掃海艇「ひらしま」型

MSC "Hirasima" Class


ひらしま
MSC601「ひらしま」 Copyright JMSDF 海上自衛隊公式ホームページから転載
スペックデータ
排水量:(基)570t 主機:三菱6NMUディーゼル×2基 2軸推進
出力:2,200馬力
全長: 57.0m
全幅:  9.8m
武装:
多銃身20mm機関砲1基、
掃海具(処分具、係維式、磁気式)1式
吃水:  3.0m
最大速力:14.0kt
乗員定数:48名

掃海艇「ひらしま」型について
 平成16年度計画から建造された掃海艇。「すがしま」型掃海艇では外国製の掃海具を搭載していたが、同等の性能を持つ国産掃海具を搭載しており、また米国製CAPTOR魚雷に代表される敷設型追尾魚雷にも対応している。船体は装備の刷新により大型化した。
 掃海時の精密な操艦を実現するため、バウ・スラスターなどは自動操艦装置により制御されている。またサイドスキャンソナーも新型が搭載されており、機雷捜索にかかる時間が低減されている。なお「すがしま」型で採用された二本煙突は当クラスでは採用されなかった(結局、煙突が遮る後方視界の部分は見えづらくなるのは同じだったため、元の一本に戻されたというのが正しい)。
 平成20年度計画からFRP製船体を持つ掃海艇が建造されることになったため、当クラスは3隻のみの建造で終了した。

同型艦一覧
艦番艦名起工進水竣工除籍建造所艦名の由来
601ひらしま
"Hirasima"
H17.5.17H18.9.27H20.3.11 ユニバ京浜長崎県の平島から(諸説有り)
602やくしま(3)
"Yakusima(3)"
H18.5.17H19.9.26H21.3.6 ユニバ京浜鹿児島県の屋久島から
603たかしま(3)
"Takasima(3)"
H19.5.10H20.9.29H22.2.26 ユニバ京浜長崎県の鷹島から


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,12,30