潜水艦「そうりゅう」型

SS "Souryuu" Class


そうりゅう
潜水艦「そうりゅう」Copyright JMSDF 海上自衛隊公式ホームページから転載
スペックデータ
排水量:(基)2,900t 主機:川崎12V25/25SBディーゼル×2基および
    川崎・コックムス4V-275Rスターリング機関×4基 1軸推進
出力:水上3,900馬力、水中8,000馬力
全長: 84.0m
全幅:  9.1m
武装:
533mm魚雷発射管6門(USMハープーン発射可能)
吃水:  8.5m
最大速力:水上13kt、水中20kt
乗員定数: 65名

潜水艦「そうりゅう」型について
 海上自衛隊が初めて建造した非大気依存推進(Air-Independent Propulsion。AIPと略される)システムを組み込んだ実戦艦。従前のディーゼル機関ではどうしても機関作動時に空気(酸素)を取り入れる必要があることから、潜水艦としての行動に制限があったが、AIPにより空気を取り入れなくてもバッテリーの充電が可能となり、潜水しての行動にある程度余裕ができるようになった。
 当クラスに搭載されたAIPはスウェーデンのコックムス社製スターリングエンジン(日本でのライセンス生産品)だが、スターリングエンジンは出力が低いため、水中での高速発揮時には従前の蓄電池方式(ディーゼルエレクトリック)が使用されており、そのためディーゼル機関も搭載されている。また5番艦「ずいりゅう」から蓄電池にリチウムイオン電池を採用しており、充電時間の効率化と単位重量あたりの高出力化が行われている。船体は前クラスの「おやしお」型と同様の葉巻型船体であるが、サイズは若干大型化しており機動性向上のため艦尾の潜舵装置が従前の十字型からX字型配置へ変更されている。
 平成16年度予算から建造が開始され、年1隻ずつ平成28年度予算までの12隻が建造される計画である。なお、艦番号はこれまでの海上自衛隊潜水艦が500番台を使用していたが、「おやしお」型の最終艦「もちしお」が600の艦番となったため、その番号に続く600番台が使用されるかと思われていたが、実際には海上自衛隊最初の潜水艦「くろしお(初代)」が使用していた501に戻ることとなった。ちなみに艦名はこれまでの「○○しお」ではなく、「○○りゅう」となった。

同型艦一覧
艦番艦名起工進水竣工除籍建造所艦名の由来
501そうりゅう
"Souryuu"
H17.3.31H19.12.5H21.3.30 三菱神戸【蒼龍】蒼い龍を指す
502うんりゅう
"Unryuu"
H18.3.31H20.10.15H22.3.25 川崎神戸【雲龍】雲間を飛ぶ龍を指す
503はくりゅう
"Hakuryuu"
H19.2.6H21.10.16H23.3.14 三菱神戸【白龍】白い龍を指す
504けんりゅう
"Kenryuu"
H20.3.31H22.11.15H24.3.16 川崎神戸【剣龍】剣の勇猛果敢な印象から命名
505ずいりゅう
"Zuiryuu"
H21.3.16H23.10.20H25.3.6 三菱神戸【瑞龍】瑞々しい龍の意
506こくりゅう
"Kokuryuu"
H23.1.21H25.10.31H27.3.9 川崎神戸【黒龍】黒い龍を指す
507じんりゅう
"Zinryuu
H24.2.14H26.10.8H28.3予定 三菱神戸【仁龍】仁愛の徳から命名
508せきりゅう
"Sekiryuu"
H25.10.22H27.11.2H29.3予定 川崎神戸【赤龍】赤い龍を指す
509(8124号艦)
−−−
H25.10.22H28.11予定H30.3予定 三菱神戸 
510(8125号艦)
−−−
    川崎神戸 
511(8126号艦)
−−−
    三菱神戸 


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,12,27