ミサイル艇「1号」型

PG No.1 Class


ミサイル艇1号
PG821「1号」Copyright JMSDF
スペックデータ
排水量:(基) 50t 主機:石川島播磨LM500ガスタービン×1基 ウォータージェット推進(翼航走時)
    いすずマリン6BD1TCディーゼル×1基 1軸推進(艇体航走時)
   出力:4,000馬力
全長: 21.8m
全幅:  7.0m
武装:
SSM−1B対艦ミサイル連装発射機2基(4門)、
多銃身20mm機関砲1基
吃水:  1.4m
最大速力:46.0kt
乗員定数:11名

ミサイル艇「1号」型について
 海上自衛隊が保有していた魚雷艇の後継として建造された高速ミサイル艇。1967年の中東戦争で旧ソビエト製のミサイル艇がイスラエル駆逐艦を撃沈したことからミサイル艇の威力を世界各国の海軍が重視するようになった。海上自衛隊も昭和40年代から高速ミサイル艇の導入を模索していたのだが、大型艦艇の整備が優先されたため、ミサイル艇の建造がようやく認められたのは平成2年度計画であった。
 沿岸における哨戒・海上阻止を主任務とした当タイプは、イタリア製ミサイル艇「スパルヴィエロ」型をベースに改良が加えられており、海上自衛隊初のハイドロフォイル(水中翼)型の船体を持っている。武装は国産の対艦ミサイルSSM−1B(90式艦対艦誘導弾)を4発搭載している。この対艦ミサイルは防衛庁技術研究本部が開発したもので陸上自衛隊も地上発射型の対艦ミサイルとして装備している。
 高速航行が可能な反面、高速度域での機動には制約があり、特に艇の重心位置が移動すると急転舵時の事故に繋がる可能性もあることから、搭載物資には厳格な重量制限が行われたため、当艇の作戦参加には陸上の後方支援部隊に依存するという制約があった(そのため、艇の展開は陸上部隊の移動速度に左右されるという欠点があった)。
 しかし、この小型ミサイル艇の調達は3隻で終了しており、平成11年度予算以降に調達予定のミサイル艇「はやぶさ」型が後継として建造された。当艇も1999年の不審船騒ぎの影響で能力強化が行われているが、平成20年以降に順次退役した。

同型艦一覧
艦番艦名起工進水竣工退役建造所艦名の由来
8211号H3.3.25H4.7.17H5.3.25H20.6.6住重浦賀計画順に1号からの連番を付与
8222号H3.3.25H4.7.17H5.3.25H20.6.6住重浦賀 
8233号H5.3.8H6.6.15H7.3.13H22.6.24住重浦賀 


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,12,31(First Up)2000,08,28