駆潜艇「わかたか」(2代)型

PC "Wakataka(2)" Class


くまたか
PC318「くまたか」
スペックデータ
排水量:(基)460t 主機:三井・B&W 635VBUディーゼル×2基 2軸推進
出力:4,000馬力
全長: 60.0m
全幅:  7.1m
武装:
40mm連装機関砲1基、ヘッジホッグ対潜爆雷投射機1基、
爆雷投下軌条1基、短魚雷3連装発射管2基
吃水:  2.4m
最大速力:20.0kt
乗員定数:80名

駆潜艇「わかたか」型について
 昭和36年度および37年度計画で建造された駆潜艇。搭載機関が三井製のため改「うみたか」型と当サイトでは分類したが資料によっては改「みずとり」型に分類しているものもある。
 船体サイズは「うみたか」型や「みずとり」型とほぼ同サイズであるが、改「みずとり」型である「うみどり」型建造経緯と同様に短魚雷落射機を発射管に改め司令部設備を増設したことにより排水量が若干増大している。
 昭和60年に両艇とも特務艇に種別変更され、昭和63年〜平成元年に除籍された。

同型艦一覧
艦番艦名起工進水竣工除籍建造所艦名の由来
317わかたか(2)
"Wakataka(2)"
S37.3.5S37.11.13S38.3.30S63.3.17呉造船【若鷹】生後1年の鷹を指す
318くまたか
"Kumataka"
S38.3.20S38.10.21S39.3.25H1.3.24藤永田造船【熊鷹】ワシタカ科の大型猛禽


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,12,31(FirstUp 2000,10,21)