ラドロア型 駆逐艦

"L'Adroit" Class Destroyers ("1,500ton" Class 2nd Series)
Torpilleur Classe "L'Adroit" (2ème Série de la Classe "1,500tonne")


フランス海軍 フランス海軍


Le Mars
スペックデータ
排水量:(基)1,378t ボイラー:メーカー不詳罐・重油専焼×3基 燃料搭載量:重油340t
全長:(全)107.2m
全幅:10.1m 主機:Rateau-Bretagne式ギヤードタービン×2基、2軸推進
吃水:4.20m
出力:35,000hp
武装:
40口径13cm単装砲4基、37mm単装高射機関砲2基、13mm単装
機関砲2〜4基、55cm魚雷3連装発射管2基、爆雷16個搭載
※大戦中に対空兵装を強化した艦もある
最大速力:33.0kt
航続距離:15ktで2,970浬
乗員定数:140名

同型艦名(14隻)
ラドロア[L'Adroit]ル・フォルテュネ[Le Fortuné]ラ・パルム[La Palme]
ラ・ライユーズ[La Railleuse]ラルション[L'Alcyon]ル・マルス[Le Mars]
ブーロネー[Boulonnais]ブレストア[Brestois]ボルドレー[Bordelais]
バスク[Basque]フォルバン[Forbin]フーグー[Fougueux]
フードロワイヤン[Foudroyant]フロンデュール[Frondeur] 

ラドロア型駆逐艦について
 1924年度から26年度にかけての計画で建造された小型駆逐艦(艦隊水雷艇)。1922年度計画 で建造された「ブーラスク」型の 改良型であるが、船体が若干拡大し主砲が若干新しいモデルに変更された他に目立った変化はほとんど無い。
 第二次大戦では他のフランス艦同様に数奇な運命をたどっているが、大戦前半を乗り越えることができ たのは姉妹艦のうち4隻だけで、他は戦没(1隻は搭載魚雷の誘爆事故)してしまっている。
 なお、一部の艦は大戦初期までに後檣が撤去されており、空中線などはマストから3番煙突に設置された突 起へ繋ぐようにされている(上の写真を参照)。また自由フランス軍に所属した艦は大戦末期に主砲塔や 魚雷発射管を減じ、換わりに40ミリ機関砲などの対空兵装が強化されている。

