訓練支援艦「くろべ」

ATS "Kurobe"


くろべ
ATS4202「くろべ」Copyright JMSDF 海上自衛隊公式ホームページから転載
スペックデータ
排水量:(基)2,200t 主機:富士ディーゼル8L27.5XF×4基 2軸推進
出力:9,160馬力
全長:101.0m
全幅: 16.5m
武装:
62口径76mm単装速射砲1基、対空射撃訓練支援装置
(ファイア・ビー及びチャカII無線標的機を各4機搭載)
吃水:  4.0m
最大速力:20.0kt
乗員定数:155名

訓練支援艦「くろべ」について
 「あづま」に次いで建造された二代目の訓練支援艦。護衛艦の対空・対水上訓練を支援するのが任務で、「あづま」一隻では対応できなくなったために建造された。また「あづま」に搭載される無線標的機が旧式化しミサイル戦時代の高速標的機運用艦が必要であったことも建造理由の一つである。
 高速標的機であるBQM−34AJファイア・ビーとチャカIIをそれぞれ四機ずつ搭載し、多重管制装置により同時に複数(最大三機)の標的を誘導することが可能となっている。また護衛艦から発射されたミサイルの射撃評価を行うための評価装置と追跡レーダーも備えている。なお、「あづま」では搭載されていた対潜兵装は全廃されている。
 4基のディーゼル機関を搭載しているが、排煙は二本の並列に設置された独特の煙突から排気される。

同型艦一覧
艦番艦名起工進水竣工除籍建造所艦名の由来
4202くろべ
"Kurobe"
S62.7.31S63.5.23H1.3.23 日鋼鶴見富山県の黒部渓谷から取った


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2016,01,01(First Up 2000,09,12)