特務艇「81号」型

ASU No.81 Class


84号
ASU84「84号」
スペックデータ
排水量:(基)490t
(「85号」は500t)
主機:赤坂UHS27/42ディーゼル×2基 2軸推進
出力:1,600馬力
全長: 51.5m
全幅: 10.0m
武装:
曳航装置1式、放水設備1式
(「81号」「83号」は低速標的機の管制設備を搭載)
吃水:  2.5m
最大速力:14.0kt
乗員定数:25〜35名(艇により異なる)

特務艇「81号」型について
 海上に不時着水した航空機や故障などにより動けなくなった艦艇の救難支援や、火災時の放水活動、艦艇部隊の訓練支援などに使用されるために建造された艇。
 当初は補助艦艇ではなく支援船(YAS101〜105)として建造されたが、近海とはいえ外洋に出て行動することが多いことと救難活動に備えての待機義務があるため自衛艦籍の方がふさわしいと昭和52年4月に特務艇へ種別変更された。
 「81号」および「83号」艇は低速標的機の運用・管制装置が搭載されており対空射撃訓練の支援任務にも従事できるようになっているほか、他の艇も海上射撃訓練の際の標的曳航などに従事した。
 老朽化のため順次退役が行われ、最後に残った「85号」も平成14年に多用途支援艦「ひうち」と入れ替わるように退役した。

同型艦一覧
艦番艦名起工進水竣工除籍建造所艦名の由来
8181号S42.12.1S43.??.??S43.3.30H9.10.27佐世保重工計画順に81号からの連番を付与
8282号S43.9.25S43.??.??S44.3.31H10.8.14佐世保重工 
8383号S46.4.2S46.5.24S46.9.30H13.6.15佐世保重工 
8484号S47.2.4S47.6.15S47.9.13H13.9.14臼杵鉄工所 
8585号S48.2.20S48.7.16S48.9.19H14.10.30臼杵鉄工所 


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2016,01,10(FirstUp 2000,09,30)