エラン型 掃海通報艦

"Élan" Class Minesweeping Sloop
Avisos Dragueurs de Mines Classe "Élan"


フランス海軍 他 フランス海軍 自由フランス海軍 イタリア海軍 ドイツ海軍


La Capricieuse
「ラ・カプリシューズ」(1940年頃:Photo from Wikimedia Commons)
スペックデータ
排水量:(基)630t ボイラー:−−−−−−− 燃料搭載量:重油100t
全長:(全)78.3m
全幅:8.7m 主機:Sulzer式ディーゼル機関×2基、2軸推進
吃水:3.3m
出力:4,000hp
武装:
45口径10cm単装砲1基(一部の艦は50口径9cm連装砲1基)、
13.2mm4連装機銃1基、同連装機銃2基、爆雷40個(投射機2、投下軌条1)
(英軍指揮下となった艦の一部には、主砲を英国製の45口径10.2cm連装砲
1基へ換装したものもあった)
最大速力:20.0kt
航続距離:14ktで9,000浬
乗員定数:106名

同型艦名(13隻)
エラン [Élan]ラ・バトアリューズ
 [La Batailleuse]
ラ・ブードゥズ [La Boudeuse]
ラ・カプリシューズ
 [La Capricieuse]
コマンダン・ボリ
 [Commandant Bory]
コマンダン・ドラージュ
 [Commandant Delage]
コマンダン・ドミネー
 [Commandant Dominié]
コマンダン・デュボック
 [Commandant Duboc]
コマンダン・リビエール
 [Commandant Rivière]
ラ・キュリューズ [La Curieuse]ラ・グラシューズ [La Gracieuse]ランペテューズ [L`Impétueuse]
ラ・モキューズ [La Moquese]  

エラン型掃海通報艦について

 フランス海軍は海外植民地警備や本国〜植民地間の航路警護のために『通報艦 [Aviso]』と呼ばれる艦を複数保有していたが、当クラスはそれまでの植民地警備用通報艦と異なり、機雷掃海能力を付与して掃海艇兼務とされたところが新しい。
 ワシントン軍縮条約の制限により、その他の艦艇は最高速度を20ノット以下とされたため、当クラスは最高速度を20ノットとして設計されている。備砲は設計段階では新式の1933年型10センチ単装砲1門が予定されていたが、実際には旧式な1893年型10センチ砲や1926年型9センチ連装砲が搭載されたほか、対空機銃や爆雷投射機も装備した。

 1934年度から建造計画が開始され、ネームシップである「エラン」は1939年に就役した。姉妹艦も順次建造が行われたが1940年5月にドイツ軍がフランスへ侵攻すると、一部の艦はイギリス海軍指揮下の自由フランス海軍へ行き、残りの艦はドイツ軍やイタリア軍に鹵獲されたりヴィシーフランス政権の指揮下となり、大戦中の当クラスは敵味方に分かれることとなった。


