駆潜艇「みずとり」型

PC "Mizutori" Class


おおとり
PC313「おおとり」
スペックデータ
排水量:(基)420t 主機:川崎V8V22/30ディーゼル×2基 2軸推進
出力:3,800馬力
全長: 60.0m
全幅:  7.1m
武装:
40mm連装機関砲1基、ヘッジホッグ対潜爆雷投射機1基、
爆雷投下軌条1基、短魚雷落射機2基
吃水:  2.3m
最大速力:20.0kt
乗員定数:80名

駆潜艇「みずとり」型について
 昭和33年度〜34年度に建造された駆潜艇。「うみたか」型をプロトタイプとしているため艦の大きさや搭載兵装は似たようなものとなっている。就役後は主に各地方隊に配備され哨戒任務に従事した。
 当クラス3番艦についた「おおとり」という艦名は実は海上自衛隊では2代目のものであり、先代は旧海軍が使用していた駆潜特務艇「第78号」が戦後海上保安庁から海上警備隊を経て海上自衛隊所属の掃海艇になったものであった。
 当クラス全艦とも昭和56年〜57年に特務艇へ種別変更された後、昭和60年に除籍退役している。

同型艦一覧
艦番艦名起工進水竣工除籍建造所艦名の由来
311みずとり
"Mizutori"
S34.3.13S34.9.22S35.2.27S60.3.27川重神戸水上を遊泳する鳥の総称
312やまどり
"Yamadori"
S34.3.14S34.10.22S35.3.15S60.3.27藤永田造船山鳥(キジ科)から取った
313おおとり(2)
"Ootori(2)"
S34.12.16S35.5.27S35.10.13S60.10.31呉造船鴻(ハクチョウ)から取った
314かささぎ
"Kasasagi"
S34.12.18S35.5.13S35.10.31S60.3.27藤永田造船鵲(カラス科)から取った
315はつかり
"Hatukari"
S35.1.25S35.6.24S35.11.15S60.10.31佐世保造船秋に北方から渡ってくる雁の総称


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,12,31(FirstUp 2000,10,01)