ル・ファンタスク型 大型駆逐艦

"Le Fantasque" Class Large Destroyers ("2,600ton" Class)
Contre Torpilleurs Classe "Le Fantasque" (Classe "2,600tonne")


フランス海軍 フランス海軍


Le Triomphante
スペックデータ
排水量:(基)2,569t ボイラー:メーカー不詳罐・重油専焼×4基 燃料搭載量:重油580t
全長:(全)132.4m
全幅:12.25m 主機:Rateau/Parsons式ギヤードタービン×2基、2軸推進
吃水:5.0m
出力:74,000hp
武装:
45口径13.8cm単装砲5基、50口径37mm単装高射機関砲4基、
13mm連装機関砲2基(大戦後半に一部の艦は40mm機関砲や20mm
機関砲多数へ換装)、55cm魚雷3連装発射管3基、機雷50個搭載
最大速力:37.0kt
航続距離:17ktで3,560浬
乗員定数:220名

同型艦名(6隻)
ル・ファンタスク
[Le Fantasque]
ル・マラン
[Le Malin]
ル・テリブル
[Le Terrible]
ル・トリヨンファン
[Le Triomphant]
ローダシュー
[L'Audacieux]
ランドンターブル
[L'Indomptable]

ル・ファンタスク型大型駆逐艦について
 1930年度計画で建造された大型駆逐艦。 「ヴォークラン」型の改 設計型で、船体サイズが拡大しボイラーも強化された物( 「エーグル」型の「ミラン」 などで試験された罐)が搭載されている。
 ボイラーの数は4基と変わりなかったが煙突は2本の集合煙突に変更されており、また長砲身の新型 砲を搭載しているためシルエットはこれまでの大型駆逐艦とは異なった印象を与える物となっている。 また建造当初から後檣が廃止されており空中線は後部煙突に設置されたアームに接続されるようになっ ている。甲板室も後部煙突の後方まで連続した形になっているため魚雷発射管の配置や3番砲塔の配置 もこれまでと異なっている。
 ボイラーの強化により性能もアップしており最高速度は37ノットを発揮できるようになっている。 姉妹艦の1隻である「ル・テリブル」は公試時の緊急出力(最高10万馬力)発揮で45ノット超を記 録した。
 姉妹艦のうち3隻(「ル・ファンタスク」「ル・テリブル」「ル・マラン」)は大戦後半にアメリカ で対空兵装の強化が実施され、40ミリボフォース機関砲や20ミリエリコン機関砲などを多数搭載した。

ル・ファンタスク型大型駆逐艦の歴史
ル・ファンタスク[Le Fantasque]
1931年11月15日ロリアン[Lorient]海軍工廠にて起工
1934年 3月15日進水
1935年 3月10日竣工
 大戦緒戦は大西洋で行動。独装甲艦「グラフ・シュペー」追跡などに参加
1940年フランス降伏後はダカールへ拠点を移し行動
      9月23日ダカール上陸を狙う英艦隊と交戦
1943年フランス国民解放委員会の指揮下へ入る。アメリカにて対空兵装の強化を実施
      9月サレルノ上陸作戦、コルシカ島攻略を支援
1944年 1月アンツィオ上陸作戦を支援
      8月南フランス上陸作戦を支援
1957年 5月 2日除籍。後にスクラップとして解体される
ル・マラン[Le Malin]
1931年11月16日セイン[Seyne]造船所にて起工
1933年 8月17日進水
1936年 5月 1日竣工
 大戦緒戦は北海方面や地中海で行動
1940年フランス降伏後はダカールへ拠点を移し行動
      9月23日ダカール上陸を狙う英艦隊と交戦
1942年11月 8日連合軍の北アフリカ上陸(トーチ作戦)に際し、米艦隊と交戦し大破
1943年フランス国民解放委員会の指揮下へ入る。アメリカにて対空兵装の強化を実施
1944年アドリア海にて掃討作戦に従事
      8月15日南フランス上陸作戦を支援
     12月25日「ル・テリブル」と衝突事故を起こし大破
1945年終戦後は地中海方面で行動
1964年 2月 1日除籍。後にスクラップとして解体される
ル・テリブル[Le Terrible]
1931年12月 8日フランセ[Français]造船所にて起工
1933年11月30日進水
1935年10月 1日竣工
 大戦緒戦は大西洋で行動。独装甲艦「グラフ・シュペー」追跡などに参加
1940年 7月 3日メルセルケビール海戦に参加。英軍の攻撃を逃れツーロンへ脱出
1943年フランス国民解放委員会の指揮下へ入る。アメリカにて対空兵装の強化を実施
      9月サレルノ上陸作戦、コルシカ島攻略を支援
1944年 1月アンツィオ上陸作戦を支援
      8月南フランス上陸作戦を支援
     12月25日「ル・マラン」と衝突事故を起こし大破
1945年終戦後は地中海方面で行動
1962年 6月 1日除籍。後にスクラップとして解体される
ル・トリヨンファン[Le Triomphant]
1931年 8月28日フランス[France]造船所にて起工
1934年 4月16日進水
1936年 5月25日竣工
 大戦緒戦は大西洋や北海方面で行動
1940年 7月 3日プリマス(イギリス)にて英軍に接収される
      8月28日自由フランス軍の指揮下に入る。対空兵装の強化を実施
1942年〜英海軍の指揮下で南太平洋方面へ進出。護衛任務などに従事
1943年12月荒天により損傷を負う
1944年 4月〜アメリカにて修理及びオーバーホールを実施
1945年 5月戦線へ復帰。インド洋方面で行動
1946年 3月 6日インドシナ戦争に参加。ハイフォン脱出作戦を支援
1954年12月 6日除籍。後にスクラップとして解体される
ローダシュー[L'Audacieux]
1931年11月16日ロリアン海軍工廠にて起工
1934年 3月15日進水
1935年11月27日竣工
 大戦緒戦は大西洋で行動。独装甲艦「グラフ・シュペー」追跡などに参加
1940年フランス降伏後はダカールへ拠点を移し行動
      9月23日ダカール上陸を狙う英艦隊と交戦、大破着底したため放棄される
1943年 5月浮揚後、修理のためビゼルトへ曳航される
     12月14日ビゼルトにて修理中、連合軍機の爆撃を受け大破。完全に放棄となる
ランドンターブル[L'Indomptable]
1932年 1月25日セイン造船所にて起工
1933年12月 7日進水
1935年 2月10日進水
 大戦緒戦は大西洋や地中海で行動
1940年フランス降伏後はツーロンに係留となる
1942年11月27日ドイツ軍の接収をおそれ、ツーロンにて自沈
1944年12月25日修理待ちだったが、艦首部損傷の悪化から修理されず解体が決定する


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2004,05,26