練習艦「かしま」

TV "Kasima"


かしま
TV3508「かしま」Copyright JMSDF
スペックデータ
排水量:(基)4,050t 主機:川崎スペイSM1Cガスタービン×2基および
    三菱S16U−MTKディーゼル×2基 2軸推進
出力:27,000馬力
全長:143.0m
全幅: 18.0m
武装:
62口径76mm単装速射砲1基、短魚雷3連装発射管2基
吃水:  4.6m
最大速力:25.0kt
乗員定数:360名

練習艦「かしま」について
 老朽化した練習艦「かとり」の代艦として平成4年度予算で建造された専用練習艦。「かとり」よりも一回り大きい船体となっている。また「かとり」が建造されたころとは兵器体系も機関も大きく変わっているため実習効果を高めるために現行のものに変更されている。このため機関はガスタービンとディーゼルの併用となっている。
 遠洋航海実習などで海外へ派遣されることも多いため、司令長官室や迎賓設備などは立派な物が装備されており、また艦橋は多数の実習生が同時に訓練できるようにかなり広いスペースがとられている。また時代の趨勢から、設計段階より女性実習生の乗艦が考慮され女性専用区画が設けられていたり、通常の家電製品などが利用できるように居住区画への100ボルト電源系の設置が行われている。
 兵装として76mm速射砲や短魚雷発射管を装備しているほか、ハープーン対艦ミサイルやアスロック対潜ロケットなどの訓練が可能なシミュレーターも装備されている。
 ちなみに先代の練習艦「かとり」の艦番(TV3501)と当艦の艦番までに間があいているのは、第一線を退いた護衛艦を練習艦に類別変更し、練習艦としての艦番を付与していたためである。

同型艦一覧
艦番艦名起工進水竣工除籍建造所艦名の由来
3508かしま
"Kasima"
H5.4.20H6.2.23H7.1.26 日立舞鶴茨城県の鹿島神宮から取った


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2001,08,10(FirstUp 2000,09,11)