魚雷艇「7号」型

PT No.7 Class


魚雷艇7号
PT807「7号」
スペックデータ
排水量:(基)100t 主機:三菱YV20ZCディーゼル×3基 3軸推進
出力:6,000馬力
全長: 34.0m
全幅:  7.5m
武装:
40mm単装機関砲2基、53cm魚雷発射管4門、
マウストラップ対潜ロケットランチャー2基
吃水:  1.2m
最大速力:33.0kt
乗員定数:27名

魚雷艇「7号」型について
 昭和29年度計画で建造された魚雷艇。前年度計画で建造された丙型駆潜艇(魚雷艇)の実績を生かして設計・建造された。搭載兵装の倍増や凌波性向上のため従来の魚雷艇よりも船体が拡大されている。
 機関も3基・3軸となり速力は33ノットを発揮する。なお船体材は「3号」型艇で良好な成績を上げた軽合金を使用した。船底にあって抵抗となっていたソナードームは形状が改められている。
 しかし、まだ研究段階の域を出ない物であったようで2隻が建造されたにすぎない。昭和43年に「7号」艇はガスタービン機関を試験的に搭載し実験艇となった。「7号」艇は昭和47年、「8号」艇は昭和49年に退役している。

同型艦一覧
艦番艦名起工進水竣工除籍建造所艦名の由来
8077号S31.8.23S32.2.2S32.12.19S47.12.16三菱下関計画順に7号からの連番を付与
8088号S31.8.23S33.1.10S33.1.10S49.2.16三菱下関 


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,12,31(FirstUp 2000,10,20)