ジャグアー型 大型駆逐艦

"Jaguar" Class Large Destroyers ("2,100ton" Class)
Contre Torpilleurs Classe "Jaguar" (Classe "2,100tonne")


フランス海軍 フランス海軍


Chacal
スペックデータ
排水量:(基)2,126t ボイラー:du Temple罐・重油専焼×5基 燃料搭載量:重油550t
全長:(全)127.0m
全幅:11.4m 主機:Rateau式ギヤードタービン×2基、2軸推進
   (LeopardとLynxはBreguet式ギヤードタービン×2基)
吃水:5.3m
出力:55,000hp
武装:
40口径13cm単装砲5基(開戦頃に1基減じて4基となった)、50口径
75mm単装高角砲1基(開戦頃に1基増設し2基となった)、55cm魚雷
3連装発射管2基、爆雷搭載可能(投射機4)
最大速力:35.5kt
航続距離:15ktで3,500浬
乗員定数:204名

同型艦名(6隻)
ジャグアー[Jaguar]シャカル[Chacal]ティーグル[Tigre]
レオパール[Leopard]パンテール[Panthère]ランクス[Lynx]

ジャグアー型大型駆逐艦について
 1920年代初頭のフランス海軍は巡洋艦戦力の補助として敵駆逐艦を駆逐できうる大型の駆逐艦の 建造を計画した。英国が駆逐戦隊の旗艦として大型駆逐艦(嚮導艦)を建造したのとは異なり、フラン スは大型駆逐艦のみで戦隊を組み、敵駆逐隊を圧倒する目的があったため1922年度から1940年 度までに36隻もの建造が予定された。(仮想敵国であるイタリアはフランスの大型駆逐艦建造に対抗 して小型の巡洋艦を量産している。この対比は面白いが隻数を揃えるといった観点から見ればフランス 方式の方が効率は良かったように思える)
 当クラスは同型36隻のトップバッターとして1922年度計画で建造されたものであるが、以降建 造される大型駆逐艦は順次改良が入ったため当初の計画で言う同型とはなりえず、当サイトでは別項目 として扱った。
 排水量は2,000トンを超える大型の船体を持つが、搭載兵装は13センチ砲5門や3連装魚雷発 射管2基と控えめで、後に登場する日本の 特型駆逐艦や米国の 「ポーター」型、ドイツの 「Z.1」型などの同程度の排水 量を持つ駆逐艦と比較すると若干見劣りする感は否めない。
 しかし当時の駆逐艦としては画期的とも言える機関部のシフト配置や、信頼性の高い主機など以降建 造される大型駆逐艦のプロトタイプとして必要充分以上の能力を持った艦であった。

ジャグアー型大型駆逐艦の歴史
ジャグアー[Jaguar]
1922年 8月22日ロリアン[Lorient]海軍工廠にて起工
1923年11月 7日進水
1926年 7月24日竣工
1940年 1月17日ジブラルタル近海にて英旧式駆逐艦「ケッペル」と接触事故
      5月23日ダンケルク沖にて独軍水雷艇と交戦、沈没
シャカル[Chacal]
1923年 8月16日ペノエ[St.Nazaire Penhoet]造船所にて起工
1924年 9月27日進水
1926年 6月12日竣工
1939年末第3砲塔を撤去し、練習艦任務に就く
1940年 5月大西洋航路の護衛任務に従事
      5月23日〜ブーローニュ沿岸部の砲撃任務に参加
      5月24日独軍機の攻撃を受け沈没
ティーグル[Tigre]
1923年 9月15日ブルターニュ[Bretagne]造船所にて起工
1924年 8月 2日進水
1926年 2月 1日竣工
1940年 7月 3日メルセルケビール海戦に参加。脱出に成功しツーロン軍港へ帰還
      9月非武装化される
1942年11月27日ドイツ軍の接収をおそれ、ツーロンにて自沈する
1943年イタリア軍の手で浮揚され、イタリア海軍駆逐艦「FR.23」と改名
      7月イタリア降伏後、フランス国民解放委員会の指揮下へ入る。艦名を「ティーグル」へ復帰
      9月28日コルシカ島攻略に参加
1954年 1月 4日除籍。後にスクラップとして解体される
レオパール[Leopard]
1923年 8月 1日ロワール[Loire]造船所にて起工
1924年 9月29日進水
1927年10月10日竣工
1940年 6月ドイツ軍の侵攻を受け、英国へ脱出する
      7月 3日ポーツマス港にて英軍に接収される
      8月31日自由フランス海軍へ編入され、対空兵装や対潜兵装の強化が実施される
1941年〜英海軍艦艇と共に護衛任務に従事
1942年 7月11日他艦と共同で独潜「U−136」を追撃するが、
英スループ艦「ローストフト」と衝突事故を起こし損傷を負う
1943年 5月27日ベンガジ沖にて荒天のため遭難。放棄後沈没する
パンテール[Panthère]
1922年12月23日ロリアン工廠にて起工
1924年10月27日進水
1926年10月10日竣工
1940年 7月〜フランス降伏のためツーロンにて抑留される
1942年11月27日ドイツ軍の接収をおそれ、ツーロンにて自沈する
1943年イタリア軍の手で浮揚され、イタリア海軍駆逐艦「FR.22」と改名
      9月 9日イタリア降伏のため、ラ・スペーツィアにて自沈する
ランクス[Lynx]
1923年 1月14日ロワール造船所にて起工
1924年 2月25日進水
1927年10月10日竣工
1940年 7月 3日メルセルケビール海戦に参加。脱出に成功しツーロン軍港へ帰還
1942年11月27日ドイツ軍の接収をおそれ、ツーロンにて自沈する
1944年 1月22日浮揚されるが、損傷大のため放棄となる


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2004,05,16