砲14〜16基、21inch魚雷4連装発射管2基、機雷
70個もしくは爆雷搭載可能(投射機4)※大戦末期に対空兵装の換装
(40mm機関砲の増および20mm機関砲の減)を行っている
最大速力:36.5kt
航続距離:19ktで2,600浬程度
乗員定数:331名

同型艦名(3隻+建造中止2隻)
Z.35[Z.35]Z.36[Z.36]Z.43[Z.43]
Z.44[Z.44]Z.45[Z.45] 

Z.35型駆逐艦について
 ドイツ海軍は「Z.23」型「Z.31」型に15センチ砲を 搭載することで軽巡洋艦並の砲火力を得ることができたのだが、これらのクラスは排水量過多となって しまい凌波性や復原性に問題のある艦となってしまった。そこで「Z.23」型の船体に従来どおりの 5インチ単装砲を搭載した艦として建造されたのが当クラスである。
 1941年に2隻、翌42年に3隻の建造に着手したが、大戦末期になって2隻が建造中止となった ため終戦までに竣工できたのは3隻であった。この3隻は全艦が戦没しているが、うち2隻は自己が敷 設した機雷に触雷するという事故による沈没であった。

Z.35型駆逐艦の歴史
Z.35[Z.35]
1941年 6月 6日デシマーグ社(ブレーメン)にて起工
1942年10月 2日進水
1943年 9月22日竣工
1944年〜バルト海へ展開。哨戒任務や機雷敷設に従事
     12月12日フィンランド湾にて機雷敷設中、自己が敷設した機雷に触雷し沈没
Z.36[Z.36]
1941年 9月15日デシマーグ社にて起工
1943年 5月15日進水
1944年 2月19日竣工
 バルト海へ展開。哨戒任務や機雷敷設に従事
     12月12日フィンランド湾にて機雷敷設中、自己が敷設した機雷に触雷し沈没
Z.43[Z.43]
1942年 5月 1日デシマーグ社にて起工
1943年 9月22日進水
1944年 3月24日竣工
 バルト海へ展開。哨戒任務や機雷敷設に従事
1945年 4月10日コルベルグ沖にて触雷、大破
      5月 3日バルト海にて自沈処分される
1953年船体が引き上げられ、スクラップとして解体される
Z.44[Z.44]
1942年デシマーグ社にて起工
1944年 1月20日進水
1945年建造中止。戦後、スクラップとして解体される
Z.45[Z.45]
1942年デシマーグ社にて起工
1944年 4月15日進水
1945年建造中止。戦後、スクラップとして解体される


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2004,05,12