掃海艦「やえやま」型

MSO "Yaeyama" Class


はちじょう
MSO303「はちじょう」Copyright JMSDF
スペックデータ
排水量:(基)1,000t 主機:三菱6NMU−TKIディーゼル×2基 2軸推進
出力:2,400馬力
全長: 67.0m
全幅: 11.8m
武装:
多銃身20mm機関砲1基、深深度掃海装置1式
吃水:  3.1m
最大速力:14.0kt
乗員定数: 60名

掃海艦「やえやま」型について
 太平洋戦争では連合軍の手によって日本沿岸に無数の機雷が敷設された。戦争が終わった後もその機雷除去のために掃海部隊は懸命の活動を続けたのである。旧式な係留機雷や磁気機雷などの掃海に対しては海上自衛隊発足時から整備を進めてきたのだが、近年になって技術の進歩により対潜水艦攻撃を狙った深深度用機雷が開発されるにいたって、これに対抗できる掃海艦艇の整備が急務となった。
 そこで平成元年度予算から深深度掃海能力を持った掃海艦艇の建造が認められ、建造されたのがこの「やえやま」型掃海艦である。
 従来の掃海艇と同様に磁気機雷による磁性探知を避けるため船体は木造であるが、搭載される掃海器具は中深度用の磁気・音響掃海具のほかに深深度機雷用の探知機、処分具、掃海具を搭載して多用な機雷掃海任務に対応できるようになっている。また、精密な位置判定が必要となるため衛星を利用した精密航法・指揮支援装置も搭載している。浮かんだ機雷の処分用として多銃身20ミリ機関砲も1門搭載されている。
 世界中の掃海艦艇の中でもトップクラスの能力を持ち、木造掃海艦艇では最大級の排水量を持つ当タイプは世界屈指の掃海能力を持つ海上自衛隊掃海部隊の要として活躍していくことであろう。

同型艦一覧
艦番艦名起工進水竣工除籍建造所艦名の由来
301やえやま
"Yaeyama"
H2.8.30H3.8.29H5.3.16 日立神奈川沖縄県の八重山列島から取った
302つしま
"Tusima"
H2.7.20H3.9.20H5.3.23 日鋼鶴見長崎県の対馬から取った
303はちじょう
"Hatijyou"
H3.5.17H4.12.15H6.3.24 日鋼鶴見東京都の八丈島から取った


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,12,29(FirstUp 2000,08,26)