掃海母艦「うらが」型

MST "Uraga" Class


ぶんご
MST464「ぶんご」Copyright JMSDF
スペックデータ
排水量:(基)5,650t
(「ぶんご」は5,700t)
主機:三井12V42M−Aディーゼル×2基 2軸推進
出力:19,500馬力
全長:141.0m
全幅: 22.0m
武装:
62口径76mm単装速射砲1基(「ぶんご」のみ搭載)、
12.7mm機銃数基、機雷敷設装置1式
吃水:  5.4m
最大速力:22.0kt
乗員定数:160名

掃海母艦「うらが」型について
 掃海艇の母艦任務も果たしていた機雷敷設艦「そうや」の老朽化に伴い代艦として建造された艦。機雷敷設能力の向上や母艦機能の充実などの結果、「そうや」や従来の掃海母艦「はやせ」などに比べて倍以上の排水量を持つ大型艦となった。その一方で機械室の無人化や機雷敷設装置の省力化などで定員は減少している。
 後部甲板には大型掃海ヘリコプターMH−53Jが着艦できるヘリ甲板と掃海具格納庫を持ち、航空掃海の支援体制も備えている。また4基のデッキクレーンを備え掃海艇への補給機能など母艦としての機能も充実している。艦橋などの上部構造物はステルス性に配慮し若干の傾斜が付けられているが、船体は掃海艇が横付けするため傾斜を付けられていない。

同型艦一覧
艦番艦名起工進水竣工除籍建造所艦名の由来
463うらが
"Uraga"
H7.5.19H8.5.22H9.3.19 日立舞鶴東京湾口の浦賀水道から
464ぶんご
"Bungo"
H8.7.4H9.4.24H10.3.23 三井玉野九州と四国の間の豊後水道から


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,12,30(First Up 2000,08,27)