エラン型掃海通報艦の歴史
エラン [Élan]
1936年 8月ロリアン工廠[Arsenal de Lorient]にて起工
1938年 7月27日進水
1939年竣工
1940年中盤ドイツのフランス侵攻を受け、ヴィシーフランス政権指揮下となる
1941年 6月トルコへ脱出。武装解除され抑留となる
1944年末トルコの抑留を解除され、自由フランス海軍へ編入
1945年フランス解放に伴いフランス本国へ帰還
1958年 3月26日退役
ラ・バトアリューズ [La Batailleuse]
1937年12月プロヴァンス造船所[Ateliers et Chantiers de Provence]にて起工
1939年 8月22日進水
1940年 3月竣工
1940年中盤ドイツのフランス侵攻を受け、ヴィシーフランス政権指揮下となる
1942年11月ドイツ軍によるフランス本土占領(アントン作戦)に伴い接収される
      12月 8日イタリア海軍へ譲渡。艦名を「FR51」と改名
1943年 9月 9日イタリア休戦に伴いラ・スペーツィアにて自沈
1944年ドイツ軍により浮揚修理。独海軍へ編入され艦名を「Uj2231」と改名
1945年 4月15日連合軍の攻勢を受けジェノアにて自沈
ラ・ブードゥズ [La Boudeuse]
1938年 3月フランス造船所[Ateliers et Chantiers de France]にて起工
1939年 9月進水
1940年 3月(2月10日説あり)竣工
1940年中盤ドイツのフランス侵攻を受け、ヴィシーフランス政権指揮下となる
1942年11月連合軍のアフリカ侵攻を受け、モロッコにて降伏
      12月自由フランス海軍へ編入
1945年フランス解放に伴いフランス本国へ帰還
1958年 4月15日退役
ラ・カプリシューズ [La Capricieuse]
1938年 1月ドゥビジオン造船所[Ateliers et Chantiers Dubigeon]にて起工
1939年 4月19日進水
1940年 2月竣工
1940年中盤ドイツのフランス侵攻を受け、ヴィシーフランス政権指揮下となる
       7月 3日イギリス海軍に鹵獲され、自由フランス海軍へ編入
1945年 6月 6日フランス解放に伴いフランス本国へ帰還
1964年 9月退役
コマンダン・ボリ [Commandant Bory]
1936年11月フランス造船所にて起工
1939年 1月26日進水
       9月竣工
1940年中盤ドイツのフランス侵攻を受け、ヴィシーフランス政権指揮下となる
1942年11月連合軍のアフリカ侵攻を受け、モロッコにて降伏
      12月自由フランス海軍へ編入
1945年フランス解放に伴いフランス本国へ帰還
1953年 2月17日退役
コマンダン・ドラージュ [Commandant Delage]
1936年11月フランス造船所にて起工
1939年 2月25日進水
      12月竣工
1940年中盤ドイツのフランス侵攻を受け、ヴィシーフランス政権指揮下となる
1942年11月連合軍のアフリカ侵攻を受け、モロッコにて降伏
      12月自由フランス海軍へ編入
1945年フランス解放に伴いフランス本国へ帰還
1960年10月18日退役
コマンダン・ドミネー [Commandant Dominié]
1938年 2月ドゥビジオン造船所にて起工
1939年 5月 2日進水
1940年 4月竣工
       7月 3日英海軍に捕獲され、自由フランス海軍へ編入
1945年フランス解放に伴いフランス本国へ帰還
1960年 8月18日退役
コマンダン・デュボック [Commandant Duboc]
1936年12月ドゥビジオン造船所にて起工
1939年 1月16日進水
1939年 8月竣工
       7月 3日英海軍に捕獲され、自由フランス海軍へ編入
1945年フランス解放に伴いフランス本国へ帰還
1963年 6月退役
コマンダン・リビエール [Commandant Rivière]
1936年11月プロヴァンス造船所[Ateliers et Chantiers de Provence]にて起工
1939年 2月16日進水
       9月竣工
1940年中盤ドイツのフランス侵攻を受け、ヴィシーフランス政権指揮下となる
1942年11月ドイツ軍によるフランス本土占領(アントン作戦)に伴い接収される
      12月 8日イタリア海軍へ譲渡。艦名を「FR52」と改名
1943年 5月28日リヴォルノにて連合軍機の攻撃を受け沈没
ラ・キュリューズ [La Curieuse]
1938年 8月ロリアン工廠にて起工
1939年11月11日進水
1940年就役
1940年中盤ドイツのフランス侵攻を受け、ヴィシーフランス政権指揮下となる
1942年11月27日ドイツ軍の接収をおそれツーロンにて自沈
1943年 4月独軍により浮揚後、イタリアへ譲渡。艦名を「FR55」と改名
       9月 9日イタリア休戦に伴い独軍が接収。艦名を「SG25」(「SG16」説あり)と改名
1944年 8月連合軍のフランス上陸(ドラグーン作戦)に際し、ツーロンにて自沈
ラ・グラシューズ [La Gracieuse]
1938年 2月プロヴァンス造船所にて起工
1939年11月30日進水
1940年竣工
1940年中盤ドイツのフランス侵攻を受け、ヴィシーフランス政権指揮下となる
1942年11月連合軍のアフリカ侵攻を受け、モロッコにて降伏
      12月自由フランス海軍へ編入
1945年フランス解放に伴いフランス本国へ帰還
1958年 9月11日退役
ランペテューズ [L`Impétueuse]
1938年 4月フランス造船所にて起工
1939年 8月17日進水
1940年 5月竣工
1940年中盤ドイツのフランス侵攻を受け、ヴィシーフランス政権指揮下となる
1942年11月27日ドイツ軍の接収をおそれツーロンにて自沈
1943年 4月独軍により浮揚後、イタリアへ譲渡。艦名を「FR54」と改名
       9月 9日イタリア休戦に伴い独軍が接収。艦名を「SG17」と改名
      11月23日ツーロンにて連合軍機の攻撃を受け大破
1944年 8月 7日マルセイユへ曳航され、自沈処分
1945年浮揚後、スクラップとなる
ラ・モキューズ [La Moquese]
1938年 9月ロリアン工廠にて起工
1940年 1月25日進水
       4月就役
       7月 3日英海軍に捕獲され、自由フランス海軍へ編入
1945年フランス解放に伴いフランス本国へ帰還
1965年10月退役


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2017,03,04