ミト型 河川砲艦

"Mytho" Class River Gunboat
Canonnière de Rivière Classe "Mytho"


フランス海軍 フランス海軍


Tourane
「トゥーラン」(1930年代?)
スペックデータ
排水量:(基)95t ボイラー:−−−−− 燃料搭載量:重油(搭載量不明)
全長:35.0m
全幅:5.4m 主機:(メーカー不詳)ディーゼル機関×2基、2軸推進
吃水:0.9m
出力:250hp
武装:
35口径75mm単装砲1基、40口径47mm単装砲1基、
8mm単装機銃2基
(第二次大戦時、迫撃砲を1基追加搭載したとの説あり)
最大速力:10.0kt
航続距離:10ktで500浬
乗員定数:不明

同型艦名(2隻)
ミト [Mytho]トゥーラン [Tourane]

ミト型河川砲艦について

 中国大陸の河川上流域への展開用として1930年代に建造された小型砲艦。小排水量ながら通常の河川砲艦のような低乾舷の平底船体(俗に言う下駄船)ではなく、乾舷のある平甲板型の船体をしており、船体中央部には見張り台付きの目立つマストがあった。

 仏領インドシナのサイゴン工廠で建造された当クラスは、1930年代には西江などで行動しているが、日中戦争の激化や日本軍の仏印進駐などにより1940年代初頭には仏領インドシナへ退避しており、他の砲艦と同様に1945年3月に日本軍の接収をおそれ自沈した(「ミト」は日本軍に接収されたが、後にスループ艦「アミラル・シャルネ」と一緒に自沈処分となった)。


ミト型河川砲艦の歴史
ミト [Mytho]
1933年サイゴン工廠[Arsenal de Saigon]にて竣工
1930年代中国大陸(西江など)で行動
1940年代初頭仏領インドシナへ退避。メコン川流域などで行動
1945年 3月 9日ミトー[Mỹ Tho]にて日本軍に捕獲される
       3月10日(正確な日付は不詳)ミトー沖にて日本軍により自沈処分となる
トゥーラン [Tourane]
1936年サイゴン工廠にて竣工
1930年代中国大陸(西江など)で行動
1940年代初頭仏領インドシナへ退避。メコン川流域などで行動
1945年 3月 9日日本軍の捕獲をおそれドンナイ[Dong Nai]運河にて自沈


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2017,04,02