ラドロア型駆逐艦の歴史
ラドロア[L'Adroit]
1925年 5月26日フランス[France]造船所にて起工
1927年 4月 1日進水
1929年 7月 1日竣工
 第二次大戦緒戦は大西洋で行動
1940年 5月25日ダンケルク撤退に参加。独軍機の爆撃を受け沈没
ル・フォルテュネ[Le Fortuné]
1925年 9月11日フランセ[Français]造船所にて起工
1926年11月15日進水
1928年 7月 1日竣工
1940年 7月 3日アレクサンドリアにて英軍に武装解除される
1943年 7月フランス国民解放委員会の指揮下へ入る
      9月コルシカ島攻略に参加
1944年 8月南フランス上陸作戦を支援
     12月〜フランス海軍機動部隊に所属し大西洋方面で任務に従事
1950年 8月31日除籍。後にスクラップとして解体される
ラ・パルム[La Palme]
1925年 5月16日デュビジオン[Dubigeon]造船所にて起工
1926年 6月30日進水
1928年 2月 6日竣工
 第二次大戦緒戦は地中海で行動。フランス降伏後はツーロンに係留される
1942年11月27日ドイツ軍の接収をおそれ、ツーロンにて自沈する
1943年12月26日浮揚後、解体処分となる
ラ・ライユーズ[La Railleuse]
1925年 7月30日デュビジオン造船所にて起工
1926年 9月 9日進水
1928年 3月15日竣工
 第二次大戦緒戦は地中海で行動
1940年 3月24日カサブランカにて搭載魚雷の誘爆事故により沈没
ラルション[L'Alcyon]
1925年 2月 1日ジロンド[Gironde]鉄工所にて起工
1926年 6月26日進水
1929年 7月15日竣工
 第二次大戦緒戦は地中海で行動
1942年11月 8日連合軍の北アフリカ上陸(トーチ作戦)に際し抗戦。
損傷し行動不能となったところを英軍に捕獲される
1943年フランス国民解放委員会の指揮下へ入る。コルシカ島攻略に参加
1944年 8月南フランス上陸作戦を支援
     12月〜フランス海軍機動部隊に所属し大西洋方面で任務に従事
1952年11月10日除籍。後にスクラップとして解体される
ル・マルス[Le Mars]
1925年 7月 8日フランセ造船所にて起工
1926年 8月28日進水
1928年 1月20日竣工
 第二次大戦緒戦は地中海で行動。フランス降伏後はツーロンに係留される
1942年11月27日ドイツ軍の接収をおそれ、ツーロンにて自沈する
1944年 5月 6日浮揚後、解体処分となる
ブーロネー[Boulonnais]
1926年 5月 4日フランセ造船所にて起工
1927年 6月 1日進水
1928年 6月25日竣工
 第二次大戦緒戦は北海方面で行動
1940年 7月 3日メルセルケビール海戦に参加。英軍の攻撃を逃れモロッコへ脱出
1942年11月 8日連合軍の北アフリカ上陸(トーチ作戦)に際し、連合軍艦隊と交戦し沈没
ブレストア[Brestois]
1926年 5月17日デイル&バカラン[Dyle et Baccalan]社にて起工
1927年 5月18日進水
1928年 6月15日竣工
 第二次大戦緒戦は北海方面で行動
1940年 7月 3日メルセルケビール海戦に参加。英軍の攻撃を逃れモロッコへ脱出
1942年11月 8日連合軍の北アフリカ上陸(トーチ作戦)に際し、連合軍艦隊と交戦し沈没
ボルドレー[Bordelais]
1926年11月19日ジロンド[Gironde]鉄工所にて起工
1928年 5月23日進水
1930年 4月 8日竣工
 第二次大戦緒戦は地中海で行動
1940年 7月 3日メルセルケビール海戦に参加。英軍の攻撃を逃れツーロンへ脱出
1942年11月27日ドイツ軍の接収をおそれ、ツーロンにて自沈
バスク[Basque]
1926年 9月18日ラ・セーヌ[La Seine]造船にて起工
1929年 5月25日進水
1931年 3月 5日竣工
 第二次大戦緒戦は地中海で行動
1940年 7月 3日アレクサンドリアにて英軍に武装解除される
1943年 7月フランス国民解放委員会の指揮下へ入る
      9月コルシカ島攻略に参加
1944年 8月南フランス上陸作戦を支援
     12月〜フランス海軍機動部隊に所属し大西洋方面で任務に従事
1952年12月10日除籍。後にスクラップとして解体される
フォルバン[Forbin]
1927年 6月29日セイン[Seyne]造船所にて起工
1928年 6月17日進水
1930年 5月 1日竣工
 第二次大戦緒戦は地中海で行動
1940年 7月 3日アレクサンドリアにて英軍に武装解除される
1943年 7月フランス国民解放委員会の指揮下へ入る
      9月コルシカ島攻略に参加
1944年 8月南フランス上陸作戦を支援
1952年11月10日除籍。後にスクラップとして解体される
フーグー[Fougueux]
1927年 9月21日ブルターニュ[Bretagne]造船所にて起工
1928年 8月 4日進水
1930年 6月15日竣工
 第二次大戦緒戦は大西洋で行動
1940年 5月24日ブロージュ沖にて独軍機の爆撃を受け損傷を負う
      6月〜フランス降伏後はモロッコを拠点に行動
1942年11月 8日連合軍の北アフリカ上陸(トーチ作戦)に際し、連合軍艦隊と交戦し沈没
フードロワイヤン[Foudroyant]
1927年 7月28日デイル&バカラン社にて起工
1929年 4月24日進水
1930年10月10日竣工
 第二次大戦緒戦は北海方面で行動
1940年 6月 1日ダンケルク撤退に参加。ダンケルク沖にて独軍機の爆撃を受け沈没
フロンデュール[Frondeur]
1927年11月 9日フランセ造船所にて起工
1929年 6月29日進水
1931年10月28日竣工
 第二次大戦緒戦は北海方面で行動
      6月〜フランス降伏後はモロッコを拠点に行動
1942年11月 8日連合軍の北アフリカ上陸(トーチ作戦)に際し、連合軍艦隊と交戦し沈没


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2004,05,22