機雷敷設艦「そうや」

MMC "Souya"


そうや
MMC951「そうや」
スペックデータ
排水量:(基)2,150t 主機:川崎・MAN V6V20/30ATLディーゼル×2基 2軸推進
出力:6,400馬力
全長: 99.0m
全幅: 15.0m
武装:
50口径76mm連装速射砲1基、20mm単装機関砲2基(後に多銃身、
20mm機関砲2基に換装)短魚雷3連装発射管2基、機雷敷設用設備1式
吃水:  4.2m
最大速力:18.0kt
乗員定数:185名

機雷敷設艦「そうや」について
 昭和44年度予算で建造された機雷敷設艦。沿岸海域での機雷敷設の他に掃海艇隊母艦としての任務に従事できるような装備が付与されている。竣工時には敷設艦という類別であったが、昭和52年1月の類別標準改定に伴い類別が機雷敷設艦となった。
 対潜作戦や哨戒任務にも使用できるよう、砲熕兵器や短魚雷発射管も装備されているが自衛用兵器の域を出ない。艦内両舷に6条、艦外に2条の機雷投下用軌条があり艦尾から機雷を投下し敷設をおこなうことが出来るようになっている。
 掃海母艦「うらが」型の竣工により当艦は平成8年度に除籍退役している。

同型艦一覧
艦番艦名起工進水竣工除籍建造所艦名の由来
951そうや
"Souya"
S45.7.9S46.3.31S46.9.30H8.11.29舞鶴重工北海道・樺太間の宗谷海峡から


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,12,31(FirstUp 2000,09,17)