ゲパール型 大型駆逐艦

"Guepard" Class Large Destroyers ("2,400ton" Class 1st Series)
Contre Torpilleurs Classe "Gueaprd" (1ère Série de la Classe "2,400tonne")


フランス海軍 フランス海軍


Bison
スペックデータ
排水量:(基)2,436t ボイラー:メーカー不詳罐・重油専焼×4基 燃料搭載量:重油572t
全長:(全)130.2m
全幅:11.8m 主機:Parsons式ギヤードタービン×2基、2軸推進
吃水:4.8m
出力:64,000hp
武装:
40口径13.8cm単装砲5基、50口径37mm単装高射機関砲4基、
13mm連装機関砲2基、55cm魚雷3連装発射管2基、爆雷搭載可能
(投射機4)
最大速力:35.5kt
航続距離:14.5ktで3,500浬
乗員定数:230名

同型艦名(6隻)
ゲパール[Guepard]ビゾン[Bison]リオン[Lion]
ヴァルミ[Valmy]ヴェルデュン[Verdun]ヴォーバン[Vauban]

ゲパール型駆逐艦について
 1925年度および26年度計画で建造された大型駆逐艦。1922年度から建造が始まった 「ジャグアー」型の改良型と して設計された艦であるが、フランスの大型駆逐艦は順次改良を加えられつつ建造されたため、当クラ スは改「ジャグアー」型の中でも第一グループとして位置づけられている。
 機関部は「ジャグアー」型ではボイラー5基だったものが4基に減っているが出力は増強されており、 煙突も各ボイラーごとに1本となったため4本煙突になっている。機関室を前後に分散配置したため煙 突も2本ずつ前後に分かれた配置となった。
 主砲は配置こそ変わらないものの、口径は13.8センチに拡大され攻撃力が強化されている。また 航空機の性能が高くなったことから追随性の悪い75ミリ高角砲は廃止され、37ミリ高射機関砲を搭 載するようになっている。
 全部で6隻の姉妹艦が建造されたが、全艦とも戦時中に没している。

ゲパール型駆逐艦の歴史
ゲパール[Guepard]
1927年 3月14日ロリアン[Lorient]海軍工廠にて起工
1928年 4月19日進水
1929年 8月13日竣工
 大戦緒戦は大西洋や地中海で行動
1940年 6月14日イタリア沿岸部の砲撃作戦に参加
 フランス降伏後はシリア方面へ移動し行動
1941年 6月 9日英駆逐艦と交戦し損傷を負う
      6月16日損傷修理のためツーロンへ帰還。以降係留となる
1942年11月27日ドイツ軍の接収をおそれ、ツーロンにて自沈
1943年 9月 4日イタリア軍の手で浮揚されるが、修理は実施されず
1944年 3月11日ツーロン港内にて連合軍の爆撃を受け沈没
ビゾン[Bison]
1927年 3月14日ロリアン工廠にて起工
1928年10月29日進水
1930年10月10日竣工
1939年 2月 8日軽巡「ジョルジュ・レイグ」と衝突事故を起こし大破
 大戦緒戦は大西洋で行動
1940年 5月 2日ナムソス沖にて機雷敷設に従事中、誘爆事故を起こし損傷を負う
      5月 3日独軍機の爆撃を受け沈没
リオン[Lion]
1926年 8月 6日フランス[France]造船所にて起工
1929年 8月 5日進水
1931年 1月21日竣工
 大戦緒戦は大西洋や地中海で行動
1940年 6月14日イタリア沿岸部の砲撃作戦に参加
      9月〜ツーロンに係留となる
1942年11月27日ドイツ軍の接収をおそれ、ツーロンにて自沈
1943年イタリア軍の手で浮揚され、イタリア海軍駆逐艦「FR.21」と改名
      9月 9日イタリア降伏の際に、ラ・スペーツィアにて自沈
ヴァルミ[Valmy]
1927年 5月 5日ペノエ[St.Nazaire Penhoet]造船所にて起工
1928年 5月19日進水
1930年 1月 1日竣工
 大戦緒戦は大西洋や地中海で行動
1940年 6月14日イタリア沿岸部の砲撃作戦に参加
 フランス降伏後はシリア方面へ移動し行動
1941年 6月英駆逐艦と交戦し損傷。修理のためツーロンへ帰還。以降係留となる
1942年11月27日ドイツ軍の接収をおそれ、ツーロンにて自沈
1943年イタリア軍の手で浮揚され、イタリア海軍駆逐艦「FR.24」と改名
1945年ジェノアにて英軍機の攻撃を受け大破、後に自沈(1944年説もある)
ヴェルデュン[Verdun]
1927年 8月10日ロワール[Loire]造船所にて起工
1928年 7月 4日進水
1930年 4月 1日竣工
 大戦緒戦は大西洋や地中海で行動
1940年 6月14日イタリア沿岸部の砲撃作戦に参加
 フランス降伏後はツーロンに係留となる
1942年11月27日ドイツ軍の接収をおそれ、ツーロンにて自沈
1943年 9月29日浮揚されるが、解体処分となる
ヴォーバン[Vauban]
1927年 5月22日フランス造船所にて起工
1930年 2月 1日進水
1931年 1月 9日竣工
 大戦緒戦は大西洋や地中海で行動
1940年 6月14日イタリア沿岸部の砲撃作戦に参加
 フランス降伏後はツーロンに係留となる
1942年11月27日ドイツ軍の接収をおそれ、ツーロンにて自沈


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2004,05,23