潜水艦「はるしお」(2代)型

SS "Harusio(2)" Class


はるしお型
はるしお型潜水艦Copyright JMSDF
スペックデータ
排水量:(基)2,450t 主機:川崎12V25/25Sディーゼル×2基および
    水中航行用メインモーター×1基 1軸推進
出力:水上3,400馬力、水中7,200馬力
全長: 77.0m
全幅: 10.0m
武装:
533mm魚雷発射管6門(USMハープーンも発射可能)
吃水:  7.7m
最大速力:水上12kt、水中20kt
乗員定数: 75名

潜水艦「はるしお」(2代)型について
 「うずしお」型「ゆうしお」型に続いて建造された第3世代の涙滴型潜水艦。技術的にはこれまでの延長線上にあり飛躍的な発達はないが、「ゆうしお」型をベースに静粛性強化や水中行動能力の向上などが図られている。また艦内スペース拡大に伴い「ゆうしお」型に比べ1メートルほど全長が延びている。
 海上自衛隊の潜水艦は最大潜行深度については機密として公表されていないが、「はるしお」型は耐圧船殻の一部にNS110高張力鋼が使用されており、潜行深度は300メートル以上であると推定されている。
 基本的に「ゆうしお」型の拡大改良版のためシルエットは似たものとなっているが、唯一外見で異なる部分が艦首上部に突き出た逆探知ソナーの突起部であり、この部分で見分けることが可能である。
 最終艦の「あさしお」は平成11年度に実施された練習潜水隊の新編に伴い、練習潜水艦(TSS3601)へ種別変更されている。従来は旧式な潜水艦を特務艦に種別変更して潜水艦乗員の育成に使用してきたが、老朽化した艦のため潜水深度などの制限が課せられていた。実戦配備されている艦と同じ探索・攻撃設備を有した新造艦の「あさしお」が練習潜水艦として配備されることで教育効果が高まるのが期待されていた。その後、姉妹艦の「はやしお」「ふゆしお」も練習潜水艦へ種別変更されたが、艦齢が20年となったため退役済みである。

同型艦一覧
艦番艦名起工進水竣工除籍建造所艦名の由来
583はるしお(2)
"Harusio(2)"
S62.4.21H1.7.26H2.11.30H21.3.27三菱神戸【春潮】春の潮の意
584なつしお(2)
"Natusio(2)"
S63.4.8H2.3.20H3.3.20H22.3.26川崎神戸【夏潮】夏の潮の意
585はやしお(2)
"Hayasio(2)"
S63.12.9H3.1.17H4.3.25H23.3.15三菱神戸【早潮】流れの速い潮の意
586あらしお(2)
"Arasio(2)"
H2.1.8H4.3.17H5.3.17H24.3.19川崎神戸【荒潮】荒海の潮の意
587わかしお(2)
"Wakasio(2)"
H2.12.12H5.1.22H6.3.1H25.3.5三菱神戸【若潮】元旦に汲んだ海水
588ふゆしお(2)
"Huyusio(2)"
H3.12.12H6.2.16H7.3.7H27.3.6川崎神戸【冬潮】冬の潮の意
589あさしお(2)
"Asasio(2)"
H4.12.24H7.7.12H9.3.12TSS3601三菱神戸【朝潮】朝の潮の意


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,12,26(FirstUp 2000,08,26)