二等(沿岸型)潜水艦 アルゴノート型

"Argonaute" Class 2nd-class Submarines (630t Class)
Sous-marins de Cotiers Classe "Argonaute" (Classe des 630tonnes)


フランス海軍 フランス海軍 自由フランス海軍


Argonaute
「アルゴノート」
スペックデータ
排水量(水上):630t排水量(水中):798t全長:(全)63.4m
出力(水上):1,300hp出力(水中):1,000hp全幅:6.4m
最大速力(水上):14.0kt最大速力(水中):9.0kt吃水:4.4m
航続距離(水上):10ktで4,000浬航続距離(水中):5ktで85浬乗員数:41名
燃料搭載量:重油39t安全潜行深度:80m
主機関:Schneider-Carel式ディーゼル機関×2基+(メーカー不詳)電動モーター×2基、2軸推進
武装:
《魚雷7発+2発搭載》55cm魚雷発射管6門(艦首3、上構内後方1、連装旋回1)、
40cm魚雷発射管2門(上構内連装旋回1)、35口径75mm単装砲1基、8mm単装機関
銃1基(一部の艦は第二次大戦時に20mm単装機関砲へ換装)

同型艦名(5隻)
アルゴノート[Argonaute]アレテューズ[Aréthuse]アタラント[Atalante]
ラ・ヴェスタル[La Vestale]ラ・シュルターヌ[La Sultane] 

二等潜水艦アルゴノート型について

 二等潜水艦として建造された600トン型は、それなりに優秀な潜水艦であったが、小型であるが故に居住性が悪く、またデザイン上の問題か潜航時の復原性に欠点があった。そこでフランス海軍では改良型の建造を計画し、1926年度計画の4隻を皮切りに29年度までに16隻の建造が予定された。600トン型と同様に基本部分を押さえただけの仕様書により複数の造船所へ発注され、細かな部分の設計は各受注者の裁量に任されたため、製造社によって個性的な艦が誕生している。

 当タイプは1926年度計画で2隻(続いて27年度に1隻、29年度に2隻)がシュネデール社に発注されたもので、通称シュネデール・ローブーフ型とも呼ばれている。600トン型に比べ船体サイズは余り変化無いが排水量は若干大きくなっているのが当タイプの特徴である(改良型二等潜水艦の総称である630トン型というのは当タイプの排水量から来ていると思われる)。


二等潜水艦アルゴノート型の歴史
アルゴノート[Argonaute]
1927年12月19日シュネデール社(Chantiers Schneider et Cie)にて起工
1929年 5月23日進水
1932年 6月 1日竣工
1939年 9月〜第二次大戦に参加。ツーロンを拠点に地中海方面で行動
1940年 9月フランス降伏のため武装解除となる
1941年 6月〜再武装されオランへ派遣。地中海方面で行動
1942年11月 8日連合軍の北アフリカ侵攻を受けオラン沖で交戦。英駆「アケイテズ」の攻撃を受け沈没
アレテューズ[Aréthuse]
1928年 1月 6日シュネデール社にて起工
1929年 8月 8日進水
1933年 7月14日竣工
1939年 9月〜第二次大戦に参加。北アフリカを拠点に地中海方面で行動
1942年 4月ツーロンに移動。同年8月武装解除となる
1943年〜自由フランス海軍へ編入され、連合軍と作戦行動を行う
1946年 3月25日除籍。後にスクラップ
アタラント[Atalante]
1928年 8月17日シュネデール社にて起工
1930年 8月 5日進水
1934年 9月18日竣工
1939年 9月〜第二次大戦に参加。ツーロンを拠点に地中海方面で行動
1940年 9月フランス降伏のため武装解除となる
      12月〜再武装されモロッコへ派遣。地中海方面で行動
1942年11月連合軍の北アフリカ侵攻を受け、連合軍指揮下に編入となる
1943年〜モロッコ及びフリータウン(シエラレオネ(当時英植民地))にて練習艦として使用
1946年 3月25日除籍。後にスクラップ
ラ・ヴェスタル[La Vestale]
1931年 1月30日シュネデール社にて起工
1932年 5月25日進水
1934年 9月18日竣工
1939年 9月〜第二次大戦に参加。ビゼルトを拠点に地中海方面で行動
1941年 7月〜モロッコに拠点を移しフランス植民地軍指揮下で行動
1942年11月〜連合軍の北アフリカ侵攻を受け、オランにて拿捕。44年9月まで武装解除となる
1944年 9月〜ダカール及びフリータウンにて練習艦として使用
1946年 8月14日除籍。後にスクラップ
ラ・シュルターヌ[La Sultane]
1931年 2月 3日シュネデール社にて起工
1932年 8月 5日進水
1935年 5月20日竣工
1939年 9月〜第二次大戦に参加。ビゼルト及びツーロンを拠点に地中海方面で行動
1940年 9月フランス降伏のためツーロンにて武装解除となる
1942年 4月〜再武装されモロッコへ派遣
1942年11月連合軍の北アフリカ侵攻を受け、連合軍に拿捕される
1943年〜自由フランス海軍へ編入され、地中海にて哨戒任務に従事
1946年12月27日除籍。後にスクラップ


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2017,07,04(FirstUp 2005,02,05)