魚雷艇「11号」型

PT No.11 Class


11号
PT811「11号」
(注意:中央で分割された写真を画像加工で繋いだので、船体中央部周辺のディティールは正確ではありません)
スペックデータ
排水量:(基)100t 主機:三菱24WZ3MCディーゼル×2基
    石川島IM300Mガスタービン×2基 3軸推進
出力:11,000馬力
全長: 35.0m
全幅:  9.2m
武装:
53cm魚雷発射管4門、40mm単装機関砲2基
吃水:  1.2m
最大速力:40.0kt
乗員定数: 28名

魚雷艇「11号」型について
 海上自衛隊発足時の建造計画から組み込まれていた魚雷艇であるが、数年間の試行錯誤を経て船底は深いV型にして波に強い設計とすることが確定した。この船体設計を利用して建造されたのがこの「11号」型魚雷艇である。最大速力40ノットを誇る当艇はミサイル艇「1号」型が就役するまでは海上自衛隊最速の船舶であった。
 兵装は53センチ魚雷水上発射機を4門装備しているが、予備魚雷は搭載していないためこれを撃ち尽くすと補充の必要があった。また自衛用として前後に40mm単装機関砲を1門ずつ搭載している。
 敵の上陸部隊を迎え撃つことを主任務としていたため、仮想敵国(公式には自衛隊は仮想敵国を持たない事になっているが)であるソビエトに近い日本海側と北海道に配備されていたが現在は全艇とも退役している。

同型艦一覧
艦番艦名起工進水竣工除籍建造所艦名の由来
81111号S45.3.17S45.10.5S46.3.27H2.11.28三菱下関計画順に11号からの連番を付与
81212号S46.4.22S46.12.7S47.3.28H3.10.4三菱下関 
81313号S47.3.28S47.7.28S47.12.16H3.10.4三菱下関 
81414号S48.3.23S48.7.10S49.2.15H5.3.22三菱下関 
81515号S49.4.23S50.1.8S50.7.10H6.10.14三菱下関 


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,12,31(FirstUp 2000,09,17)