二等(沿岸型)潜水艦 ミネルブ型

"Minerve" Class 2nd-class Submarines (630t Class)
Sous-marins de Cotiers Classe "Minerve" (Classe des 630tonnes)


フランス海軍 フランス海軍 自由フランス海軍


Pallas
「パラス」
スペックデータ
排水量(水上):662t排水量(水中):856t全長:(垂)68.1m
出力(水上):1,800hp出力(水中):1,200hp全幅:5.62m
最大速力(水上):14.0kt最大速力(水中):9.0kt吃水:4.4m
航続距離(水上):10ktで4,000浬航続距離(水中):5ktで85浬乗員数:42名
燃料搭載量:重油51t安全潜行深度:80m
主機関:Normand-Vickers式ディーゼル機関×2基+(メーカー不詳)電動モーター×2基、2軸推進
武装:
《魚雷6発+3発搭載》55cm魚雷発射管6門(艦首4、上構内連装旋回1)、
40cm魚雷発射管3門(上構内3連装旋回1)、35口径75mm単装砲1基、
13.2mm連装機関銃1基

同型艦名(6隻)
ミネルブ[Minerve]イリス[Iris]ヴェニュス[Vénus]
ジュノン[Junon]パラス[Pallas]セレス[Cérès]

二等潜水艦ミネルブ型について

 改良型二等潜水艦(630トン型)を造船各社に建造させたフランス海軍は、特に優秀だった「ディアーヌ」型を参考に、海軍が設計をまとめた二等潜水艦の新規建造を行うこととし、1930年度計画で4隻の建造を発注した(1936年度計画でさらに2隻が追加された)。
 性能的には従前の630トン型と変化無いが、水中抵抗を減じるよう成形された司令塔や搭載機関銃を連装にするなどの変更が見受けられる。

 設計の経緯から”海軍”型(もしくは”海軍標準”型)と呼称される当タイプは第二次大戦勃発時のフランス海軍最新鋭潜水艦であったが、最新鋭であるが故の訓練(習熟度)不足は否めず、フランス降伏までの短い期間では戦況に寄与できなかった。ただし自由フランス軍に移った2隻はそれなりに活躍している。


二等潜水艦ミネルブ型の歴史
ミネルブ[Minerve]
1931年 8月17日シェルブール工廠(Arsenal de Cherbourg)にて起工
1934年10月23日進水
1936年 9月15日竣工
1939年 9月〜第二次大戦に参加。オランを拠点に行動
1940年 5月シェルブールにてオーバーホールを実施
       6月独軍の侵攻を受け英プリマスへ脱出
       7月 3日英海軍に接収され、自由フランス海軍の指揮下に入る
1941年〜北大西洋方面にて哨戒任務に従事
1943年10月10日英飛行艇の誤爆を受け損傷を負う
1945年 9月19日シェルブール沿岸にて座礁大破
1946年 2月27日除籍
イリス[Iris]
1932年 7月 1日ドゥビジオン造船所(Ateliers et Chantiers de Dubigeon)にて起工
1934年 9月23日進水
1936年 9月15日竣工
1939年 9月〜第二次大戦に参加。西インド諸島周辺にて行動
1940年 6月〜フランス降伏に伴いツーロンにて武装解除される
1941年 2月〜モロッコに再配置となる
1942年10月〜ツーロンへ転属。地中海方面で行動
      11月27日中立国スペインのカルタヘナにて抑留となる
1945年11月29日抑留解除となりフランスへ帰還
1950年 2月 1日除籍
ヴェニュス[Vénus]
1932年 6月27日ウォルムス社(Chantiers Worms)にて起工
1935年 4月 6日進水
1936年11月15日竣工
1939年 9月〜第二次大戦に参加。西インド諸島周辺にて行動
1940年 6月〜フランス降伏に伴いツーロンにて武装解除される
1941年 2月〜モロッコに再配置となる
1942年10月〜ツーロンへ転属。地中海方面で行動
      11月27日ツーロン港にてドイツ軍の接収をおそれ自沈
1951年浮揚。スクラップ
ジュノン[Junon]
1932年 6月 9日ノルマン社(Chantiers Augustin Normand)にて起工
1935年 9月15日進水
1937年 9月20日竣工
1939年 9月〜第二次大戦に参加。北大西洋にて行動
1940年 6月独軍の侵攻を受け英プリマスへ脱出
       7月 3日英海軍に接収され、自由フランス海軍の指揮下に入る
1941年〜北大西洋や地中海にて任務に従事
1945年 8月ブレストにて近代化改修を実施。完了後はオランに配備
1948年 2月〜ツーロンに転属。練習潜水艦となる
1953年12月31日退役。予備役艦となる
1954年12月 6日除籍。スクラップ
パラス[Pallas]
1936年10月19日ノルマン社にて起工
1938年 8月25日進水
1939年 6月12日竣工
       9月〜第二次大戦に参加。西インド諸島周辺にて行動
1940年 6月〜フランス降伏に伴いツーロンにて武装解除される
1941年12月〜モロッコに再配置となる
1942年11月 9日連合軍の北アフリカ侵攻(トーチ作戦)を受けオランにて自沈
1944年連合軍により浮揚されるが修理は行われず廃棄
セレス[Cérès]
1936年 8月 8日ウォルムス社にて起工
1938年12月 9日進水
1939年 7月15日竣工
       9月〜第二次大戦に参加。西インド諸島周辺にて行動
1940年 6月〜フランス降伏に伴いツーロンにて武装解除される
1941年12月〜モロッコに再配置となる
1942年11月 9日連合軍の北アフリカ侵攻(トーチ作戦)を受けオランにて自沈
1943年 3月18日連合軍により浮揚されるが修理は行われず
1946年 2月18日除籍。スクラップ


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2017,07,09(FirstUp 2005,02,13)