魚雷艇「1号」型

PT No.1 Class


PT1
PT801「1号」
スペックデータ
排水量:(基)75t 主機:三菱YV20ZCディーゼル×2基 2軸推進
出力:4,000馬力
全長: 25.0m
全幅:  6.5m
武装:
40mm単装機関砲1基、53cm魚雷発射管2門、
マウストラップ対潜ロケットランチャー1基
吃水:  1.2m
最大速力:30.0kt
乗員定数:16名

魚雷艇「1号」型について
 昭和28年度計画で小型(丙型)駆潜艇として魚雷艇の建造が計画された。太平洋戦争では米軍の魚雷艇に悩まされ、また旧日本海軍では有効な魚雷艇建造に失敗していたため、この計画は3種類の魚雷艇を2隻ずつ建造し船体材料や船底設計などを比較研究する意味も含まれていた。この「1号」型は船体材料を木製としている。スペックデータ上は最高速力30ノットとなっているが、船体強度の関係からか28ノットを発揮するのがせいぜいだったようだ。
 平成28年度計画で建造された魚雷艇6隻には、魚雷艇ながら対潜ソナーやマウストラップ対潜ロケットが搭載されており、対潜任務にも対応できるようになっていたが、船底に設置されたソナードームが抵抗となり最高速度が発揮できなかったり、航行の際のノイズが大きくソナー自体があまり役に立たなかったという。
 なお、当艇は老朽化のため昭和48年〜49年に退役している。

同型艦一覧
艦番艦名起工進水竣工除籍建造所艦名の由来
8011号S30.5.18S30.12.20S31.10.10S49.9.30日立神奈川計画順に1号からの連番を付与
8022号S30.5.18S30.8.6S31.11.15S48.3.31日立神奈川 


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,12,31(FirstUp 2000,10,19)