ド・グラース型 軽巡洋艦

"de Grasse" Class Light Cruisers
Croiseurs Légers Classe "de Grasse"


フランス海軍 フランス海軍


de Grasse(戦後、防空巡として竣工した姿)
スペックデータ(計画値)
排水量:(満)12,000t ボイラー:Indret罐・重油専焼×4基 燃料搭載量:不明
全長:(全)180.26m
全幅:18.39m 主機:Rateau-Bretagne式ギヤードタービン×2基、4軸推進
吃水:5.54m
出力:110,000hp
武装:
6inch3連装砲3基、10cm連装高角砲6基、40mmボフォース
機関砲28門、20mm機関砲12門、21inch魚雷3連装発射管2基、
水偵2〜3機搭載
最大速力:33.5kt
航続距離:不明
乗員定数:1,074名

同型艦名(2隻+計画中止1隻)
ド・グラース[de Grasse]ギッシェン[Guichen]シャトー・ルノー[Chateau Renault]

ド・グラース型軽巡洋艦について
 「ラ・ガリソニエール」型軽 巡の拡大改良型として1937年度に建造が認可された艦。当初は1隻のみの建造予定であったが翌38年 に姉妹艦2隻が追加承認された。
 搭載する主兵装は「ラ・ガリソニエール」型と変化なかったが、対空兵装はかなり強化されたものとなっ ている。また船首楼は船体後部まで伸びており、塔型の艦橋や1本にまとめられた煙突などシルエットの印 象は重巡「アルジェリー」に似 たものとなっていた。
 ネームシップである「ド・グラース」は1938年に起工したが、他の姉妹艦は第二次大戦勃発のため建 造計画は中止となっている。フランスがドイツに降伏した時点で「ド・グラース」は約3割の工事進捗率で あった。
 進駐したドイツ軍により船台を空けるため進水を急ぐよう命令が出されたが、サボタージュにより意図的 に工事は遅らせられ、結局進水したのは終戦後の46年であった。その後上部構造の設計が全面改正され、 5インチ連装両用砲6基を搭載する防空巡として1956年に完成している。なお姉妹艦のうち2番艦であ る「ギッシェン」は「コルベール」と名を変え、防空巡の設計により一から建造開始され59年に竣工して いる。
 フランス占領中にドイツは未竣工だった「ド・グラース」を空母に改造する計画を持っていたようだが、 これは1943年の大型艦建造中止命令により実現しなかった。

ド・グラース型軽巡洋艦の歴史
ド・グラース[de Grasse]
1939年 8月 8日ロリアン[Lorient]工廠にて起工
1940年 7月フランス降伏により造船所はドイツ軍の指導下におかれる
 (この頃から意図的に工事進行が遅らせられるようになった)
1942年 8月航空母艦として竣工させる計画がドイツ軍内で決定される
1943年 2月大型艦の建造中止命令により航空母艦への改造は立ち消えとなる
1945年フランス解放により建造所がフランスの手に戻る
1946年 9月11日進水
 上部構造の改設計が実施され、防空巡として竣工させることになる
1956年 9月 3日竣工
1966年〜指揮艦への改造工事を実施。翌年指揮艦として任務に復帰する
1973年頃除籍。後にスクラップとして解体処分される
ギッシェン[Guichen]
1940年ブレスト[Brest]工廠にて起工予定であったが建造中止となる
1953年防空巡として建造されることに決定。艦名を「コルベール」[Colbert]に変更
     12月ブレスト工廠にて起工
1956年 3月24日進水
1959年 5月 5日竣工
1992年除籍。現在もボルドーにて記念艦として公開されている
シャトー・ルノー[Chateau Renault]
1940年ロリアン工廠にて起工予定であったが建造中止となる


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2004,01,17